« NIKKEI NET:国際 ニュース | トップページ | 住宅太陽光発電と36セル太陽電池 »

2005.08.15

heartの矩形波パワーインバータ

heart このインバータ、つい昨年まで完全に動いていた。独立型太陽光発電の黎明期にはおなじみの米国heart社製品(現在XAMNTREXに統合) 平成元年頃か、その数年後のだから15年も稼動したことになる。この機種は、それ以上前-20年くらい前?の「ロータリーインバータ」と比べて小さく、静かなのが印象的だった。これは直流モーターで交流発電機を動かすタイプのインバータは畳半畳ほどもあったので4人がかりでないと運べず、出力も500W程度のものであったと思う。音もうるさかった。
さようならherartの矩形波。このインバーターは、当時の私達に未来の自然エネルギーへの夢を膨らませてくれた。
私はコイツを「壊れるから撤去しますね」と言っておきながら現地に置いてきてしまった。撤去を失念してしまったのだけれどなんとなく名残惜しかった。 苦しい音を立てながらも、電圧にうるさくない小型蛍光灯のインバーターを動かすことくらいはまだ出来ていたのだ。

8月 15, 2005 太陽光発電の技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5480171

この記事へのトラックバック一覧です: heartの矩形波パワーインバータ:

コメント

コメントを書く