« トランジスタ技術2005年9月号 | トップページ | トモダチ電気屋と呑む »

2005.08.16

よく言う3点切りとは?

sma3p図に見るように3PのDCブレーカーの3接点を用いて一線電流を遮断する方法です。太陽電池などの直流は交流とは異なり0Vになる点(ゼロクロス)が無いためブレーカーを遮断してもアークが引きやすいのです。これでは点検、運用上の支障が出ますのでアークが切れやすいよう3点の接点を通じて開閉を行うのです。
購入時は必ずDC用を指定してください。漫然とAC用を使うと快晴時には遮断できないことがあります。
なお、この図はSMAが提供している系統連系の回路図です。

3pdcまた、太陽光発電システムの点検や試験で「短絡電流測定」という作業を行うことがありますがこの際にも3点切りがあると便利です。
うっかりありあわせの1点切りブレーカーで短絡させると開路時にジジジ・・・とアークが継続して驚きあわてることになります。単一回路電流は4インチ、5インチ、6インチとセル面積の大型化につれ大きくなっているますからこれからはますます恐怖度が上がります。
やけどや感電事故の無いよう、点検用品はしっかり用意しましょう。筆者は1回路ごとに短絡電流を採ってこの際に回路のメガーも採っています。

写真はもう少し低電圧のシステムに使っている2点切りの例です。マイナス側も1点切りで開閉しています。だいぶ古いシステムですし改造が繰り返されているので配線はグチャグチャになりつつあります。独立型の場合はゆとりを持った配線をしないと気が変わった時にいじるのが大変になりますね。

8月 16, 2005 FAQ(独立型太陽光) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5492783

この記事へのトラックバック一覧です: よく言う3点切りとは?:

コメント

バッテリー回路とかでも、この手法をやりますよね。
安全性を考えると、3点切りが有効なのは解ります、私も同じように配線すると思いますが、最近ふと思うのはカタログ等で調べた数値で計算するとブレーカーの損失って結構あるものだなぁ~と感じています、パネルからメーター間に、ブレーカーやサーキットプロテクタやスイッチ等、図面でみるとほんとにこれだけ必要なのか?必要最小限に留めた方が損失が少ないのではないか?とも考えてしまいます。

投稿: aosam | 2005/08/16 20:04:34

接点の損失を真剣に考え始めたのはLED照明を組み込んだ総直流負荷の12V独立型システムを設計・納品したときです。配線長さから何から実測して、損失を計算し少しでも接点抵抗を下げるために1点切りとし、照明の制御はサーキットプロテクタを用いずにヒューズとヒートシンク付きDCSSRによる自動開閉としました。あれ??でもこれも似たようなものです。その後、現在思考停止しています。利用者の利便、点検の利便を考えると接点をなかなか減らせないので悩みます。

投稿: よしどみ | 2005/08/16 22:01:49

SSRってon抵抗高めですよね(発熱するからヒートシンク付が多かと)。
利用者のために、点検者(施工者)が不便になったり、多少危険でも、利用者の利益のために点検者は我慢しなきゃならないかなぁ~とも思ったりしています。
20AFの20Aの3点切りと、50AFの20Aの1点切りを比較すると、遮断容量は同じくらいで、損失は1/4ぐらいになると思いますが、コストが3倍になるかもしれません。
いづれにしても、接点抵抗まで気にするマニアは絶滅危惧種(2人だけかも)かもしれませんね。

投稿: aosam | 2005/08/16 22:34:07

独立型は現地のエネルギーセキュリティーのことがありますから、銀接点の調子に振り回されるのが怖いのです。LEDなんてものは小電流ですから滅多に開閉しないところで選定をあやまるとエライことになるなぁ、とネチネチ考えた結果がこの程度の対策でした。(巨大SSRに小電流流す)
接点抵抗まで気にするのが絶滅危惧種になるのは盤屋さんの衰退も背景にあると思うのです。どの業界でも過度なダンピングにより、優れた伝道師が少なくなっていることを感じます。
20AFと50AFは大きさの差も参ります。独立をやっているような施設はとにかく”場所”が無いんですよねぇ。最盛期に1畳に3人も4人も収容しなくちゃならない山小屋なんかでは手のひらサイズのものが増えるだけで命取り(というと大げさ?)になるわけです。屋外に据えてしまったキュービクルも、「ゲッ!もう入らんぞ」と。。。
ユーザーにとっては、電気なんて「あって当たり前の水」みたいなものですからその設備はうっとうしいだけ。家庭用分電盤に見られるように、ギューっと狭いところに押し込められがち。エアコン屋さんが専用回路を増やすのにスパゲティー露出配線するのもわからんではありませんねぇ。

投稿: よしどみ | 2005/08/17 10:41:02

はじめまして。
 最近ミクシィでこちらの紹介がよくあるので拝見しています。
 すばらしい内容でとても勉強になります。

 この「3点切り」ですが,以前から疑問だったものが氷解しました。
 京セラの古い接続箱のブレーカがそうなっていて「なんでこんなややこしい結線をわざわざするんだろう・・・」と疑問に思っていたのです。

 ありがとうございました。
 そして,今後ともよろしくお願いします。 

投稿: のぶ(N○B) | 2007/06/17 10:42:25

はじめまして!!
そうなんです。3点切にははっきりとした理由があるのです。おすすめはしませんが、最大電流時に2点切をやってみると恐怖を体感できます。

我が家(わが社)には、コストダウンのアイディアがあちこちから持ち込まれますが、どうも的外れなのが多いです。先人達の研究成果はしっかり活かしてゆきたいですね。安全を犠牲にしてまで実施する「アイディア」など、どこにもないはずです。

投稿: よしどみ | 2007/06/17 22:11:56

コメントを書く