« asahi.com: 青色ダイオード、消費電力9割減 中村教授ら成功?-?サイエンス | トップページ | ピークオイルへのアプローチ »

2005.09.24

リンクについて・覚悟についてだよ

私は、親サイトのPV-Engineeringのリンク集に下記のような能書きをしています。
>http://homepage2.nifty.com/domi/kennsaku.html

■太陽光発電便利サイト集
WEBは公開情報であるという観点からリンクのご通知はしていません。もし、リンクを解除したい方があれば、ご連絡ください。即刻解除いたします。

これはリンクする側の都合を言っています。
で、リンクされる側の都合ですが、山形浩生のサイトにある能書きがしっくり来ますので、これがいいかなーーーと。

同氏は
リンク、コピーは黙ってどうぞ。
とトップページで断った上で、次の声明をしています。
http://cruel.org/linkpolicy.html

いささか乱暴な気もしないでは無いのですが、共感するところ大。
大体、こんな面倒なことをしなくちゃならなくなったのは、行政や大企業、NPOなど風評被害を受けやすいところが、自衛策としてやかましいリンクルールを作ったからだと思う。
思い当たるところ、大でしょう??

そもそも、文句言われるのがイヤならWEBページなんか、公開しなければイイジャン。
それが私の考え方です。
だから、うっかり論争など始まり、私に誤りがあれば、ハイ、ごめんなさいというだけです。
相手に非があれば、社会的・個人的ベネフィットを考慮して対応します。
例えば、このHP上で不毛な論争が始ったら、削除するだけです。
云いたいことを云っているのですから、私の発言が、他のサイトで文句を云われることがあってもそれは、仕方無いことだと思います。

同時に、このブログを継続するに当たって次の覚悟を示したいと思います。
なに、大げさなものではありません。落ち着きを持とうというだけです。
メーカーや製品への批判は次の範囲で続けます。

●消費者に黙っていることが社会倫理的に好ましくない場合。
これは事業者として当然開示すべきです。金儲けとは別に、業者も消費者も真実を捕まえておく必要があります。そうでなくちゃ、不審によって業界は沈没するでしょう。欧米のPVのサイトを見て御覧なさい。営利サイトですら、つまらぬ内緒なんて無いですよ。ありのままを淡々と語って、んで、自らの方針を示す。健全じゃないですか。

一方、次の場合は十分慎重な態度に出ます。
●特定メーカーの小さな過ちについての非難。業界が沈没するようなネタの発表
まず、非難は意味の無いことです。筆者自身に対策や案が無ければただの遠吠えです。非難は無益です。代案なしに○○反対というくらいばかげています。だから発言するときは、必ず社会倫理に基づく、代案ある批判を行うことを心がけます。
また、業界が沈没するようなネタは発表しません。センセーショナリズムは嫌いです。センセーショナリズムは、社会と心身の健康にとって何の役にも立ちません。面白いだけの瞬間風速は、ダメです。自身、大手が行っている不正入札も横領もたくさん知っています。でも、巨大組織の不正といえども、一部の犯罪者とその他マジメな大多数をない交ぜにしてはいけません。だからマスコミに投稿したりもしません。この観点は大事なことだと思います。しかしモノゴトには度合いがありますから、力加減にてコントロールします。だから、あまりにもひどい事件は告発しようと思います。逆に、告発することが社会全体にとって思わしくなさそうなことは、分かる人にだけわかる比喩表現にてとどめます。わからんことは、~~~な感じかなぁ?と感想めいた表現にとどめます。
以上が私のルールです。

9月 24, 2005 私の話 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/6085703

この記事へのトラックバック一覧です: リンクについて・覚悟についてだよ:

コメント

山形さんのメッセージは何か豪快ですね。
ちなみに私もリンクを全然拒みません。しかし・・・・私のところがリンクされていないのがちょっと寂しかったです。(泣)

覚悟の声明、しっかりと受け止めましたよ。私としてもほぼ同じような感覚で書かせて頂いていますが、多少ニュアンスが違ってくるかもしれませんが、それがいいと思ってます。情報の共有をもっと持てればいいと思っています。

投稿: なっちゃん | 2005/09/24 23:53:37

なっちゃんさん、こんばんは。
この山形浩生氏の宣言、語調は乱暴ですけど、何か読者サービスも感じられるし、うまいですよね。

覚悟の声明ですが、こんなもんでしょ。
あくまで、良心に基づくようにします。なっちゃん氏もそんな感じですよね。

このブログでも、色々リンクしたいところがあるのですが、ソースコードの書き換えがしんどくて保留中です。でも、なっちゃん氏をリンクしているところ、たくさんあるでしょ?(笑)

投稿: よしどみ | 2005/09/25 1:30:54

「山形浩生氏の宣言」、極論するとそうなるのかなぁ~という感じでとらえています。

「文句言われるのがイヤならWEBページなんか、公開しなければイイジャン」全く同感なんだけど、リンクされる側の都合で最も困るのは、宗教色の強いサイトや訳のわからんサイトにリンクされることにより、何らかの関係があると他の閲覧者に誤認されることを最も恐れています、その辺の問題も割り切って「覚悟の声明」されていると推察されることから、よしどみさんの覚悟の深さを感じました。

日頃、「非難」の傾向の強い私は少し反省しました。

投稿: aosam | 2005/09/25 14:26:11

aosamさん、丁寧に読んで下さってありがとうございます。おっしゃる通り、誤認は嫌なものです。でも最近はWEBページ作成のソフトやブログが良くなったおかげで、やり直しが利くようになったと考えています。誤認されれば、誤認されないように書き直したり追記したり出来ます。また、書いたことが誤っていることに気づかされれば、間違ってました宣言をするのも良いと思います。必要であれば反論もやれば良いと思うのです。(もちろん、不毛な争いは巧みに避けて。。。)
いずれにせよ、WEBはもっと開かれてしかるべきだと思うのです。

山形氏の宣言は一見びっくりしますけど、よく読むとそのユーモアのセンスに感心します。

投稿: よしどみ | 2005/09/25 19:44:19

コメントを書く