« 産業用の太陽電池 | トップページ | LED懐中電灯(スーパー環境配慮版) »

2005.11.05

IHクッキングヒーターの値段、量販

太陽光発電とオール電化(エコキュート・IH)はセットで考えられることが多い。
するとこれらをいっぺんに導入する人と、一部ずつ導入する人があることは想像に難くない。ウチがいつも困るのが机上見積でのビルトイン式IHの値段。

定価は25マンくらいするけど、どこの業者でも仕入値がとても安い。
だから書類や工事の手間、材料が皆無に近ければ、定価を貰っていては超丸儲けになってしまう。
例えば作業として既存のIHを入れ替えてお客さんがゴミ処分までしてくれるんだったら、最初から全ての電気的条件が整っているいうことなので、売値は(機種にもよるけど)半額でもいいくらい。ビルトインタイプといえども、コンセント式なので甲斐性のある人には勝手に買って行ってもらって、勝手に据えてもらえばいい。とにかく、既存IHの交換という状況で、しかも取り扱い説明書を読む甲斐性のある人ならば、電話一本、アイヨー~とばかり、売ってあげる。量販店なんかよりはるかに安く提供できる(笑)

一方、既築宅へのIH新設の場合はややこしい。
引き込み線が細かったりして幹線増強、コン柱建てたり、とんでもない連接引き込み、内線が関わったときには、IH+材料+工事が60万もかかることがある。
以前、こんな、恐れていた現場に本当に出くわした。
「余程(珍しい事例)かなぁ」とも思ったのだけれど、リフォーム屋さんとある現場で出会ってIHの話になると、やっぱりひどいときには電気工事が30マンくらいかかったと言っていた。(すると本体を含めて全部で50~60万になりますわね)

となるとIHクッキングヒーターの値段というのは、技術的なことをわからないお客さんには、まことにもって意味不明であって、机上見積なんか、全関係者にとってまるで意味を成さない。

「見積りをくれ~」
「アイヨ!図面くれ~」
「送ったよぉ!」
「なんだかわからんなぁ(図面の情報が少なすぎ)タブン10万~100万くらいです」
「なんじゃそりゃ??」
というIHクッキングヒーター特有の意味不明さが、ますます混迷を深める。
実際に納品をしてみると、
「お隣さんは20万で済んだのに、ウチは40万ヨ~。プンプン!」なんてね。

よく整理してみましょう。どういうことかっていうと、「工事が伴う商品」っていうのは、一件一件労務と材料が違うわけ。

内訳を考えると
●商品本体
●材料費
●工事費
大抵のお客さんは商品本体のことしか考えていない。
ところが、商品を動かすのに、その周辺材料費が商品よりも高い場合もあるし、工事費もそう。IHクッキングヒーターの場合、材料費や工事費の費用が現地を見ないと何ともわからないのは、大きな問題だと思う。
でもこの問題の中身は電気というものが素人にはとても難しくてややこしいからに尽きる。

これが例えばカーポートやウッドデッキだったらまだ簡単。
近隣への建柱用借地交渉とかインフラたるトランス増強なんておかしな場面はありえないし、場所さえあればやれる。
少々ややこしいことがあっても、現場の労務費の差くらいしかない。

また、
建設業は材料費3割と言う。
ところが電気モノは(重電や弱電はさておき)材料費5割くらいする。
しかも電気はエクステリアものなどと違って、ややこしい公的な書類が付きまとうし、工具も高いし、経費が大きい。(太陽電池をやっていても思うんだけど、屋根に太陽電池を載せる工具維持経費は電気工事道具維持経費の1~2%くらいじゃないだろうか??電気工事はそのくらいモーレツにややこしい道具がいっぱい要る)
こんな実情はお客さんにとってどうでもいいことだし、理解してもらうなんてまるで無理。
単なる高い安いになっちゃう。すると、ごまかしたモン勝ちになりがち。

ここに来てIHなんていうのは本当にめちゃくちゃだ。
業者の儲け云々よりむしろ、仕事内容のごまかし方の問題が大きい。
同じ請求額でも、やるべきことをやらない方がうんと儲かりますわね。
でも、マトモな仕事をする場合はそれ以前に、現地状況が費用を決めてしまう。

素人さんのためにお話します。
IHクッキングヒーターは、本体は安いです。
でも法適合するための工事は現地に行かないとなんともわからないのです。
「10万~100万円の間です」という乱暴な説明こそ親切な机上見積かもしれません。

素人様のために、もう少ししぶとくIHのことをお話しましょう。
IHは、瞬間的には、4人家族の家一軒分くらいの電気を食います。
電気を水に例えてみましょう。
水を一瞬で多く流すには、太いパイプが必要です。
パイプはあなたの家族以外の外界につながっています。
すると●太いパイプを用意すること●あなたの家が大量に水を使うことで外界(御近所さん)に迷惑をかけないことが必要です。パイプを太くするには地面を掘り返さなければなりません。細いままでは破裂してしまいます。あなたの家ばかりが大量に水を使うことでご近所がトイレの水も流せないようになってはいけません。公的な技術協議と対策も必要です。
電気も同様です。
するとパイプたる電線の太さが細い場合には太いものに張り替えなければなりません。電線が太いと垂れ下がりますので間に電柱や小柱を一本建てる必要が生じる場合もあります。電線が細いと過熱により火事になります。だから高くてもやらなければならない仕事は、やらなければならないのです。

以前、こんなことがありました。
「エコキュートの工事をして欲しい」
「アイヨッ!」
現地に行くとなんとIHのぶんを基本料金分、盗電工事をしてある。しかも幹線が細すぎ。
参ったなぁ。電力に叱られるわぁ。。。ウチのせいじゃないのにぃ。。。放置しておいたら燃えるかもしれんし、自分の仕事だけして帰ったら、事故時にウチのせいになるやろうなぁ。。。
「エコキュートの工事をする前に相談させてください」
「なんだ」
「このIHのつなぎ方ですと、悪い言い方をすれば”泥棒”になってしまいます。どこの工事屋さんがやったのかは知りませんが倫理・道徳的に??安全上も。。。」
という感じで私は(お客さんにとって)意味不明なことを言いました。
「お前のところより一流のところに頼んだ。ギ○スだぞ。何がいけないんだ。」
。。。量販店の仕業かぁ。やられた!年に何回かは量販のケツ拭きがあるんだなぁ(泣)
量販の工事屋って9割は無免許。まぁ、ああでもしないと量販的な”安さ”は演出できない。また、間違った仕事がしてあってもとりあえず稼動するのが家電品のややこしいところ。そこに給電する経路についてはメーカーも面倒見切れないし。
「安くやってもらった~嬉しい♪~量販は正義!!」
ちゃんとやってくれて安いなら正義だけど、僕らから見ると、ルール違反バリバリだし、危険がアブナイ。あれは、そのぶん逆に割高じゃないか??年がら年じゅう、こういう場面があると量販家電店を憎みたくなってくる。

電力会社は確かに製造業の中では成績がいいし、儲かっているけど、彼らを騙すのもひどい。。。(一方で「IHの工事費はマトモにやると高い場面があるからこうやって電力会社を誤魔化すのかぁ。勉強になったなぁ。」でも脱税みたいな嫌な気分)
「そうおっしゃっても、いけないものはいけないし、マズイものはマズイです。。。」
「口答えする気か!」
おろかな私は2日間お客さんの説教を端座清聴しました。
私の余計な正義感はタダの赤字を生むだけでした。
アホです。
でも何が正しいのだか、本当に混乱します。プロとして恥ずかしいことですが、「ウソ工事をやるのも仕事(営業活動?)のうちなのかなぁ??」と思い始める自分を情けなく思います。技術的な仕事なんていうのは、知っている方が損。出来るほうが損だと思います。

11月 5, 2005 太陽光発電の技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/6900888

この記事へのトラックバック一覧です: IHクッキングヒーターの値段、量販:

コメント

まいどさまです。
お客との間に信頼関係が構築できない場合又は、お客が明らかに業者をバカにしている場合は、自分に責任の及ばない範囲で最低限の仕事しかしません、もちろん正義感も軽く殺します、全ては信頼関係が前提ですから。

電力会社の受益者負担の原則から、お客が負担金100%を求められるケースがたまにありまが、受益者って電力会社も含まれるのでは?とたまに思うことがあります。
そのことをお客に告げると「お前は電力の回し者か!!」とお叱りを受けます。
最近は、私が一銭にもならないことで叱られるのにも慣れましたし、その叱り方で相手の人格というか人間性が判断できるので、こちらもそれに対抗した仕事をするだけです、それは殺伐とした虚しい作業です。
でもそれが仕事の全てではありませんから、信頼関係が良好な時には、いい仕事をしようではありませんか。

投稿: aosam | 2005/11/05 17:18:54

aosam さん、こんにちは!

さすが、大人なコメントですね~♪

「信頼関係」これホント重要なポイントですね。

「こちらもそれに対抗した仕事をするだけです、それは殺伐とした虚しい作業です。」

確かにビジネスとして割り切るとそおせざるを得ない場面が多々ありますよね。

元を正せば我々営業サイドが受注時点である程度そお言ったトラブルに見舞われないようお客さんをスクリーニング出来れば良いのですが、そおも行かないのが現実世界ですので、しょっちゅう現場サイドと衝突しては、客先のフォローアップに追われております。

投稿: すぎやま | 2005/11/05 17:26:48

思い起こすままぐちゃぐちゃに書いたものをお読みくださり、ありがとうございます(汗)

aosamさんのコメント、何でもかんでも深~くうなづいちゃいます。
「相手の人格というか人間性が判断できるので、こちらもそれに対抗した仕事をするだけです」ウンウン。わかるわかる。人間だもの。自身、時々悩むんですが、不公平じゃないですよね??相手がひどいことをすれば、やる気ナッシングand義務の遂行モードでのお仕事もあっていいのかな。
「それは殺伐とした虚しい作業です」まったくもってその通りです。気持ちよく仕事しようと思って親切を申し出ても、短気で疑り深いお客さんは、勝手に誤解を深めることがあります。こっちは冷めたコーヒーの泥沼でぼんやりするだけです。悪いこともしていないのになぁ。。。なんでぇ。そんな場面、どうしても、あります。

投稿: よしどみ | 2005/11/05 20:35:09

こんにちは
私も電気についてかじったことがあるのですが、IHに幹線の増設とか、知らなかったことがいっぱいありました。電気のことを何も知らない方が、何事も無く過大な付加を掛けて、インバーターを壊すこととなんら変わりませんね。
また、車で、バッテリーのことを知らず、エンジンさえかかればよいと、過放電状態で酷使して、肝心な時にエンジンすらかからない状態で呆然とする車の持ち主。いずれも、今という場所しか見ていないのか、その場しのぎの対応で済ませる方が多くなったようにも思います。もっと早く対応すれば、こうすれば予防できるといっても無駄な方も多くいますね。
私の家でも、バッテリーすら充電せず、交換する頻度が多い車があります。指摘しても、(じゃあやっておいて)これで終わりです。当事者が、自分の車の整備すら関心を持たない。でも、ガソリンだけ入れるのです。=ガソリンないと、動かないから。
エンジンかからなくても、同じことなのに、今のことでないので関係ないような様子です。その癖、かからなくなると大騒動。そして、無用な作業に手伝わされる。仮に、バッテリーがだめになっても、交換しても、またそれの繰り返し。泣けてきます。
ふと思うのですが、正解か不正解に関係なく思い込みが強い方はとにかく強い。こうだと思い込んでいるかた梃子でも動かない。
そもそも、量販店が、安い事でしか、競うことが出来ないことと、会社が儲かっても賃金が上がらないという構造的なことが、起因していると思います。本来は安さではなく別の事で競うべきです。
(工場で価値があるものを作っても量販店が価格競争を名目に、価値を目減りさせている。)
とあるMDCDコンポでは、初期型であるものが、後継機になると、目に見える変化がありました。保護回路が省略されたり、コードが細くなったり、低音用のバスレフダクトが無くなったり、スピーカーのデザインや形状が簡素化されたり。
中のことは分かりませんが、目に見える変化がありました。

投稿: ブルースカイ | 2005/11/05 21:05:56

いやぁ。ブルースカイさんもこんなごちゃごちゃしたものを読んで下さってありがとうございます。

「交換しても、またそれの繰り返し。泣けてきます。」
モノの大切さ、モノと私達の社会と環境と。。。お金で全てが済むと思っているとこうなるんでしょう。悲しいですね。

「こうだと思い込んでいるかた梃子でも動かない。」
思い込みの強さって、うっかりすると損にまで通じますよね。私もその一人かもしれないと反省しました。

「量販店が、安い事でしか、競うことが出来ないことと、会社が儲かっても賃金が上がらないという構造的なことが、起因していると思います。本来は安さではなく別の事で競うべきです。」
私も量販に関しては、法律違反を含めて「隠れた社会問題」だと思っています。でも一人ひとりの社員さんや、請負工事人のことを思い浮かべると、”生活してゆく”ということは、泥臭い営為を背負うことなのかもしれないと思いました。
私は好きなことを真心を持ってやって、それで(何故か)食えています。私の努力や執拗さもあるとは思いますが、これは人生において余程のまぐれだと思います。だから他者のことをやたらに責めるのもイカンような気もしています。でもやっぱりいけないことはいけないし、正しいことは正しいと思います。

いっぱい、いっぱい、深いお話をありがとうございました。

投稿: よしどみ | 2005/11/06 2:22:52

こんばんわ~。

あんまり持ち上げられると照れます。

昔に比べ、「金払ってるからやるのは当然」とか、「安さは正義」みたいな、金、金、金の社会になったことと、やはり、ブルーカラーの地位が低いことがこの問題の根にある。

「信頼関係」は、けっして一方的なものでないし、お客様も別な分野の職業ではプロのはず、我々電気屋もプロですから職業格差がなければ、特定職業のプロを軽視する行為は社会人として失礼極まりない。
それを許してしまう、我々電気屋はなんて素晴らしく寛容なのだろう?(悟りの境地かも)。

投稿: aosam | 2005/11/06 19:25:49

こんばんわ。
電気屋さんは、いつも苦労されているのですね。社会が、人よりお金に傾きつつあるので、
同じ内容なら安いほうが良い=安さは正義となってしまいます。(同じ内容というところがキーワードなのですが、、)
電気店の説明不足のおかげで、器具を設置するだけと思い込んでいます。そのことが、トラブルの引き金になっていると私も思います。
(購入時にしっかりとした説明責任を果たしてほしいものです。)
あと同じことを伝えるのでも、やんわり伝える方法も有効と思います。
利用者は、内容などが一切分からないので、
説明に意識を集中していて、気になることや分かることは聞こうと思っていると思います。
例え事実であっても、きつい言葉を聞くと、内容に関係なく、傷をつけられたように思うことがあります。仕方ないなと思ってもらえるように努める方が良いのかもしれません。
(例えば、新たに消費電力の大きい器具を加わえますと、今の配線では、消費電力の大きい器具を追加しますと電気を安全に使うことが出来なくなります。など、さわりだけ触れる程度でも良いと思います。)
理解出来る方に、誠意を持ってお知らせする程度でも良いと思います。いくら他のことが専門でも、一般の方と同じです。
でもプライドがあるので、傷をつけ無いようにした方が円滑に進むと思います。
(本来は事実を伝えるのがベストのはずですが、時と場合によります。)
やはり、人をほめることは難しい。いろんなことが分かっていて、心にゆとりがないと出来ない。ではまた。


投稿: ブルースカイ | 2005/11/06 21:47:42

コメントを書く