« スイス製品が熱い!! | トップページ | 風力発電機 Bergey-XL1 »

2006.01.04

Prices

太陽光発電と値段の話。(不定期コメント)

どうも、世界的に太陽電池の値段が上がってきましたね。
シリコン不足の影響をモロに受けた格好です。
需給が需要過多サイドに崩れればこうなるのは当然です。
http://www.solarbuzz.com/ModulePrices.htm
数年以内に安くなるかって?
そりゃないでしょう。新技術を報ずるマスコミ報道(研究室レベル)と商業化品とは、時間的に大きなズレがあります。

インバーターはこんな感じ
http://www.solarbuzz.com/Inverterprices.htm
ヨーロッパで微増しているのは、高付加価値化の流れを受けてのこと。
発電量をPCカードみたいなのでロギングして取り出せるのやら、各回路バラバラMPPするSMAみたいなメーカー品が売れているからだと思う。
米国はXANTREXくらいしか無いのか、わが国とトレンドが変わらない。

バッテリはこんな感じ
http://www.solarbuzz.com/Batteryprices.htm
Lead-Acid Batteryの原材料、つまり鉛の価格が高騰しているのでこんなもんでしょう。
ベトナムで再生鉛の価格が高騰しているのでわが国のマテリアルリサイクルの構造まで狂っているとも聞きます。値下がりするほうが変でしょ。
そうそう。最近、国内で米国製鉛蓄電池がよく売れていますが、あれはマーケティングの勝利です。”AGM”という売りに惑わされることはありません。
本当は品質バラつきが少ない国内品の方がお得です。メイドインジャパンをもっと応援してあげましょう!!まぁ売る気がない日本メーカーも悪いんですけどね。

チャージコントローラはこんな感じ
http://www.solarbuzz.com/Regulatorprices.htm
これもまぁ、MPPTなど高付加価値化の流れに拍車がかかっています。
SHSの市場はまだまだ小さいとは言え、各社頑張っています。
RS232を通じてパソコンにデーターロギングできる機種も増えていますね。
W単価が高くなったというより、高付加価値化の流れとして捉えるのが自然でしょう。
日本の消費者は贅沢だからMorningstarのチャーコンなどがウケていますが、世界的には、ミテクレがバッチくても安くて面白いチャーコンが世界的には売れているように感じます。

ちゅーことで、インバータを除き、全分野で値上がりしていますね。
米国のインバーター価格に大きな変化が見られないのは、トランスレスの独立型用小型インバーターの値下がりを受けているからでしょう。連系型のはどちらかと言えば安くなっています。日本のは、変わらず。(性能はいいけど面白くないかも)

気が向いたらサマリーを読んで見てください。

1月 4, 2006 住宅太陽光発電システム |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/7989966

この記事へのトラックバック一覧です: Prices:

コメント

A HAPPY
NEW YEAR

コメント有難うございました

少し遅くなりましたが
今年も一年よい年でありますように
これからもよろしくお願いします。

投稿: 屋根屋 | 2006/01/06 10:00:47

屋根屋さん、今年もよろしくです。
お互いに良い年となりますように。。。
いい仕事しましょう!

投稿: よしどみ | 2006/01/06 23:17:23

コメントを書く