« ごみやホコリによる発電への影響は? | トップページ | トランジスタ技術2005年9月号 »

2005.08.16

夏涼しくなるって本当?

yaneuratemp1後付け換気工法の太陽光電池アレイは屋根面との間に隙間を設けてありますので、この隙間から直射日光による温熱が排出されます。事業所や住宅では冷房費が低減することが知られています。一方、屋根材の代わりに太陽電池を用いる屋根材一体型太陽電池アレイは通常の瓦屋根性能とあまり変わりありませんのでこうした効果にあまり期待してはならないでしょう。歴然とした差が現れるのは後付型の陸屋根など直接的な日射を遮る工法です。

なお一般には、ポラス暮らし科学研究所調べのデーターが公開されていますが、単なる公的な数字ではピンと来ないということで、筆者自身も友人宅で、放射温度計を使って測ってみました。

するとパネル設置部で22.5度。パネルが無い部分で31.0度と、明らかにパネル設置部の方が小屋裏の野地温度が低い状況です。より正しい評価のためには通年でのデーターロギングとエアコン負荷の調査が必要でしょう。

しかしながら、筆者が納品した後のお客様の感想によると涼しくなったという報告が少なくないのです。設置前に、筆者はこれらのお客様には「涼しくなる」情報は提供していません。お客様の実感がそうなっているという事実があるばかりです。

8月 16, 2005 FAQ(住宅太陽光) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5489405

この記事へのトラックバック一覧です: 夏涼しくなるって本当?:

コメント

コメントを書く