« RoHS理解度チェック・環境論の難しさ | トップページ | asahi.com: 家庭向け水力発電機開発 神鋼電機、4人家族の電力OK ?-?ビジネス »

2005.08.27

豪州のチャージコントローラ

PL40 このコントローラ、中々面白い。
12, 24, 32, 36, 48の電圧にも対応するし、電流も表示する。しかも充電電流・放電電流・積算放電電流量まで表示できる。
はじめに蓄電池のAH容量をプリセットしておけば電流の出入りの早さに応じて充電の仕方も最適化してくれるらしい。
XANTEREX製品で組んだ場合の10万円分くらいは詰まってますな。

容量は40Aもいける。
そのくせ大きさはタバコ2つくらい。
すごいなぁと思ってよく見たら端子台を上手に小さくしている。4つしか口が無い。

一番左から、バッテリ+・PV-・バッテリ-・LOAD-。
ああ、+コモンか。うっかりすると失敗するなぁ。日本では直流も+アースもなじみが薄いから、初めての人が触るとワケワカラナクなりそう。

ついでに任意で外部リレーを取り付ければサブの蓄電池バンクを充電することも出来るみたい。オプションに温度センサもある。低電圧カットオフ時にジェネレーターに起動信号を送るモードもある。ダミーロードに電力を投げ捨てるチャージコントロールも出来る。多機能化、小型化の勢いはすごいなぁ。

そうそう、樹脂部はボロっちい。海外製品はこういうところに無頓着なのが面白い。確かに、別にビューティフルじゃなくても良いのだ。

NEDOレポートによると、このシリーズ、12万5千ドルのAGO補助金(豪州の2000年度プロジェクト)を開発費に充当しているそうな。あと2機種手元にあって、ためつすがめつしているけどいずれも似たようなもの。
殆どがプログラム代じゃないかなぁ。。。

8月 27, 2005 太陽光発電の技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5662441

この記事へのトラックバック一覧です: 豪州のチャージコントローラ:

コメント

このコントローラーの性能を知るだけで、豪州の電力事情が想像できるというのがおもしろいです。
+コモンにして端子数を減らす考え方は解らなくも無いが、日本でのシーケンス図面の書き方のルールにそぐわないし、メーター類を沢山付けたがる性格にもそぐわない、日本の技術者泣かせであることはよくわかります。

投稿: aosam | 2005/08/28 11:14:39

このコントローラ、機能が多すぎ。わずかひとつのボタンによってありとあらゆるモードに入ってごちゃごちゃとセットしなくちゃならない。設置・交換の現場にマニュアルを持参し忘れたらお手上げです。初めて見る多機能さです。
表示は上述のほか、夜間の最大電圧、最小電圧、一日のフロート充電時間、SOC、リアルタイムの外部温度センサ部温度、リアルタイムのPVの開放電圧。。。
機能は上記のほか、細やかな閾値に感応するジェネレーターコントロール、充電PWMの周波数変更、蓄電池温度による充電電圧補正カーブの選択、”イベントコントローラ”なる時間的電圧的閾値に応じた挙動のセット(ライトのオンオフコントロールの高級?なやつ。バッテリが満充電になるとタンクが満タンになるまでポンプを駆動、スプリンクラーを何時から何時まで自動運転するなど。。。)、
うーん。
この小さな筐体に考えうる全ての機能を盛り込んだという感じ。日本語に翻訳するのが難しいパラメーターも少なくありません。

とにかくその広告や宣伝チラシに書いていない機能がたくさんなのです。
マニュアルの”ある機能”の説明部分を読むと「この機能は殆どの人が不要としていますが。。。」なる記述があって笑ってしました。作っている人も機能の過剰を感じているんだなぁと。まるで日本の携帯電話や家電のようです。

豪州にはPVの独立電源を必要とし運用している地域がたくさんあるそうです。
実に独立型だけで生活すると、日々の手動オンオフ作業が煩雑かつわずらわしいため、作業を失念して飲料水に事欠いたり、蓄電池を過放電させることが少なくありません。融通の利くこのコントローラは適切に利用すれば蓄電池をよく守りますし、外部の制御機器をたくさん省略できるでしょう。ウチもきっと外部の制御機器を減らすために使うと思います。

でも、これ、表示器を日々使いまくるとボタンが壊れそうな気がします。
そういえば、米国に蓄電池の状態表示をするデジタル表示器がありますが、「使っているうちにボタンが痛み壊れます」と説明書に書いてあるのが面白かったです。
都合の悪いこともサラリと書いてある欧米豪製品のマニュアルはわが国のと比べるとまるで漫才のようです。

+コモンには注意書きがありました。自動車には気をつけなさいよ。と。豪州の自動車も-アースなんですね。

投稿: よしどみ | 2005/08/28 17:18:00

コメントを書く