« ある製品についての考察メモ | トップページ | 解氷って業者がやることもあるんですね。 »

2005.12.23

テメー騙したな!と言われないために

●地球資源論と温暖化論から見た電化(オール電化)

大真面目に計算してみると。。。

IHクッキングヒーターは環境にはよろしくないです。
エネルギーを使いすぎます。
これはガスや灯油と比べると、一目瞭然です。
使用時のエネルギーのみならず、機器製造にかかるエネルギーも多いでしょう。

食器洗浄機も家庭用はまず、環境にはよろしくないです。
湯接続の場合に辛うじて「悪くは、ない」程度になるくらいです。
自治体や地域にもよりますが、上水には莫大なエネルギーが投入されます。
すると、節水は環境を考える上で大きなテーマです。
でも、湯接続の場合ですら、製造時・廃棄時の負荷を考慮すると、微妙なところで「買わないほうが環境に良い」と私は考えています。
水接続の場合にも環境に良い、節約であるというのは、完全な広告の読み間違い。
実際は手間が節約になるというのが真実でしょう。
水で漬け置き洗いするか、新聞紙で皿を拭いてオシマイ、が一番です。
今の時期はストーブにのせたヤカンの熱湯で漬け置きするのが良さそうです。
夏は、水でも十分きれいになります。汚れに対してどのくらい神経質になるかというのもありますが。

ということでIHや食器洗浄機は、環境は環境でも、「キッチン環境に良い」というのが本当の売り文句です。
地球環境面では大いに?????です。疑問符を100個贈ります。

●地球資源論から見たエコキュート

エコキュートはGOODです。
COPが3もあるのはいい。
しかし、長持ちさせることが大事。
ガスや灯油機器と同程度しか持たない場合、本体と工事とに要する資材量・エネルギー量が大きすぎる気がします。ガスや灯油機器の倍以上は施工の際にCO2を排出します。
ロジスティックス然り、工事車両の往還然り。せめて貯湯槽だけでも15年は持たせたいものです。そうしないと従来熱源機器を大切に使っていたほうが環境に良いという転倒現象が予測されます。
長持ちさせるためには、きちんとした水道工事が必要です。
今時期かなり管凍結のクレームが多いようですが、安く買おうとすればこれは仕方ないのでしょう。寒冷地を除き、多くの場合、ヒーター工事は省略の対象です。
本州太平洋の人も銅管工事にして電気溶氷機のお世話になりますか。
でも東京や名古屋辺りでは売ってないですね。

●原発と地球温暖化防止の矛盾

原発との関係を見ますと、IHもエコキュートもダメでしょう。
オール電化なんていうのは、夜間電力の利用を推進するわけですから、原発推進行為です。中部電力などはまだLNGの率が高いですけど、世界最大原発(柏崎刈羽)の東京電力や関西電力の夜間電力は放射能だらけです。
それをわかっていないと、原発反対の人にも売ってしまう過ちを犯してしまいます。

私は原発の是非をしっかり言えないので、弊社はチームマイナス6%に入っていません。
CO2は減らすべきかもしれませんが、この政府広報は原発推進の道具とも見なせます。
あちらを立てればこちらが立たず、の典型例だと思います。

あまり濃い話しをすると全てのお客さんが逃げてゆくのでこのくらいにします(笑)
オール電化は経済的ですし、快適です。
しかし、その社会性については??
私はよくわからんなりにやっています。

12月 23, 2005 環境・エネルギー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/7796914

この記事へのトラックバック一覧です: テメー騙したな!と言われないために:

コメント

こんばんわ~。

我が家のエコキュートは寒冷地仕様で、念のため配管にヒーターを巻いてますが、外気温を検知してタンクの温水を定期的に循環させるようにして凍結を防いでいます(もちろん効率は落ちますから管の断熱を良くするのが基本です)。

電気屋さんの中にも「オール電化は全てにおいて良い」的なことを本気で言っている人がいるのが不思議です。
こちらでは、電気暖房(20Kw程度)も含まれるため、建築時の設備費が安く収まるから、住宅メーカーも薦めるのはわかりますが、10年後とかに都市ガスを使いたくなった時に負担金が高額で困惑している場面によく遭遇します、エネルギーを1本化するメリット、デメリットを住宅メーカーがきちんと説明すべきだし、消費者も金銭面だけではなく勉強すべきです。

「チームマイナス6%」~雰囲気だけで省エネしよう(あくまで私の主観です)というのはちょっと違和感があります。
芸能人や政治家が顔を並べていますが、もっと真剣にとりくむべき課題と思います。

また言い過ぎてしまいました、、、反省。

投稿: aosam | 2005/12/25 19:55:02

aosamさんこんばんは。
屈託のないご意見をありがとうございます。
チームマイナス6%。の心意気はいいんですけどそこから予測される未来がねぇ。。。
私達のように疑い深い者に対しては、もっと詳細な説明が要るんじゃないでしょうか。漫然とやっていても地球環境全体にとってはどうなのか。これはちっとも科学的に立証されているとは言えないと思うのです。
原発反対!!と声高に叫ぶつもりもありませんが、チームマイナス運動の裏に見え隠れするものを見てしらけてしまうのは私だけでしょうか。

投稿: よしどみ | 2005/12/26 0:21:00

よしどみさん、こんばんわ。
確かにオール電化は、エゴロジーの固まりになりかねません。一方、新潟で起きた停電等が起きると、エネルギーがひとつ=電気が無いと何も出来なくなる。という非常にリスクが大きい選択肢と思います。
家庭内で電気を使う状態では、環境を汚しませんが、代わりに汚染してますしね。(電気を起こす時点から、自然エネルギーなどで自給している場合を除く。)
同じくチームマイナス6%は、くだらないので、参加する気も全くありません。(要は、企業価値向上を狙ってに協賛する企業がある程度かと思います。)
レジ袋運動は、効果が明確になるだけはましかもしれませんね。(レジ袋一枚でどれだけ節約できるのでしょうか。)でもよく考えると、買い物程度に、ガソリン車を走せる。主婦が多く、そちらのほうがよほどか環境にやさしくないと思います。
私は、できる限りガソリン車での移動を電気自動車に移すことで、環境に与える負荷を減らすことにします。でも、商用電源の夜間電力を使うと、確実に原子力発電を使うに等しいので、その点は、電気自動車のデメリットかもしれません。
CO2は、発電効率と、発電方法によって変化するので、一概に比較は出来ませんが、有害物質は確実に減らせますから。ではまた。

投稿: ブルースカイ | 2005/12/28 23:38:34

エコとエゴですか。
良いところ取りをしたのがロハス層だという説があり、妙に納得したことがあります。
価値論はいずれとして、日本人は意識するとしないとに関わらず、もともとロハス的な生活者が多いように感じます。

「電気が無いと何も出来なくなる。という非常にリスクが大きい選択肢と思います。」
これは、そのリスクの具体的内容を考察する必要もあると思います。停電時の煮炊きに関しては一台の卓上コンロで済みますから、十分な注意深さを持って移行する分には問題ないと思います。非常時に灯りや水が苦しいのはどのようなエネルギー源を使った生活をしていても同じでしょう。エコキュートは水が得られるので便利かもしれません。貯湯タンクが倒壊したらそれまでですが。

ただし、いずれにせよ、電化は原発の依存度を高めますから、これが世のために良いかどうかは別に考えなければなりません。

投稿: よしどみ | 2005/12/29 1:58:34

コメントを書く