« カマキリと灯油ランプ | トップページ | 堅木加工とアラレ組 »

2005.11.02

LED懐中電灯

ledkai1 調子に乗って自作シリーズを公開してみる。

昨年だったか、おととしだったか、立て続けに3台の白色LED懐中電灯を作った。目的はエコノミーの徹底。普段の白熱球のだと、ひどいときには年間の電池代が10万を超えることに気づいたから。(毎日天井裏にもぐって配線工事をしているとそうなる)

一方、これはリチャージャブルの6V鉛蓄電池なので電池代が全然かからない。

スペックは最初の一台が36灯だったか。
これは天井裏でユニットバスのスキマに落としてしまい、拾うことが出来なくなってしまった。もう一台は、電池が買えない職人さん(一体どういう人?)のために作ってあげた。

そして極め付けがこの70灯。30V昇圧コンバータを内蔵し、LEDを直列しまくることで損失を抑え、12時間連続使用が可能になった。暗いと言われるLEDだけど、これだけたくさんつけると明るさも十分。レフレクターも利いている。電池切れに泣かされないのも嬉しい♪
何よりも夏に灼熱地獄となる天井裏で熱源とならないのが助かる。白熱球の作業灯はもう暑くて熱くて、とにかくアッチッチなのだ。

ledkai2コイツはもう延べ200日くらい使っていて特に不具合も無いので完成品かな。
でもいつかはまた壁のスキマに落として回収不能になるかもしれないし、夜間作業の投光器としても使いたいから、あと2~3台作ろうかと思っている。
他にLEDシリーズは色々あるのだけれど、LED代100万くらいつかっちゃったかもしれない。

それでも仕事のしやすさを考えるとエコノミーだと思っている。(エコロジーかどうかは知らない)
あ、LEDだけど、懐中電灯に使ったのはほんの一部ですよ。

11月 2, 2005 私の話 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/6833322

この記事へのトラックバック一覧です: LED懐中電灯:

コメント

よしどみさん こんばんわ
立派な懐中電灯ですね。(6V鉛電池搭載で相当重量感も、あるかと思います。)
よく考えると、電池代や、電池を作るのに使うエネルギーを考えるとするとかなりエコロジーなはずです??
乾電池は、起電力よりの内部抵抗値が高くなった時点で、電池の役目を終えるので、起電力すべてを取り出しているわけではありません。
多くの電力を使うものが、一次電池を使わないことを見ると、効率は良くないと言うことのようですね。
電気自動車。既に、リチウムイオンと、急速充電が出来ているのに、日本では見ませんね。
相変わらず鉛電池と、少ない蓄電量、そしてお休みするほど長い充電時間。
電気自動車レースでは、充電済みの蓄電池に短時間で交換するようです。
ではまた。


投稿: ブルースカイ | 2005/11/02 18:46:57

ブルースカイさんこんばんは。
そういえば、乾電池の場合は廃棄物が出ますしエネルギー効率も悪いので、この懐中電灯の方が資源的にはエコロジーですね。
でも、LEDにはひ素なんぞも含まれるので、どうなんだろうなぁと考えていました。
鉛蓄電池は鉛がリサイクルの優等生ですし、エネルギー密度もまぁまぁ。電池の仲間では(おそらく)エコロジーな部類だと思っています。

投稿: よしどみ | 2005/11/02 20:07:17

まいどさまで~す。

「暑くて熱くて、とにかくアッチッチ」、よく解ります、私もまねして作りたいと思います。

電池ドリルのバッテリーと共用したりすると、現場で便利かもしれませんね。

ちょっと気になるのがLEDの指向性の高い奴(15度とか)の光って、乱反射しないので、影の部分とか見ずらくないのですか?、場合によっては60度とかのほうがいいのかなぁ?

投稿: aosam | 2005/11/02 21:28:56

aosamさん、まいどです(笑)

アッチッチの世界が通じてしまうのが悲しいような嬉しいような(笑)
そうそう。電池ドリルのと共用できるのは、GSが販売元になっているのがあります。松下のでもいいかな。あれを改造すると工事車両の荷物が減らせますね。でも工具用の電池はダメになると高くつきますね。

指向性ですが、一代目は15度で作りました。工事用のサオの先を照らすには良かったのですが、手元には使いにくかったです。
天井裏の魔術師としては60度の方が汎用性があるでしょう。ということで私も以後は60度のを作ろうと思っています。

投稿: よしどみ | 2005/11/02 21:44:53

落とした時にいいようにHDをばらした磁石をボンドで付けておくといいよ。
猛烈に強いから紐でつるして拾えるね。

投稿: 麒麟@尾張 | 2005/11/03 8:05:48

麒麟さんこんにちは!
ネオジム磁石ですか。今度は磁石が床下の鉄骨にくっついてしまいますね。でも木造では名案かも?!
これまで壁のスキマに残置した工具、数知れず。。。(泣)

投稿: よしどみ | 2005/11/03 14:30:33

よしどみさんへ
乾電池で気になったので、乾電池で使える電力と、電気の価格を調べてみました。
東芝製 アルカリ LR20AG(単一型)1本の場合。
http://www.tbcl.co.jp/primary/lr/tokusei/index.html ここを参照。)
※グラフから抽出したので、おお間かな数字です。
左から、抵抗値、持続時間、消費電力、利用できる電力、
抵抗値1Ω 6時間、1.5W 、9WH
抵抗値2.5Ω 20時間、0.6W、12WH
抵抗値4Ω  40時間、0.38W、 15WH
抵抗値5Ω  50時間 0.3W、15WH
仮に 単1乾電池6本、持続時間6時間の懐中電灯があったとします。
  単一電池一本100円とした場合、1時間100円分電池代が要ります。 
 使える電気は、1本で9Wの場合、1kwh=11110円になります。
  利用できる電力が15Wとしても、1KWH=6666円になります。
  
  太陽電地+充電電池又は、蓄電池でもうまく使えば十分に、採算が合うことになりますね。

投稿: ブルースカイ | 2005/11/04 22:27:11

ブルースカイさん、こんばんは!

これは面白い考察ですね♪
乾電池の電力単価なんて考えたことなかったです(必要悪?として諦めモードでしたから)
すると、たとえ乾電池の味方に立っても5千円/1KWhくらいにはなりそう。
電力会社の200倍以上のお値段ですね。
まぁ、電力会社はデジカメやケータイに送電してはくれませんが。送電されても困っちゃうし(笑)
今度時間のある時に二次電池(鉛電池)の電力単価でも考えて見ます。充放電効率が幾つ、蓄電池Wh単価幾ら、寿命までのサイクルが幾つと仮定すると良さそうですね。
太陽電池は(機種にもよりますが)40年くらいは屁のカッパとすると、大いに得だと思います。消費税が今後値上がりすると、もう太陽電池の圧勝?!

投稿: よしどみ | 2005/11/04 23:18:22

よしどみさん こんにちは。
私はただ、乾電池は何でこんなにも高いのかということに疑問を持ち、前から、充電電池⇒蓄電池、そして、太陽電地で、蓄電池充電に至りました。
小型機器の省電力化と、太陽電地の進化で、電池が無くなる時代が来るかもしれません。
消費電力の少ないものに蓄電出来るものと太陽電地を載せてみると、小さいものでしっかり使えます。(充電の管理などがまだ課題です。)
携帯電話で、待ち受け電力を、太陽電地でまかなう機種も発売されたようで、家電メーカも、小型で使いやすい太陽電地と充電式電池のノウハウを持っている所があると思われます。
私は、乾電池と同じ形の、充電式電池を調べてみたいと思います。

投稿: ブルースカイ | 2005/11/05 8:37:23

コメントを書く