« モノゴトの値段と社会を考える | トップページ | 複数台連系への対応 »

2005.12.20

ウチは何して食っているのか?

ヨシドミさんのところは、ガサガサとたくさん売っているわけでも無いのに、どうやって食っているの?同業者様からよく聞かれるので答えます(笑)

回答:
なんとなく、淡々と食えています。儲かりもしませんが、ウチの”商売っ気無い商売”のファンなる人が居ます。まぁ、技術を買ってくださっているわけです。これをウチでは「逆訪販」と言っています。
実に、お客さんの方から問い合わせて下さったり、ご訪問してくださったりというシーンも多いです。ケチな話をすれば、同内容で比べれた場合、訪問販売より100万、うっかりするとそれ以上は安いことがあるようです。まぁ、同内容をきちんと比べることが出来るのはかなり技術力のあるお客さんですが。。。
(単に、”KW単価という意味不明なパラダイム”では「高い」と文句言われたりしてます)

私達も、せっかく弊社を指名してご相談くださるのですから、調子に乗らず、利益は最小限に。設計工賃と工事工賃だけしっかり頂いて材料はほぼ無利益出荷くらいにしています。また、メーカーさんやコンサル先様にも支えていただいています。これも粗利益としては家賃や車両維持費くらいにはなっているかもしれません。儲かりもしませんが、落ち着いた仕事が出来ますので、弊社メンバーや協力会社のHAPPYも得られます。

同業者の皆さんからすれば、そんなんでメシ食えるのかぃ?とお思いかもしれません。
たいしたこと無いようですが、意外や意外、信用とネットワークによる食い扶持は気が付くと5千万くらいの売り上げになっています。税引き後の利益は知れていますが、わが社の役員は所詮、私と嫁はんと二人。「お客さんに喜んでいただいて、あとあとの面倒を見ることが出来て、自らも食えれば良い」という感じなので、今後もこんな感じでしょう。家を建てようとか自社ビルを建てたいとかベンツを買いたいなどという野望があると、よほど儲けないとイカンのですが、まぁこういう商売もアリでしょう。趣味人たる私にとって、太陽光発電は、お客さんと一緒に楽しんでナンボだと思うのです。

どうでしょう。儲けないから楽しくなる場面もあると思うのです。
経営者だって、人間です。
その生活にそれほどたくさんのお金が要るでしょうか?
誰もがメシ食ってクソして寝るという点では同じです。
こんなものは慾を言えばキリがありませんし、私達にはどーでも良いことです。
(ゼニ稼ぎはきっと飽きると思っているのです)

その代わり、私達には、お客さんと私達という上下関係はありません。
お客さんは欲しいものを確かな内容で買う。私達は必要な設計工賃と工賃だけいただく。
物販の利益なんて要りません。
私達は枕を高くして眠れるのが一番ですし、お客さんも空疎なメーカー保証やスマイル0円よりも実内容が欲しいはずです。
お互いのHAPPYがそこにあれば良いと考えるのです。
そして、これが気に入らない人も居れば、気に入る人も居る。

ウチを面白い業者だと思ったら徹底的に遊んでください。
そうでなければ、徹底的に嫌ってください。
ウチは淡々と働きます。
それが私達の仕事ですし、何故だか、そうやって食えています。

12月 20, 2005 私の話 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/7704037

この記事へのトラックバック一覧です: ウチは何して食っているのか?:

コメント

こんばんは!どうもお疲れ様でした。
「どーやって食ってるの」と聞いた一人です。

ヨシドミスタイルを貫いていただきたいファンの一人だと思っています。とにかく、わかりやすいの一言に尽きると思います。

お互い楽しく、枕を高くして寝ましょう。

手法は違っても求めているものは近いと感じているのは私だけでしょうか。

面白いと思っているので、存分に遊ばせていただいております!

投稿: なっちゃん | 2005/12/20 1:36:54

昨日お会いできて、感謝w。
感じてたような堅物の方では、なかって・・・(謝)

面白くなけりゃ仕事をしている意味ないですね。

お互い十分楽しみながら、遊び(仕事)しましょう!

投稿: 屋根屋 | 2005/12/20 9:04:58

屋根屋さん、なっちゃんさん、こんにちは!
昨日はどうもありがとうございました。
独り、あるいは一社が何でも知ってるなんてことはありえないから、お互いに勉強になりますね。
今後ともよろしくどうぞです♪

投稿: よしどみ | 2005/12/20 10:27:07

よしどみさん、こんばんわ。
実は、しっかりと理解してくださる方がたくさんいて、支えられていることがよく分かりました。
同時に、高い技術と確かな仕事、適正な値段を維持していることが評価されているかもしれませんね。
確かに儲けるには、いろんな無理が生じやすいですが、生きていく程度に稼ぐには、方法しだいでは無理をする必要が少なくなりますね。
ではまた。

投稿: ブルースカイ | 2005/12/20 19:02:33

生きてゆく程度の金は知れてると思います。
でもわが国にある将来に対する「漠然とした不安」は全世代のものです。困ったことです。
この不安がもう少し落ち着かないと、金を貯めないとどうしようもない人々ばかりになるでしょう。うっかりするとここから「無理」が出ます。
気持ちの上では、私もそのひとり。
だから、時にはうまい話に浮き足立ちそうなこともありますし、カネと保身を考えることもあります。
でも、ぐっとこらえ、なんとかココロを鎮め、意識的に落ち着きを持ち、出来る限りのことをやってゆこうとしています。いつも途上です(汗)

投稿: よしどみ | 2005/12/21 22:50:52

よしどみさん、こんにちは、
まあ国に問題が無くても、漠然とした不安は尽きないでしょう。不安を持つ方は、恐らく手元にたくさんのお金をためればよいと考えるでしょうが、私は、お金の価値が変動する方が、現実的な問題となっていると思います。
表立っているわけではありませんが、長い目で見れば、確実に長期金利が上昇すると思っています。(大きな金利上昇が起きれば、確実に破綻しますから、いずれ大きなうねりが起きるでしょう。)
仮に、赤字財政を継続しながら、一方で、歳出削減+増税をせず、給付額を下げずに年金を支払うと、10年程度たったころは、表面化するでしょう。
仮に回避できたとしても、強制的に、通過に切換か、お札を大量にすることなど、人為的なインフレ政策が行われることは充分考えられます。(年金は一定額を支給するとした場合、お金の価値はあまり関係ない。現に、物価スライドは極端に小さく抑えられているので、確実に乖離してくるはずです。)
それ以外に環境リスクがあるので、多くのリスクを抱えていることは間違いないような気がいたします。
あまり資金がありませんが、対策として、投資信託(複数に分散させる)や、株式あたりに投資をしています。また、いろんな事態に備えることも、ある意味で先行投資なのかもしれませんね。ではまた。

投稿: ブルースカイ | 2005/12/23 17:30:20

コメントを書く