« ソーラー大作戦の概算要求と概要 | トップページ | 設置角度・方位と発電量の関係は? »

2005.09.09

20年前の冷蔵庫の消費電力

reizoko20 我が家にはまもなく製造から20年を迎える冷蔵庫が居る。

元々同僚が使っていた ものを何年か前に貰ってきて我が家に落ち着いた。
彼もまたご近所さんから貰ったもの。
そのご近所さんも、誰かから貰ったもの。
つまり4世帯を受け継いでいる(笑)
きっと工場の出口から数えると、既に1000キロくらいは旅もしている。

だいぶ痛んで居るしそろそろ買い換えようか。。。
でもまだ壊れてはいないし、捨てるのが惜しくて、嫁さんと共に悩みこと、はや3年。(悩みすぎ??)
巷には低消費電力を謳った冷蔵庫が次々とデビューしている。
京都議定書もあるし、省エネにせんといかんなぁ、と今度こそ本気で買い替えを検討しはじめた。

せっかくだから検定電力量計を用意し、消費電力を測ってみることにした。
どうやら、一日2KWhくらいも食う。
すると月間60KWh、年間で720KWh!!こりゃー中々の大食いだ。
今時の最新型が年間150KWhくらいだから、5台分は食っていることになる。

WHM30ref電気代の差をお金で勘定すると。。。22円/KWhとして、12540円の差。
新品の冷蔵庫は大抵10万円前後、フツーは10年くらい使うのかな。
すると10年で12万円も電気代の差が出るから、お金の面では買い替えたほうが良さそうだなーーー。

一方、エネルギーペイバックの面だとどうなんだろう。570KWh*10年。5700KWhの差か。
さすがに、まず間違いなく、環境のためにも買い換えた方が良さそう。
またヒマな時に、環境負荷の差も(想像がつく範囲で)マジメに計算してみることにする。
万が一にも、まだ使ったほうが環境に良いなら修理しながら頑張ってみるか(笑)

このURLも参考になる。
>http://national.jp/cgi-bin/2eco/eco.cgi?st=1

9月 9, 2005 環境・エネルギー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/5864698

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前の冷蔵庫の消費電力:

コメント

さすが~よしどみさん。
地道な検証とても参考になります。
ご存知かと思いますが、JISでいう消費電力にはデフロストヒーター分の消費電力等を除いて表示しているため、本当の消費電力よりかなり少なめに表示されているようです(メーカーにより差異はあるかと思います)。
省エネにはいろんな落とし穴があるものですね。

投稿: aosam | 2005/09/10 9:22:46

2kwですか 多いですね。
我が家の1997年製冷凍庫(175L/100W)で、夏場1日の消費電力は検定積算電力計で1KW以下です。この電力は自家発電で賄っていす。
冷凍庫の場合は庫内温度約-18度程度ですが冷蔵庫と違いドアの開閉が少ないのでこの消費電力で収まっているのかなと考えています。

話は飛びますが、私が取り扱う700Wクラスの独立系発電では年間を通してこの冷凍庫に電力供給するにはバッテリー負担が大きく、夏場は電力を使い切れず捨てていますし、冬場などはバッテリーのスタミナと相談しながら、商用にバトンタッチするときも年に数日発生しています。悲しきかな独立系・・・余剰電力の使い方まだ解決していません。

投稿: kk | 2005/09/10 23:40:17

定格表記にデフロスターのぶんが入っていないとは知りませんでした。なんとなんと。

確かに、2KWは多すぎますね。
余計なものも詰め込まずに使っていますが、年式には勝てないようです。

kkさんのところでバッテリが耐えられない場面が出るのは、やっぱり湿り雪による不日照が発生してしまうからでしょうか。冬の方が電力不足になるというのも皮肉ですね。。。
かと云って、バッテリを大きくするのも際限がありませんし、辛いところです。

投稿: よしどみ | 2005/09/11 1:03:42

パネルの水分が凍結した後に積雪があって、不日照が続いたり、次の日に一時的に天候回復しても凍結部分が溶け出したあたりで再度天候不順の繰り返しが発生した場合に起こりやすいです。

ですから積雪期間限定で一日に数回太陽光追尾とは関係なく急傾斜制御モードを追加すればこの問題は解決出来そうですが、システムの基本制御がどんどん複雑化してしまうので、万一の場合は第三者に保守依頼できなくなるのが心配です。

投稿: kk | 2005/09/11 2:39:02

話はズレてしまいますが、kkさんのシステムは、今現在、ご家族には、簡単な保守が出来るのでしょうか。追尾システムを取り巻く(人々のほうの)状況について、いろいろ興味が出てきました。

固定式の系統連系すら、「お父さんしかわからないのよぉ。。。」とか、「息子に聞かないとわからない。」なんてことが少なくないので。。。
便利なものが持つ宿命でしょうか(笑)

投稿: よしどみ | 2005/09/11 14:57:58

よしどみさん、こんばんは
家族には当システム保守は無理だと思います。バッテリーの補水も困難かと考えます。その為、万一の場合には友人に依頼していますので基本は複雑にしたくないと考えています。
その様な理由も含んでシステムの把握して貰える意味からも資料は正常時の設備動作とデータ、保守部品の入手ルートなど全てファイリング3冊にまとめて整理して現場配置しています。
その他に資料の紛失を最小限にする意味も少し有ってWEBの隠し書庫として友人がアクセス出来るようになっていたのです。
最小限資料はハードディスクやCD-ROMだけではなくリスク分散ということですね。

また、いつ海外勤務を命じられるか不明ですし、システムの維持管理については不安要素が沢山ありますが最悪の場合は私と運命を共にしてもらう事になるかもです。(◎_◎)wその前に定年が来ますね。

投稿: KK | 2005/09/11 18:11:08

kkさん、コメントをありがとうございました。
記録簿は大事ですよね。

私の身の回りでは、10~20年前の、メーカーによる独立型の作業記録・図面が無い物件でひどく難儀しています。
複数の業者が入った物件はもうめちゃくちゃです。誰にもわからない状態です。

そういえば電気工事のリフォームがある意味定常的にこの状態です。。。中でも店子の入れ替わりが激しいテナントは、あとから触るのが恐怖です。現況を調べるのに数時間。作業はあっと言う間なんてことも。

>最悪の場合は私と運命を共にしてもらう事になるかもです。(◎_◎)w

いやぁ、資料や記録さえあれば、きっと誰かが助けてくれますよ!!

投稿: よしどみ | 2005/09/11 21:22:36

昨日テレビで2007年問題を取り上げてました。団塊の世代がいなくなり、彼らの作ったシステムだけが残る。保守ができない。そのために膨大な資料が残ってましたが、あんなにあったらその資料を探すだけでも大変だろうと思いました。

必要な人材なら定年がきても残せばいいじゃない?と素朴に考えましたが・・・・何でも新しければいいってもんじゃない!

だけど、冷蔵庫は早急に買い替えることをお勧めします。

学生の頃、アパートがあんまりにも暑くて寝れなくて、冷蔵庫の扉を開けてその前で寝ていた事を思い出しました。

投稿: なっちゃん | 2005/09/15 0:51:10

2007年問題ですか。団塊のおじさんたちはまだまだ頑張って欲しいですね。NEETさんたちを養ってもらわなくちゃ(冗談)
でも、団塊のおじさんたちは、自分ばかりが仕事を楽しんでいて、若い人に十分な引継ぎをしていない場面がたくさん見受けられます。
これはおじさんたちの罪だと思います。
これからパニックになれば若い世代ももっと踏ん張るのでは無いでしょうか。というか、そうでないと困る。

冷蔵庫の買い替えは計測が済み、評価を終えてからね!
それから、扉の開けっ放しは余計に室温が上がるので止めましょう(笑)

投稿: よしどみ | 2005/09/15 13:32:19

コメントを書く