« 太陽電池の表面は何で出来ているの? | トップページ | PV温度と鳥の巣対策 »

2005.10.23

自作計測器

keisocv_002計装現場用の定電圧源、定電流源を作ってみた。
左のは可変式。暗いところで仕事をすることが多いのでLEDを表示を採用し、表示を見やすくした。
右のは固定式。1-5Vと4-20mA系専用。ロガーより下流側にメジアン値が出ればOK。
キャリブレーション後の成績はまぁまぁ。RS232経由でパソコンで10分程度観察してみたら、フラツキは0.3%くらい。いずれにせよ1%程度の誤差なら簡単な点検には実用的でしょう。ポケットにも入るし。
電源は006Pの9V電池。すぐに中身がなくなると思いきや、意外に長持ちだった。

公共工事の現場には泥棒さんが多い。だから市販の高価な道具をあまり持ち込みたくないのだ。最近の私はむしろ民間のしょーもない仕事の方に高級な道具を持ち込むことが多くて、なんだか本末転倒しているような気もするけど、住宅などご近所の目がある現場の方が盗難リスクが低い気がしてならない。

かつて私は計測器一式と電動工具一式を盗難に遭い、しばらく特売のきゅうりと米だけで暮らしたことがある。車のカギも壊されてサンザンだった。

10月 23, 2005 太陽光発電の技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/6532740

この記事へのトラックバック一覧です: 自作計測器:

コメント

こんばんは~

なかなか完成度の高い計測器ですね(使いやすそう)。

精度が駄目と叱られそうですが、私は計装関係のメンテ時に、006P、7805、250Ω、VR5KΩで即席のテスタを作っています(基盤むき出し)、暇な時にでもちゃんとしたやつ作ろうかな(笑)。

投稿: aosam | 2005/10/24 21:05:06

私は、基板むき出しだと粗末にしちゃうんですよね~(挙句、それが何であったかわすれちゃったり)
んで、生真面目に箱に放り込んでみた次第です。し、しかし、意外に重い。。。(汗) 表示やターミナルも一組で良かった。。。

投稿: よしどみ | 2005/10/24 22:35:40

自作計測器は(計装現場用の定電圧源、定電流源)どのような目的に使用されるのですか?
綺麗に作っていますね

投稿: kk | 2005/10/24 23:31:39

産業用PVには日射計・気温計、PV電圧・電流など屋根上付近の計装が付属することが殆どです。でもこうした巨大な現場は配線距離が長く、複数工事店の分業になります。1、センサ~TD。2、TD~端末までの配線。3、配線~PCの3種類ぐらいに工区が分かれることになるのですが、大抵は1と2または2と3を分担します。当然トラブルがあるとき、どこがいけないのかわからなくなります。TDの2次側にこれを接続すれば問題箇所の切り分けが出来るかなぁと。

投稿: よしどみ | 2005/10/25 8:35:27

自作計測器はそうような用途があったんですねー
現場は設計時に想定していない事が沢山発生しますから必需品かもしれませんね。でも自作のほうが高いかもしれませんね、よしどみさんの工数と部品調達などで・・・半分楽しみながら製作していると一石二鳥ですね

投稿: kk | 2005/10/25 18:54:04

共同で行う仕事の問題点には、自分の仕事が完璧でも全体が動かないと帰れないということがあります。電機関係は、これが付き物ですよね。だから責任分界までの仕事の完璧ささえ証明できれば(急いでいるときは)さっさとズラカることが出来るかと。
左官屋の仕事がまずくて待っている大工は居ません。でも通信屋の仕事がまずくても待っている(待たされている)計装屋は居ます。電話が通じなくても待っている(待たされている)電気屋は居ます。「ウチは関係ないぞ証明」は、時間の有効活用に寄与するものと信じています(笑)

おっしゃるとおり、トータルで考えると自作の方が高いです。(ラジオ時代と違いますものね)部品調達や製作の手間など考えるとその間に仕事が出来ます。ハンディー信号発生器、日置電機のですら10万円前後。仕事の時間を割くくらいならこの方が安いです。もちろん、自作は道楽を兼ねていますよ♪

投稿: よしどみ | 2005/10/25 20:57:31

こんばんわ~

「TDの2次側にこれを接続すれば問題箇所の切り分けが出来るかなぁと」~同感です。
それと私は計器校正にも使用してますよ。
三相交流の電力計、力率計だと、TD一次側からだと同期した電圧*2と電流*2が必要で、簡易にテストしたくても測定器だけで100~150Kgなんて重さ、価格は150~200万でとても簡易なんてレベルの仕事では無くなりますから、そんなときには大変重宝しております。

投稿: aosam | 2005/10/25 21:01:46

そうですねぇ。現場の内容によっては計器の価格・荷物の都合もありますよね。おっしゃるような内容でしたら高いはずの自作も安いものです。(”高いはず”になってしまったのが寂しい)
次はダミーPT100Ωとダミー5mVを作っておこうと思っています。

投稿: よしどみ | 2005/10/25 21:32:53

まいどさまで~す。

「PT100Ωとダミー5mV」って温度関係のやつですよね?
これらの機器を自作できるということは、計装関係の仕組みを熟知しているとが前提の自作ですから、すごくスキルが必要だと思います。

私も電気屋仲間(強電)から、「なんでもやるんだね~」とか「物好きだね~」とよく言われますが、電気に限らず仕組みが解らないのに「動いているからいいんじゃないの?」的なことは、気持ち悪くてたまりません、それで済ますか、そこで探究心を持つ性格かどうかで将来大きなスキルの差になって現れると思います。
最近の電気屋の中でも「メーカーが言っているから」とか「些細なことでメーカーを呼びます」みたいなことを繰り返している場面によく遭遇します、そんな仲間は私が一時的に助けてあげたとしても学習しませんから、また同じような案件を持ってきます。またスキルが低い人がスキルの高い人を評価することは不可能なため、かなりの難題を解決した場合と些細な助言でも感謝のされかたがいっしょだということが、技術者としてはとても不満です。

以上、悩める技術者の愚痴でした(笑)。

投稿: aosam | 2005/10/29 11:56:27

aosamさん、まいどです!
「計装関係の仕組みを熟知しているとが前提の自作ですから、すごくスキルが必要」
小生、スキルはありませんが、よくある用事に合わせた自作なら市販の高精度のものより安く済みますし、現場という乱雑な場所では活躍すると思っています。
PT100Ωの代わりというのは、金皮抵抗+サーメットトリマで110Ωくらいを模擬して4線ひっぱりだしておけば少々の温度ドリフトを含めてもいつでも26℃前後。これが役に立つだろうという発想です。どうも複数業者で動くとスパゲッティー配線かつ無印だったりで、センサとTDの配線を疑いたくなるのです。5mV程度なんていうのも、TD一次側の日射計を疑うためです(笑)

「動いているからいいんじゃないの?」的なことは、気持ち悪くてたまりません
同感です。。。この気持ち悪さがまた際限のない探究に気持ちを向かわせてしまって勝手に疲れてしまったりもして。。。(汗)

「メーカーが言っているから」とか「些細なことでメーカーを呼びます」
参ってしまいますね。メーカーの信用は一職人なんぞよりも絶大かとは思いますが、ワカラン職人の言い訳に使われているのは情けないことです。また、現場をする側があまりにも簡単にメーカーを振り回すと、その製品は高くなります。

感謝のされ方が一緒だというのは、その価値がわからないからですよね。あるとき他の用事で入った現場に電力量計にエコキュートの配線が触れる程度に突っ込んでありました。こりゃイカンとばかり圧縮端子で改修ましたが、お客さんは、ああそう。というだけでした。電気の素人たるこのお客さんには火事になる危険がわからないのです。見えないものの価値はそういうものらしいです(残念!)
家が燃え出してから火消しをしたらそれこそ涙を流して感謝する人も居るでしょうにね(笑)

投稿: よしどみ | 2005/10/29 22:20:09

こんにちは ブルースカイです。
技術者とか保守要員さんへの待遇が悪いのは、出来て当たり前というような風潮と、
技術技量への評価がうまく出来ない場合が多いからと思います。
日本で評価できず、外国で評価されるというのはその典型かもしれません。

大抵外見と、値段の方に気が取られ、内容の方を追求することは難しいと思います。
(工事の時四六時中ついていることはかないませんし、見ていても、分かるとは限りません。)
未然に安全を確保できる方より、緊急時に上手に対応できる方を評価するという結果に終わります。
車を見れば一目瞭然で、トラブルの多くが
バッテリー上がり(過放電が原因。)、キー閉じ込、タイヤの不具合で、JAFの出動回数の半数を占め、
多くの車が整備をしっかりせずに、走行している実態が見え隠れします。
その他に、劣化バッテリーや、ガス欠もあります。
http://www.jaf.or.jp/rservice/index.htm
(ロードサービス実施状況を参照。)

私は、まだ未熟で、未然の予防も、緊急時の対応も、設備を停止することがやっとなのです。
ただ、車は、ガソリンはもちろん、タイヤの空気圧とバッテリーの電圧、エンジンオイルと、オイルフィルター程度は気にしています。
中には、電気自動車で、遠くへ行って、電池切れで、ロードサービスという方もいたようです。(ガス欠と似たようなものですね。)
ロードサービスに頼るより、そのお金を車の整備にかける方がよほど建設的と思うのは私だけでしょうか。


投稿: ブルースカイ | 2005/10/30 7:59:17

ブルースカイさん、こんにちは。
「ロードサービスに頼るより、そのお金を車の整備にかける方がよほど建設的」
なるほどぉ。
すると
●保険に頼るより健康を心がけるほうが建設的。
●修理するよりも壊れないものを導入するほうが建設的。
とか色々なことを考えてしまいます。
電気自動車で電池切れというのは大変そうですね。JAFは発電機を持ってきてくれるんでしょうか。しかし急速充電くらいじゃ走行距離は知れてるしどうするんでしょ??


投稿: よしどみ | 2005/10/30 14:05:33

ロードサービスといえど出来ることに限度があるようです。
主なサービス
①転落、脱輪した車を引き上げるまた、レッカーなどで移動させる。
②キーの閉じ込みを解決。
③バッテリーの充電(大電力には、対応できないと思われる。)
④タイヤの交換又は、パンクの修理。⑤燃料の補給
電気自動車の場合は、電気自動車の充電は、大きな電力を必要で、時間もかかるので、牽引と思います。

私も、軽トラックで、積載輸送と、牽引移動(バッテリーが無くなって自走不能になった。)
を既に経験しています。

移動は、積載輸送がベストですが、電池が無い電気自動車は、荷台に載せたり降ろすのが大変ですし、車種により積載できないこともあるので、牽引する方が確実です。(牽引する場所が無く、車体のフレームを引っ張るしかありません。)

安全性を優先すると、コンセントを借りて時間をかけて充電するという選択肢もあります。
コンセントが無い場合は、牽引するか、発電機を持ち込むしかありませんね。
電気自動車の場合、
電池切れにならないように、走ることが出来る距離の把握と、電気を無駄にしないこと、使いきる前に確実に充電することで、未然予防できると思います。レッカー費用を払うより、予防(電池切れになる前に充電。)する方がよほど安くなります。
自力対応でも、牽引する車、発電機、牽引する時に必要とするものなどが要りますので、忘れていました、牽引では、運転手がもう1人要りました。

●保険より、健康を心がける方が建設的。
健康保険と、健康診断も同じような理由がいえると思います。
早期に発見することと、安く治療が受けられることで、病気の重症化を防ぐ効果もあります。
他にもいろんな利点があリますが、とりあえずそれだけはいえますね。

病気になった時に、お金はもらえても、病気する前に戻すことは出来ません。
ただ、完全に防ぐことが出来ないことが、保険の存在意義と思います。
●修理するより、故障しないものを導入する方が建設的。
故障することで機会損失や、信用など、お金では買えないものを失う場合があり、それを防ぐ意味でも有効です。
また、単純に、販売価格差より、故障で生じる修理費用又は、代わりのものを買う購入費は、必要になりますし、費用に関係なく、使えない期間は不利益を強いられます。
欠点は、故障しないため、耐用年数が増えて、修理の頻度が少なくなったり、新品が売れにくくなる。

●トラブルを起こしてから対応するより、
トラブルを未然に防ぐ方が建設的です。
手間も時間も節約できます。(収入が増えるかは疑問ですが。)
火事を例にしますと。
火事が発生してから、消火をするより、火事を起きないようにするほうが安全で良いですね。

投稿: ブルースカイ | 2005/10/30 21:28:53

電気は省エネのこともあって、ぎりぎりまで浸かって、あとはストンと落ちるバッテリやその周辺特性になってるらしいです。

電気を軽視するのはメカ屋もいっしょだ。
電気を舐めてると感電しても知らんちゅーにw

投稿: 電気を軽視するのはメカ屋もいっしょだ | 2013/05/06 22:17:03

コメントを書く