« 訪問販売について-1番 | トップページ | 秘密兵器?”シリコンワット/平米計” »

2005.08.19

日経プレスリリース

リンク: 日経プレスリリース.

三菱電機、住宅用太陽光発電システム向け「パワーコンディショナ」2機種を発売業界最高の電力変換効率95.5%を達成 三菱住宅用太陽光発電システム向け「パワーコンディショナ」新発売のお知らせ  三菱電機株式会社(執行役社長:野間口 有)は、業界最高※1の電力変換効率95.5%※2を達成した機種をはじめとする住宅用太陽光発電システム向け「パワーコンディショナ」2機種を12月20日から発売します。 ※1 2005年8月18日現在。国内住宅用太陽光発電システムパワーコンディショナ量産機種において ※2 JIS C8961で規定する定格負荷効率を表します。PV-PN04F:95.5%、PV-PN06F:%

とうとうパワコン効率がさらに向上してしまいました。
IPMといったパワー素子から違います。
しかも鉛フリー!!なんということでしょう。土壌汚染リスクをほぼ完全にクリアしました。太陽光発電システムというものがまた大きく前進したと云えます。三菱電機さん、おめでとうございます。

1.電力変換損失の18%低減※4により業界最高の電力変換効率95.5%を達成
2.太陽光発電システム全体で無鉛はんだ化を実現
3.業界トップクラスの省エネ設計(待機時消費電力0.10W以下)

8月 19, 2005 太陽光発電のニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5538369

この記事へのトラックバック一覧です: 日経プレスリリース:

コメント

コメントを書く