« Moduleprices | トップページ | LED懐中電灯 »

2005.10.31

カマキリと灯油ランプ

kamakiri 軒下に吊っている灯油ランプに大きなカマキリ発見。秋の日差しを浴びてカマキリの緑もキレイ。

この灯油ランプ、自分でも久しぶりに見た。
10年ほど前になろうか、灯油を入れるのは面倒ということでガイシソケットを探してきて100Vの球を放り込んだもの。

夜に点すとなかなか情緒があるんですよ。
根元のビニルテープはご愛嬌。こうでもしないと屋外では風にあおられてホヤが割れてしまうような気がしたから。

もう一台、北一ガラスのが洗濯機の上にもある。
白熱球ゆえ、エネルギー効率が悪いので常用は考えていない。でも、ちょっとしたDIY、面白いですよね。

10月 31, 2005 私の話 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/6752729

この記事へのトラックバック一覧です: カマキリと灯油ランプ:

コメント

よしどみさん、こんばんは!

個人的にこういう情緒のある写真好きです。

灯油ランプの電化コンバージョンもなかなかおつですよ~♪

ろうそくの炎のようにユラユラする電球ありましたよね?あれ使ったら無意味に灯油ランプの再現なんか出来て面白いかもw

効率アップやコストダウンの事ばかり考えていると頭の中が殺伐としてくるのでたまにはこういったお遊び的感覚の中で自分をリセットすると言うのが吉ですね~♪

何気に写真の腕もなかなかですね!

いい写真です。

投稿: すぎやま | 2005/10/31 19:58:55

こんばんは~。

「北一ガラス」ですか~、小樽の名物ですが、運河周辺のガス灯の一部を5年前に電化しました、方法はガス灯の中に60Wのシャンデリア球を仕込むという、よしどみさんと同様の方法です、配線を隠すのに苦労しました(笑)。

笠が太陽電池で球がLEDってのも、おもしろいかもです。

すぎやまさん、「ユラユラする」のはかまきりのお仕事では?(笑)。

投稿: aosam | 2005/10/31 20:58:13

すぎやまさん
お遊びで自分をリセットしていると、仕事そっちのけにハマっちゃうんですよ。いかんいかん。ちょっと喜んでいただけたようですので、調子に乗ってこれまでのDIYシリーズもアップしようかな(笑)

aosamさん
そうそう、もうひとつの北一ガラスのは20年くらい前の特注ものです。でもつくりがしっかりしているので情緒はいまひとつ。小樽に行けばaosamさんの改造品が見られるのかな?
カサが太陽電池って面白そうですね!アモルファスなら何とかできるかな。でも、外見がロボット状態になりそう。創造力が貧困かな?

カマキリ殿はいつまでもゆらゆらしてましたヨ♪


投稿: よしどみ | 2005/10/31 21:21:28

こんばんわ~。
「小樽に行けばaosamさんの改造品」みれますよ~、他にもいろいろとね。
お客さんや会社の許可を申請するのが、めんどうなので、仕事上の写真を披露することができないのが残念です(珍品気品が)。
昨今は個人情報に会社が神経質すぎて、とても困っております。

「外見がロボット状態」~庭に突き刺すホームセンターで780円とかで売られているやつよりは、情緒がありますから10倍くらいでは売れそうですよ(笑)。

投稿: aosam | 2005/11/01 19:30:25

コメントを書く