« HIT太陽電池 | トップページ | 代理店とは。。。 »

2005.11.29

メタルキャンモノはまぁ。。。

ウチは変な会社で、ちっとばかり製品の製造もやる。
だから、依頼されて作るものには小ロット生産品が多い。
するとディスクリートデバイスが頼みになるんだけれど、メタルキャンパッケージのが調達困難か、廃品種だらけで参ってしまう。最大でも年に数台~百台も無いような小ロットかつ回路規模が小さかったら、設計や部品調達の労苦を考えるとリニア回路でちょいちょいとやるしか無いでしょう。(本気で設計しても、仕様が変わるかもしれんし)
こうした時にどうしようも無いのだ。
一体パワトラや巨大ヒートシンクは今後いつまであるんでしょう。(MOSFETやIGBTはさておき。。。)以前、太陽光を設置させていただいた電子回路の会社も嘆いていたなぁ。。。メタルキャンのオペアンプが無いんだって。(これはまた意味が別だけど)

誰かおせーて!!
小ロット生産の未来はどうなんざんしょ??

11月 29, 2005 私の話 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/7369884

この記事へのトラックバック一覧です: メタルキャンモノはまぁ。。。:

コメント

よしどみさん こんにちは。
多くの会社では小ロットのものを扱ってくれないので、そのような依頼が多いのだと思います。
少ない量でも作ってもらえる方を探すか、
同じもをほしい方を多く集めて、需要を増やすしかないと思います。
社会がドライになりつつあり、今後も、入手難になることが考えられますので、もし技量があれば、小ロット専門という分野もありなのかもしれませんね。(困っていることにチャンスありとなればよいでしょう。)ではまた。

投稿: ブルースカイ | 2005/11/29 9:19:29

こんにちわ
>小ロット生産の未来はどうなんざんしょ??
●この件についてはわかりません。

>メタルキャンパッケージのが調達困難か
●最近見なくなりましたねぇ~、集積回路設計者にコネがあれば入手できるかも?モールドに座を奪われてしまいましたね。
私の場合は、自分が趣味で使用する分には一生使える程?メタルパッケージOPアンプ/TRの在庫がありす。・・・ジャンク品や民生品ではなく工業指定品

昔の話で恐縮ですが、隣の席では集積回路を設計していてその検証する時にメタルタイプのトランジスタなどディスクリート(複合タイプ)でブレットボードに組み込んで特性を確認した後、清書していました。(マスクIC完成まで2ヶ月程度はかかっていましたね)
気が遠くなる程このトランジスタを並べて集積回路と等価に構成。
でも現在はシュミレーションがかなり発達してきたのと過去の実績などからメタルキャンパッケージは使用していないかも知れませんね?

話がそれましたが、各種のシールドや放熱など様々な環境でテストする場合の便利性から必用なのでしょうか?一般民生用ではメタルキャンパッケージにするメリットが少ないのでしょうかね。

投稿: たいよう | 2005/11/29 12:14:07

メタルキャンですかぁ・・・。
最近ジャンクでも全然見ないね。昔は金メッキしたのもあったけど。所で何につかうの?。水がかかるところでは錆びるし、超高温のところかしらん。

投稿: 麒麟@尾張 | 2005/11/29 20:07:36

本設計ではなく、部分的な試作や小ロットの”とりあえず的な回路”では、パワトラに電力を食わせておいたほうが設計と試作が楽な場合があります。それでメタルキャンがあると便利だなぁと。
そう。たくさん作る場合はもっと考えるし、省エネの時代ですからトラジスタにメシを食わせている場合では無いのですが。。。

>小ロット専門という分野もありなのかもしれませんね
「あり」なんでしょうね。メシが食えるかはわかりませんが。(わが社は道楽気味ですが)
試作屋さんという職業もこれに近いと思います。でも彼らはもっとプロです(笑)

投稿: よしどみ | 2005/11/29 21:31:38

こんにちは~。
真空管のようにある程度需要があれば東南アジア等で生産されるんじゃないかなぁ(特許問題は解らないが)。
プレミアが付けば、誰かが作るのでしょうね。

昔はジャンク基盤から部品を採取する時は、真っ先にヒートシンク付のメタルキャンを沢山集めたものです、いまでも多少貯蔵していますが、使おうと思うと雲母が無かったりします(笑)。

投稿: aosam | 2005/11/30 10:32:16

>雲母が無かったりします
秋葉原などに出向かないと入手困難かもしれませんね?
当方に在庫沢山ありますのでご入用の接はお声がけいただければ無償提供います。(笑)

投稿: たいよう | 2005/11/30 15:38:32

よしどみさん、こんばんは♪

昨日はどうもです。又ゆっくりお話出来る機会があればと思います。

「小ロット生産の未来」か~難しそうですな。
って言うかメタルキャンパッケージの意味自体が判らなかったです。
古いトランジスタのような物だったのですね。
そお言えば昔のテレビの残骸やオーディオ機器の残骸にはそのような
銀色の金属カバーのついた目玉形の物がくっついていたような気がします。

常に高度集積化、マイクロチップ化していく電子技術の流れに逆らって古いパーツを使い続ける。
是正に、秋葉のジャンク屋オヤジとお友達になる以外に安定した入手はあまり期待出来ないような気がしますね~。
って言うかよしどみさん、本当に器用な人ですね。守備範囲広すぎw尊敬しますよホントw可能な限り小ロット頑張ってください。

投稿: すぎやま | 2005/11/30 21:21:46

たいようさん、ありがとう。

私もメタルキャン30個在庫、真空管5本在庫しています、つかっていただける方に無償提供してもかまいません。

意外なことに、こういうネットワークが発展すれば問題解決できるかもしれませんね(笑)。

投稿: aosam | 2005/11/30 21:26:34

皆さんPVマニア、電気マニア~。
おかげさまで私も楽しませていただいています。
たいようさんも、麒麟さんも、aosamさんもストックがありそうですね。近い将来、2N3055なんぞもお宝になっちゃうかも。
そういえば雲母もみないですね。アスベスト壁だけはいつまでも穿孔しなくちゃならないのに(汗)
明日はプログラム設定のお仕事なので放熱設計や有害物質からは開放されそうです。やれやれ、師走とはよく言ったものです。忙しすぎ~~~。
aosamさんのおっしゃるようなネットワークは楽しそうですね♪

投稿: よしどみ | 2005/12/01 0:05:23

>2N3055
なつかしいですねぇ。これは超じょうぶい石で手に汗がついててさわったときジュと音がしても壊れないと言う堅牢な石でしたねぇ。今のはこの位の耐熱性は当たり前でも当時は感動物でした。今のは壊れないねぇ。昔はヒューズより速く飛んだものだ。高いのにいちころだったよ。

投稿: 麒麟@尾張 | 2005/12/01 8:43:06

コメントを書く