« よく言う3点切りとは? | トップページ | インバータ論 »

2005.08.16

トモダチ電気屋と呑む

昨日急に思い立っていつもお世話になっている電気屋さんに電話してみた。

(私)たまには遊ぼうよ。

(彼)焼酎呑んで遊ぶかぃ。

職人仲間は屈託がなくて楽しい。
で、呑みながら言われたのが

(彼)ヨシドミさんのサイトってさぁ、アンチ太陽光だよねぇ。それに敷居が高すぎる。何でブログ作ったの?商売のためじゃないの?なんのためなの?やっぱりヨシドミ節じゃん。ワハハ

(私)アンチはひどいなぁ!どこがそうなんだい?

(彼)だって、メーカーや訪問販売のこともケチョンケチョンじゃない。書いてあることも難しいよ。」

(私)だって、ちゃんと納める方がいいじゃん。それに彼らの全部がいけないって言っているわけじゃないよ。それから敷居が高くみえるのは、この国の太陽光が(設置者にも最低限の技術的理解を必要とする)独立型やホビーからじゃなくて系統連系から盛り上がってしまった経緯があって、販売屋さんが中身も説明せずにイメージばかりを売ってきてしまったからなんだよ。つまり、難しく見えるのは外側の都合なわけ。
第一、ワカランものをワカランまんまに売ったり買ったりするのって変じゃないか?販売する人たちがわかってないのも変じゃないか?

(彼)それがさぁ、ヨシドミさんのいけないところでさぁ、それじゃ相手の裾野が狭いわけ読者を絞りすぎなのよくわからなくても太陽光をやりたい人も居るし、そういう人にだって興味を持って読んでもらえるようなサイトにしないと。。。第一、俺達電気屋だって電気のことわかって電気工事しているヤツラがどれほど居る??いつもきちんと納めようとしているヤツラがどれだけ居る?

(私)少なくとも商売というレベルではごもっとも。好意で話してくれてるのがわかる。友よありがとう。
でもなぁやっぱり枕高くして寝たいよ。太陽光は高いジャン。だからその中身をお客さんによくわかってもらった上でウチの仕事のクオリティーへの期待を持って発注してもらいたいわけ。稼動の喜びもわかちあって、いつまでもシステムの状況の情報交換もしてゆきたいよこりゃ贅沢な仕事かね?
あんただって「もう少しお客さんのためになるやり方あるんだよなーーー。もう少し良いやり方あるんだよなーーー」って、他の電気屋の仕事見て文句言ってるじゃん。
俺はとりあえず好きな仕事やってメシ食えればいいよ。この儲けで家なんか建てようなんて思っちゃ居ない。大それたことを考えなければ落ち着いて仕事が出来る。

(彼)それがさーーー不思議なんだよ。アンタとは一緒には商売組めないなー

(私)そうかもなーー

といつも似たような会話の繰り返し。

ホンじゃぁどうしようかなぁ。

太陽光を設置するとこんなに儲かります。エコキュートサイコー、オール電化万歳!!
いいこと尽くめ。
とりあえずガンガン売っちまえば勝ち♪という調子か??

それじゃアカンと思っているからこんなめんどくさいサイトをたくさん作ってるんだよね。
でも、もう少し多くの人に読んでもらえるような、読みやすいサイト作りたいなぁ。。。
アドバイス、ありがとう。

8月 16, 2005 私の話 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5501948

この記事へのトラックバック一覧です: トモダチ電気屋と呑む:

コメント

ははは、悪魔のささやきに耳をかしちゃいけないよ。

投稿: 麒麟@尾張 | 2005/08/17 6:48:08

麒麟さんこんにちは。彼は悪魔じゃないけど。。。とまず断っておいて(笑)
この会話を帰納的に見ると、誰もが他人の畑に関しては自由に考えることが出来るということだと思うんです。でもそれが自分にとって大切なモノゴトへの話になると方言ならぬ、ご意見というヤツがある。
実に彼は電気屋としては一流でして、電気屋の仕事のあるべき姿と方法を知っているし、なすべき方法とわけています。そうしなくちゃメシも食えないですしね。
でもあるべき方法をはじめから知らないのは、大問題なわけです。この点では彼とも一致しています。だから酒呑んでワケワカランことをワケワカランなりに盛り上がるのでしょう。

投稿: よしどみ | 2005/08/17 10:18:27

お互いの実力を認め合っているからこそ、手厳しい指摘もできると言うもの、(彼)には彼なりの葛藤があり信念があると思います。

ヨシドミさんのサイトが、商売に特化した内容で技術的レベルが低いなら他の粗悪なサイトに埋没してしまいます。

とっつきにくいですが、ヨシドミ節も読み慣れると癖になります(笑)。

投稿: aosam | 2005/08/17 21:37:34

aosamこんにちは。
いつもご意見をありがとうございます。
とっつきにくいとおっしゃて下さることに感謝いたします。なんとかしなきゃ、いかんですね。
一応、寝ているわけではありません。以前からとっつきやすく本質を表現することに成功している理系サイトや理系本を探してさまよったりしています。ヒント探しの旅です。気難しいうっとうしいヤツに堕すのは本意ではないからです。でも読みなれると癖になる、というのはaosamからの勲章です。嬉しいものです。

話はズレますが、最近はSEOなるものによって粗悪な商売系サイトとブログ(二次情報ばかり)が上位に来てしまうのでグーグルも使いにくくなったなぁ、と参っています。
先日、ロマの人々つまりジプシーの歴史を調べたいな、と思ってグーグルで検索すると。。。なんとゲームやエロサイトばっかりが上位にあって、一次情報を得るまでに膨大な時間を費やしました。今のWEBは勝つための情報発信、目立つための情報発信が多すぎます。これでは何のための検索エンジンか、と考えさせられました。これを世の道理と片付けるのは簡単ですが、検索エンジンを優れた辞書として使いたいと考えている人は私ばかりじゃないと思うのです。

投稿: よしどみ | 2005/08/17 23:19:02

コメントを書く