« 豪州のチャージコントローラ | トップページ | サボニウス風車 »

2005.08.30

asahi.com: 家庭向け水力発電機開発 神鋼電機、4人家族の電力OK ?-?ビジネス

リンク: asahi.com: 家庭向け水力発電機開発 神鋼電機、4人家族の電力OK .

発電機メーカーの神鋼電機は、家庭で使える超小型の水力発電装置を国内で初めて開発し、9月末から発売する。1秒間に2リットル以上の流量があれば発電可能で、小川や工場排水路、温泉配管などでの利用を想定。省エネルギーへの注目が高まる中で、山間部などへの普及を見込んでいる。
写真
発電機は幅54センチ、奥行き45センチ、高さ50センチで、重さ約50キロ。取水と排水のホースを付ける。内部の水車が回転して発電した電気を電池に蓄える。

 出力は1キロワット(価格約145万円)と0.5キロワット(約98万円)の2種類。4人家族に必要な標準的電力量はまかなえるという。初年度は数百台の販売を見込む。

確かに小型水力にはこれまで国産機がありませんでした。私の身の回りでは飛騨の白出小屋に今田英雄氏・神憲明氏が試行錯誤の上製作し、運用開始したものが最も古い。
あれは、今はどうなっていのでしょう?
製品があればDIYをされる方も少しは楽チンになるものと思われます。

8月 30, 2005 太陽光発電のニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5705270

この記事へのトラックバック一覧です: asahi.com: 家庭向け水力発電機開発 神鋼電機、4人家族の電力OK ?-?ビジネス:

» 家庭向け水力発電機、発売!! トラックバック Prophetの小部屋(楽天支店)
 神鋼電機株式会社(本社:東京都港区、社長:佐伯弘文)は、山間部や山麓などに流れる僅かな水も無駄にせずに発電し山間部の一般家屋や山小屋や牧場、或いは養魚場、又は山間部の現場作業場などの電源に利用する超小型水力発電「リッター水力発電装置」(※商標登録申請...... 続きを読む

受信: 2005/09/01 9:58:11

» 水力発電 トラックバック エネルギー蔵
水力発電水力発電(すいりょくはつでん、hydroelectricity)は、発電用水車による発電である。太陽光発電|太陽光・風力発電|風力に比べて出力あたりのコストが低い。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Wikipediaより引用- Article- H...... 続きを読む

受信: 2005/09/04 9:37:19

コメント

よしどみさん、こんばんわ。
発電機、コントローラ、バッテリー、付属設備含めてのようなので、価格的には安いかもしれませんね。
1KWタイプで600VAとは効率悪いし、不当表示じゃないのかなぁ~
「4人家族に必要な標準的電力量」、量とついているところがみそですね~
600VAでは娘がドライヤー付けたら停電ですし、表現に無理がある(誤解しますよ)。
バッテリーを使わないで制御できているのかと期待した(写真には写ってなかったので)だけに残念です。
でも、自然エネルギー利用の選択肢が増えたということで良しとしますか(笑)。

投稿: aosam | 2005/08/30 23:01:46

アマチュアレベルの話題で恐縮ですが、人間が作り出す物には一般的に耐用年数とか寿命とかありますが、水力発電の場合はどの程度あるものでしょうね?

そして定期的なメンテナンスやその費用なのどについて発売メーカーでは説明しているものでしょうか?興味本位で書き込みました。

投稿: kk | 2005/08/30 23:11:50

aosamさん、kkさんこんばんは!
なかなかお手頃の価格ですよね。

aosamさん!
ドライヤーはやっぱり。。。(爆)
でも力加減をわきまえて使えばいけると思います。
私がサラリーマンの時が在宅がちの月でも月間電気代700円~1200円。年に一万円前後でした。冷蔵庫+自炊でも20Kwh/月も使わなったことを思い出すと全く無理は無いと思います。ラッシュカレントは冷蔵庫だけ心配しておけば普通に暮らせると思います。(腐らない食材の場合、冷蔵庫はオフ)
この数値、とても少ないようですが当時は20時くらいには帰宅していますし休日を家で過ごすこともありました。つまり、小さく生活すれば足りるのでしょう。

広い家に住むと暮らしはどんどん豪華になると思います。あちこち仕事に出て思うのですが、田舎の電気代はすごいです。
長野の田舎に居たとき、嫁さんと二人で3000円/月くらいの電気代になってびっくりしたのを覚えています。
寒いときは-15度にもなる寒冷地でしたのでコタツの電気代に泣きました。
一方、東京の4人家族2DKで3000円前後ですよ。私の実家がそうなんですが(笑)(エアコンやコタツやデロンギ使いまくりの家庭はムチャクチャです。)
さらに今は夜中に電気を明々と灯して設計をしてるので1万/月にも!(泣)
。。。ということで暮らしに節度がある勤め人であれば完全自給生活が可能だと思います。

kkさん!
私が挙げている両氏の例ですと落ち葉が詰まるのに苦労したようです。
(確か論文や本もあります。パワー社が取り上げています)
稼動部もダメになりますよね。5~10年くらいでインバータもダメになりますね。

この製品については良く知りませんが、普通の独立型電源のメーカー説明はメンテ費用や交換部品については触れませんね。
でも世界の様子を見ると、どこでもこうした態度ですし、それでも良いような気もします。DIYをすればその経費はたいしたことはありませんしね。
そしてWEBを見ていると少なくとも世界レベルではそれがフツーのように思えます。
だけど設置とメンテを行う業者がメーカーの言をそのまま言うとウソになるでしょう。

kkさんやaosamさんのような技術者さんが自分でメンテするのと業者に委託するのでは何倍、いや何十倍もコストが違うはずです。
欧米のBBSを覗き込むと思うのですが、向こうでは自分で維持管理する人が少なくありません。なにしろDIYが盛んです。何でも人任せですと経費もうなぎのぼり。
一方の日本人はなんだか人任せが普通です。文献も参考になる資料も、WEBにすら少ない。すると業者さんに頼むのがフツーになってしまうのでしょう。

日本のメーカーや業者は、本来はどう説明すれば良いのでしょうか。
問題の中身はそういうところにあるのではないかと、ふと思いました。

この製品についての私の考えですが、
国産万歳!です(笑)
まぁ、神鋼電機さんはオリジナルの風力発電機も成功していますし(他のメーカーよりは)ある程度信頼しても良いと思っています。
でも小型水力を扱う際には、水利権というディープな問題に触れるべきだと思います。

投稿: よしどみ | 2005/08/31 0:30:50

>でも小型水力を扱う際には、水利権というディープな問題に触れるべきだと思います。

そういえば、つい最近どこかの田舎で湧き水を数軒の家で使っているらしいのですが、刃物ざたになっていたニュースがありました!水利権は昔の話でもないし、四国のダムは又貯水率0%だそうですよね。

投稿: なっちゃん | 2005/09/01 0:27:57

なっちゃんさん、こんばんは。

水利権ってそういう怖さもあるんですね。
昔からの問題は、ある地域や場所では続いているということでしょう。

河川の下流がもっと自由であればいろいろ遊び方もあうんでしょうけど、国の管轄ですものね。
上流は加えてどこかの水利権の中で設備を設置することになるでしょうから、この治め方を考えておかないと据えた後でとんでもない騒ぎが起きる可能性もあるわけです。
設置作業よりもこちらの方が大変なような。。。

また、水ってのも環境問題の一つですよね。
全世界的には量や質の問題だろうけど、割合恵まれた日本では浄化に伴うエネルギー投入とCO2発生量のことがこれからの主な問題になりそう。

なんにしても、あるものを大事に使うのが一番。そういえば工場の工業用水のリユースが盛んになってきましたね。

投稿: よしどみ | 2005/09/02 3:44:18

私も「水利権」の問題には、あえて触れなかったのですが、水利権問題を考えると導入できる場所は、山中や農業用水路と工場用が主な納入先になると思います。

工場に設置する場合、排水や戻り配管に取り付けたりするのかなぁ~と思いますが、効率を考えると水車の回転エネルギーをそのまま利用し軸に直接、コンプレッサーやポンプ、ファン等をつなげて動力源とする工夫(製品)があればいいのにななぁ~と、ず~と前から思っているのですが、地味な製品となりそうなので難しいかも知れません。

投稿: aosam | 2005/09/02 18:48:00

動力源とする方が無駄が無いですね。
おっしゃる通りです。
「地味」ってのも悲しいかな、これもおっしゃる通りだと思います。

直接的な動力源とする場合、現場ごとに違う製品を作らなくちゃならない(仕事をしなくちゃならない)ので手間対効果がすぐれないことが問題でしょう。
あれぇ、でも、これって職人の仕事に似ていません???(笑)
やっぱり「地味」だなぁ。。。

投稿: よしどみ | 2005/09/03 1:53:11

お邪魔します。
 我が家の屋根にも「太陽電池」がゆいてまーす。

投稿: 長良西の子 | 2005/09/03 21:48:04

コメントを書く