« heartの矩形波パワーインバータ | トップページ | アパートの太陽光発電と旧JIS高規格太陽電池 »

2005.08.15

住宅太陽光発電と36セル太陽電池

_1 RCの庇に設置した例。鋼材の長さとアンカーさえよく検討すれば比較的シンプルな構造で設置できる。建築賞を貰った建築の美観を損ねず設置出来たと自負している。
何年も前の施工例だけど、今でもメーカーや販売店がカタログに使っているくらいだから、私もここで自慢しておくことにする(笑)
なお、ここで使用したのは36セル太陽電池だからいざという時には蓄電池を構え、配線を切り替えて非常用電源にも出来る。でも今ではそんなリクエストをするお客さんはすっかり居なくなってしまった。設計方法によって太陽電池は家庭のエネルギーセキュリティーにもなるんだけど、系統連系と売買電で得になる話ばかりが一人歩きしてしまって、太陽電池の面白さはますます埋もれてしまった。経済効果一辺倒の市場の動きは退屈なものだ。本当に誰もが経済効果ばかり追い求めてるのかな?技術屋にとっては面白設備だし、社会派ユーザーには脱原発の夢を与えてくれる。日本の、新しい基幹産業になれば日本人としても鼻が高い。電気料金節減の論議に終始するのはどうも貧乏くさい。もう少し太陽電池の持つ様々な可能性に興味を持ってくれる人が増えてくれると嬉しい。

8月 15, 2005 住宅太陽光発電システム |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5480427

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅太陽光発電と36セル太陽電池:

コメント

ブログ開設ご苦労様です、初カキコします。
よかったら、私のブログにもお立ち寄り下さいませ。
太陽電池も趣味の世界から実用品に成るに従って、経済性中心になるのかな。
私は趣味で楽しんでいますし、経済性についても1円でも多く売電できるような工夫も楽しんでいます。
近所で災害発生時には、パネルやバッテリーを持って避難所に行って、電源供給しようかと考えております。

投稿: aosam | 2005/08/15 19:14:00

初書き込みありがとうございます。aosamさんとこうした形でお話できることを嬉しく思います。aosamのブログも拝見しました。PVをつぶさに観察し、楽しんで取り組んでいる様がわかりやすい言葉の中から伝わってきます。
私ももっと簡単な説明がしたいなぁ。どうしてこんなにシャッチョコばっちゃうんでしょうね。我ながら嫌になります(笑)

投稿: よしどみ | 2005/08/15 19:40:09

コメントを書く