« asahi.com: 家庭向け水力発電機開発 神鋼電機、4人家族の電力OK ?-?ビジネス | トップページ | asahi.com: 燃料電池と自然エネルギー?-?経済気象台 - ビジネス »

2005.08.31

サボニウス風車

windside1 フィンランドWINDSIDE社純正のサボニウス風車です。

経緯をお話しますと、私が大昔の職場で5年(いやもっとかな?)使ってきたものです。この職場はかなり先進的なところで20年以上前くらいから自然エネルギーに取り組んでいました。(ちっとも宣伝していないのでWEB情報は皆無。学者先生たちの論文があるくらいでしょう)
サボニウスでは日本最古かもしれません。(輸入元が設置状況を撮影しに来たくらいですから)

好きな人には差し上げます。
使ってください。

(嫁ぎ先が決まりました!)

転売はかんべんしてください。
上手にやれば基礎工事や配線工事を含めて100万以上稼げるでしょう。
でもそういうことは望みません。
もちろん、設置後、あなたがいつか他に譲るのは構いません。だって引越しだってあるでしょうし。

博物館みたいな公共施設の受け入れも歓迎します。
でも使ってナンボだと思いますので、出来れば気楽にDIYユーザーに使ってもらいたいと思います。運用時にうっかり壊しても責めません。心意気の方が大事ですし壊れたら壊れた背景をお知らせいただけると私も勉強になります。

ただし、送料、運搬用木枠の製作費はしっかりいただきます。責任を持って運搬用木枠を製作する経費は5万前後になろうかと思います。送料は知りません。ハンドリング(持ち運び性)が悪いのでチャーター便になります。なお、当時の本体価格は70万円+税。とても高価でした。
こちらに取りに来てくださっても構いません。キャラバンやハイエースくらいの1BOXか、軽トラックが必要だと思います。でもそうすれば完全にタダです。
梱包は強制しません。元々が現場からヘリ輸送してきた都合上、現在、「オロク袋」と呼ばれる特注遺体収納袋(むろん新品ですので汁はついていません)に収納しています。実はこの袋の方が価値があるかもしれませんがこれが欲しいというのも、勘弁です。面倒ですし悪ふざけは良くありません。
いずれにせよ、こうした簡易梱包ですと送った先でFRP部が壊れているかもしれませんので上述の木枠梱包案を示す次第です。FRPを修繕できる人には、そのままお送りするのも一手だと思います。

サボニウスの特徴といたしましては、
●安全性が極めて高いのでモニュメント的な扱いが出来る。
●ただし大して発電しない。

この機種の特徴といたしましては、
●定格70W。600Vフリーボルテージ
●12、24V系が扱いやすいでしょう。
●筆者の経験では台風時に24V3A程度です。
●強風による暴走対策はまず不要です。
●WINDSIDE社純正
●博物館行きレベル??
●マカロニが回転しているようでとても楽しい
●(本当は)普段から暴風の地域に向いています。

関係する情報として
●ポールはリサイクルしてしまいました。今頃溶融して他の何かになっていると思います。
●ポールと基礎は自分で設計し地元の鉄工所に製作依頼してください。
●基礎の設計が甘いと共振します。
●風車全般に言えることですが、漫然と設置すると運転時のネジの緩みがひどいです。ネジロックなど、工夫してください。
●プロまたは注意深いDIYマニアさんでないと手に負えないでしょう。電気の素人さんには、無理です。
●ダイオードブリッジ等半導体モノは頼まれても用意しません。でも必要であれば投げ捨て型コントローラ等、入手性の悪いものや高いものは格安でお譲りします。でも、殆どの場合、チャーコンは不要です。MAX3Aを仮定すると300Ahで0.01Cと無視できます。バッテリ容量が100Ahでも一般の平地では問題にならないでしょう。まず無制御で大丈夫です。

製品の現況として
①端子台にひびが入っています。圧着やボルコン接続すれば済みます。
②3相交流ですのでダイオードブリッジが最小構成となります。
③暴風雪による塗装の痛みがあります。塗装すれば済みます。

ルール
①楽しんで設置し活用してくださること。
なお、自治体さんや他人の家に設置するのも構いません。ただし、本体については対価をもらってはいけません。(送料や梱包費は構いません)
業者さんもOKです。でも伝票のやり取りはお断りします。外部から見ると無利益出荷に相当しますから事業の匂いがすると無用な贈与税がかかる筈です。脱税じゃなくても脱税と勘違いされるのを防止する手間はとんでもないものです。業者さんならおわかりかと思いますが、「あげるならあげる」に徹底することの難しさがあります。
②とりあえず9月一杯は待つつもりです。応募者が居なければもっと待つかも。
③欲しい人が居なければいつか倉庫整理の際にヤフオク等に出品し、商材とします。
④私の勉強のためにも感想等のレポートを下さい。
⑤応募をメールで待ちます。
⑥三相交流って何?的な質問は受け付けませんし、お返事もしません。
これが”タダ”たるゆえんです。初心者ないしは電気の素人さんに使い方をご説明するにはメールや電話による説明が何十時間もかかります。これをタダで行うのは不可能です。その間、私は無収入となります。それくらい素人様への電気モノの説明は困難煩雑。
⑦応募者複数の場合は、面白い提案を優先します。”面白い”の内容は勝手にこちらで判断します。嫁ぎ先が決まった場合は、ここに追記します。
⑧どう設置したか、どう楽しんでいるかについてはここで発表させていただきます。
有償による譲渡希望の方は受け付けません。私や弊社に深い責任が発生するからです。事業として販売を行うと(弊社の仕組み上)PL保険が自動付帯されますので弊社も困ります。
風力には稼動部があります。いくら安全なサボニウスといえども羽の一部が破損して人を傷つけることもありえないわけではありません。つまり風力発電機とは完全に自己責任の世界なのです。(ご参考:小型3枚羽根などは国道の向かいの屋根に突き刺さることすらあります。甘い気持ちで取り組んではなりません。3枚羽根では私自身、羽根に打たれ何度も死に掛けています。サボニウスや5~6枚羽根では未だにこうした問題は見ませんが、動くモノには細心の注意が要るということです。)
もし今回の応募がなく、有償でお譲りする場合は、ヤフオク等で10万くらいは貰わないと困るでしょう。中途半端な扱いですと捨てたほうがマシなのです。でもそれじゃ、環境負荷になってしまうでしょう。この点をご理解下さい。それにこれはそもそもが私物です。でも税務署への私物証明を行うのに膨大な手間がかかりますのでやはり有価扱いの際はかなりの高額にせざるを得ません。
⑩嫁ぎ先が決まった際にはケリをつけるためにもハンドルネームと行き先くらいは発表させていただきます。

●意図
モノを大切にし、そのイノチを楽しみたいだけです。我が家のスペース確保のためでもあります。でも税務のルールとリユース・リサイクルは矛盾するので注意深くしているだけです。捨てるのは本当に悲しく、イヤなことです。

欲しい方はどうぞ、気楽にご応募下さい。
私の悪い癖で延々書いてしまいましたが、実は、ホントのことばかり書いているので誰も応募しないのを恐れています(笑)
その場合は原因と対策の研究をしてみたいと思います。

また、欲しがらない人や興味を持つかたがたのコメントも大歓迎いたします。
皆でこれを考え、楽しむのは有益です。

※横浜市の杉山英祐氏にお譲りすることに9/6日に決定しました。同氏がはじめにお声をおかけくださったこと、自らで施工可能なこと、自然エネルギーに深い情熱をもっていらっしゃることに感銘を受けました。
以後、同氏から興味深いご報告があれば、当ブログでもご紹介してゆきたいと思います。

8月 31, 2005 弊社からのお知らせ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5715739

この記事へのトラックバック一覧です: サボニウス風車:

» 忘れかけた頃に「踊るマカロニ君」アップデート! トラックバック LaEnergiadelSol〜お天道様の恵み〜
このような綺麗な姿でやってきた、「踊るマカロニ君」ことサボニウス型風車WS-0.30Cですが。。。こんな姿になってしまいました!って言うと驚いちゃうと思いますが、実はまだ正式に設置済んでないんです。単純に私が時間を作れずにあれやこれやとやっているうちに忙殺され...... 続きを読む

受信: 2005/11/14 21:43:58

コメント

「欲しがらない人」ですが、といいつつ触手が反応していますが(笑)。
基礎工事、配線工事、溶接、運用等はすべて自前で出来るのですが、スペースの問題で辞退致します。
羽の部分を、いろんな形の物を自作したら楽しいだろうな~とか想像しつつ、DIYの猛者の登場を期待しています。

投稿: aosam | 2005/08/31 20:45:20

aosamさん、まいどです。
スペースがねぇ。。。全くです。
2階の屋根くらいの高さに設置するとbestですが、ポールを据えた場所は活用できなくなります。時々高所作業車によるメンテも必要ですからアプローチも考えなくちゃなりません。
DIYの猛者ですか(笑)

投稿: よしどみ | 2005/08/31 21:37:18

いや~年代を感じさせますね!
やっぱり博物館かマニアックな人しかいないでしょう。
ちなみにウチのブログでマニアックな人しか行かないように紹介しておきましたから・・・・
もしかしたら誰かいくかも?

投稿: なっちゃん | 2005/09/01 0:20:28

なっちゃんさん、こんばんは。
いやはや御紹介をありがとうございます。
マニアな人々がいらっしゃるのを楽しみにしております。

でも、これ、まだ欲しがる人が来ないんですよぉ(汗)
何度も申しますが、業者さんやNPOさんもお待ちしてますからね~♪
ホンマ、リユースしたいだけなんですよ。思い出も詰まってますし(もちろん、欲しい人には私の感傷などどうでも良いことですよ)
何よりも捨てるのはとても悲しいことです。これがポリシーです。

投稿: よしどみ | 2005/09/01 0:55:28

ご報告
※横浜市の杉山英祐氏にお譲りすることに9/6日に決定しました。同氏がはじめにお声をおかけくださったこと、自らで施工可能なこと、自然エネルギーに深い情熱をもっていらっしゃることに感銘を受けました。
以後、同氏から興味深いご報告があれば、当ブログでもご紹介してゆきたいと思います。

投稿: よしどみ | 2005/09/07 16:03:45

掲示板でのご挨拶遅くなりました。

この度よしどみ様のご好意により大事なサボニウス型風力発電機をお譲り頂く事になりました杉山と申します。宜しくお願い致します。

ここに書き込みをするのは、実は初めてですが、よしどみさんのサイトは、以前より拝見させて頂いておりました。

太陽光発電に関する知識、技術、正確さ、全てにおいて私はよしどみさんよりも優れた技術者にはまだお会いした事がありません。

サボニウスを頂くから煽てるわけではありませんが、実際よしどみさんのような正しい知識と技術と情熱をもって太陽光発電を普及していく人材が今のこの業界にはやはり不足しているのではないかと自分の経験も踏まえて実感しています。

よしどみさんもしきりに発言されているように、まず商品の知識・技術よりも、「兎に角他の業者よりもいち早く高く売って屋根に乗っけてしまえば勝ち」的な業者の方が、がユーザー本位に最適なシステムをじっくり計画してお奨めしている優良な業者よりも圧倒的に多いですね。また業界の姿勢そのものがそのような行為を助長するような仕組みになっているのも事実かもしれません。

なにはともあれ、この度縁あってサボニウス風車を頂く運びとなりました事非常に嬉しく思いますと共に、今後共様々な情報を共有させていただきたく思います。

投稿: 杉山英祐 | 2005/09/09 11:00:38

杉山さんこんばんは。

サボニウス君をお引受けくださるとのこと、まことにありがとうございます。

「ユーザー本位に最適なシステムをじっくり計画してお奨めする」
この部分こそ、さらに本気で取り組みたいものですね。
今後とも様々な技術・楽しみ方を共有し、ユーザーや業界に訴えてゆきましょう!

投稿: よしどみ | 2005/09/09 23:07:04

よしどみさん、先日はありがとうございました!サボニウスを頂いただけでなく非常に有意義な情報交換もさせていただき感激致しました。

サボニウスの設置は時間的制約から設置完了まで大分かかってしまいますがあせらずゆっくり挑戦していきたいと思います。

取り合えずは仕事の遅れを取り戻しながら体力回復をしたいと思います。(やはり一日強行軍は三十路過ぎにとってかなり高負荷だったみたいですW)

投稿: 杉山英祐 | 2005/09/12 11:01:53

コメントを書く