« 週間ダイヤモンド06年2月25日 | トップページ | 値上げ攻勢、昨今の製品の様子 »

2006.02.27

20年前の冷蔵庫の消費電力(続き3)

20年前の冷蔵庫の消費電力(続き3)です。
ちょうど365日の半分、つまり6ヶ月が経過しましたので報告します。
表示が154kwh、検定時に12kwh回っていましたので、
154-12=142kwh
計量法による誤差は検定品の場合。。。じゃなかった資源エネルギー庁による実調査から見られた、使用開始から2年以内の検定品の誤差が、約±2%ですので、
142*102=144.84
142*0.98=139.16
上記の範囲になるでしょうか。
想像した値の約半分です。(年間約600と想定していますので半年では300)
ただし、このデータは9月~2月という冷涼な半年間での計測ですので数値は参考程度にしかならないことに注意すべきです。
実際はあと半年を待つ必要がありましょう。猛暑の夏を過ぎてみるとやはり当初の予想通りかもしれませんし。
いずれにせよ、理屈やウワサやまた聞きの情報を振り回すのも楽しみとしては悪くありませんが、真実を知るには、実際に自らの手によらないとならないことばかりです。

参考までに前々回の記事を下記に引用します。

以前紹介した20年前の我が家の冷蔵庫、続き。

http://pv.way-nifty.com/pv/2005/09/20_e382.html

調べ始めて30.5日を量ったので、これでヨシ、とばかり電力量計を見ると、50KWh/月となった。季節による外気温差があるだろうけど、とりあえず12ヶ月分の12倍で一年の見当をつける。すると年間約600KWhなので年間消費電力150KWhという最新型冷蔵庫4台分の消費電力を食っているということになる。一ヶ月連続できちんと積算したら前回予想時(5台分)よりも少ないことがわかった。

また、aosam氏のご指摘どおり、JIS表記にはデフロスターの電力が加算されていないので、改めて手元機種のJIS表記を調べると25KWh。実測値は50KWh/月だから倍だった。(冷媒も少々抜けているのであろう)
でもコイツもJIS表記で比べて行くと、300KWh/年だからいまどきのJIS表記トップランナー150KWh/年と比べても2倍、あるいは2倍とちょっとの消費電力しか食っていないことになる。

ここで再びシナリオを精細化し、次のように決め付ける(笑)
●いまどきの家電は10年も耐久しないが、戦車級に頑健な手持ち機種は既に20年稼動。
●大目に見て新規購入の冷蔵庫は12.5年耐久として、2018年に壊れる。(あやや。。。買おうと思った機種を調べてたらこれは隠れリコールだらけだった。素人の寿命予測も悪くないでしょ?)
●古いほうはあと5年のイノチと決め付ける。つまり、2010年に壊れる。
●面倒なので、電気代も冷蔵庫代もいずれの物価上昇率も考慮しない。
●とりあえず、公倍数の都合から2030年時点を予測する。
●ノンフロンの爆発リスクをマイナス5万円/台とする(不安全は主観で価値決め!)
●新冷蔵庫の購入代金を10万円とし、上のリスクを含めて15万円/台とみなす。今後の25年間は、合計10万円分ドキドキしよう。年4000円のドキドキなら妥当でしょ。
●新冷蔵庫の2回目の消費電力はいまどきの最新型と変わらないとする。何故なら、断熱などの基礎的技術の進歩はそんなに早くないから、大抵の家電商品の省エネ度はまもなくほぼ平坦になるはず。また、今現在少ないものがより少なくなるのは、大きなものが減るのと比べて相対的影響度が低いから。

ということで次の2つを比べることにする。
★古いのをあと5年使ってから、新しいのを1.5回買い替え(シナリオ1)
★新しいのを買って12.5年でもう1回買い替え。都合2回の買い替え(シナリオ2)

2030年まであと25年。するとこのシナリオ1なら5年*300と150*20の和=4500が電気使用量の係数と見なせる。あえて係数と見なすのはJIS表記が怪しいから。
シナリオ2は、150*25=3750。
二つのシナリオの差は、新規購入冷蔵庫0.5台分の差と係数差750であることの二つ。

さて、イニシャル+ランニングコストを比べて見よう。
本体費用のことを考えると、シナリオ1は0.5台分、つまり15万*0.5で75000円ぶんイニシャルコストが少ない。
電気代の方は、係数差750に掛けるのを22円~デフロスター分合わせて44円としようか。まぁ画期的な断熱が施されているイマドキの冷蔵庫は倍も食うはずが無いけど彼らの立場を見て上げて彼らに有利な倍とする。
するとシナリオ2の消費電力は16500~最大でも33000円ランニングコストが少ない。
どうやらお金のことだけ考えると、シナリオ1によって、古いのをもう数年は使ったほうが良さそうだ。せいぜい、トントンかな。意外な結論でしたね。

本当は環境のことを計算したいのだけれど、またまた難しい。冷蔵庫のLCAがどうしてもわからない。でも、メーカーが言う「省エネ型に買い換えるのがお得」というのは時と場合によって、「どうやらそうでもない」ように思った。おトクそうに見せて消費を確保し経済が落ち込まないようにしながら、エコを薦めることの難しさはこうしたところにも現れている。やっぱり「持続的発展」なる環境キーワードの自己矛盾を感じてしまうばかり。

続けて、ECCJ(省エネルギーセンター)のサイトを見ながら次はカタログなんぞを見て居るとなんと次のようなニュースを発見。。。意地でも今の冷蔵庫を生き延びさせてやる(笑)

リンク: >冷蔵庫の消費電力、最大でカタログの4倍 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

冷蔵庫の年間消費電力量がカタログ記載の電力量に比べ最大で4倍になるケースがあるとして、経済産業省資源エネルギー庁は今月末から、電力量の測定方法の見直しを始める。 家庭での使用実態に合わない測定方法が原因と見られる。 同庁は「消費者に誤解を与える表示を今年度中の早い時期に改めたい」としている。 家電メーカーなどで組織する日本電機工業会(東京)によると、「カタログ表示より電気代が高い」など、冷蔵庫の電気代に関する消費者からの苦情が昨年から寄せられるようになった。各メーカーが調べたところ、多機能型冷蔵庫を中心に、カタログ表示と実際の消費電力量に差のあることのあることが分かった。

 日本消費者協会(東京)が行った商品テストでも、検査した400リットルクラスの冷蔵庫6台すべての消費電力量がカタログ表示の約2~4倍になった。

 カタログ表示と実際の消費電力量がかけ離れている要因として、日本工業規格(JIS)に基づく測定方法が指摘されている。JISでは冷蔵庫の消費電力量を、〈1〉壁から30センチ離して置く〈2〉温度調節を消費電力が最も小さくなるように設定する――などの条件で算出。日本消費者協会で商品テストを担当している伊藤文一さんは「家庭での使用状況や設置条件を踏まえておらず、実態を反映した数値は出にくい」と指摘する。また、冷蔵庫が多機能化し、測定で考慮されない機器を増設した製品も登場。資源エネルギー庁は「測定方法を定めた際に想定しなかった機能が加わり、表示と実態に差が出た」と釈明している。

 28日から始まる経済産業相の諮問機関・総合資源エネルギー調査会の電気冷蔵庫等判断基準小委員会では、庫内に食品を入れたり、これまで対象外だった機器を考慮したり、実態に即した方法に改める。

(2005年9月24日16時9分  読売新聞)

2月 27, 2006 私の話 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/8855632

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前の冷蔵庫の消費電力(続き3):

コメント

よしどみさん、こんばんわ。

トップランナー、家電リサイクル法、PSE法、趣旨は解らなくも無いが、どうも腑に落ちません。

私も「持続的発展」という、邪念が入ることにより制度が歪んでいるように感じます。

家電を修理したらその人に故障時の責任がかせられるのは当然としても、その人が製造者になるので、1回の修理のためにPSEの承認を得る(最低38万円)ことは事実上不可能なので、修理はメーカーにしか出来ないということになります、そうなるとメーカーは安易に修理不能と回答するでしょう、使い捨てを促進するような法律って、どうなんでしょう?。

投稿: aosam | 2006/02/27 19:08:23

aosamさん、教えてください。
PSEの承認というのは何でしょうか? 
昔々、修理で飯を食っていた時期があり(量販店の修理専属担当として家電品は全て手がけました)初めて聞く用語です。

投稿: たいよう | 2006/02/27 21:10:07

失礼しまし。検索した出てきました。比較的最近のものなのですねhttps://www.jspa.gr.jp/pse/index.cgi

投稿: たいよう | 2006/02/27 21:21:18

悪法PSEは果たしてどうなるやら。。。
新規製造品における安全や環境への取り組みは最優先ですが、今の包括的な制度設計は、手持ちの少なからぬ有用品を否定してしまう側面が強く、制度化前の”見落とし”をを疑います。
ゴミ処理場の不足というゴミ処理場という資源問題。
あれだけ持ち上げられ称賛された、”もったいない”というキーワードとの矛盾。
持続的発展??
まことか??
本気で意思してるのか??
ああ、わが国はどこへ向かうのでしょう。。。

投稿: よしどみ | 2006/02/27 22:26:36

よしどみさんん、消費電力測定お疲れ様です。

【「省エネ型に買い換えるのがお得」というのは時と場合によって、「どうやらそうでもない」】

【理屈やウワサやまた聞きの情報を振り回すのも楽しみとしては悪くありませんが、真実を知るには、実際に自らの手によらないとならないことばかりです】

これらの実体験者としての発言、とても含蓄があると私は思いますよ。

って言うか、明らかに今の家電製品の消費電力表示は誇大広告もいい所だと思います。細かいところで色んな改善・改良しててもその都度余計な機能を付加していってるのだから実際は消費電力は古い物よりも増えてるんじゃない?と言いたくなります。故障点も増えますし。

新しい(自称)省エネ家電買い替え=省エネではけして無いですね。メーカーの売り文句に騙されてはいけませんね。

本気で省エネ考えるのであれば、各社付加機能をごっちゃりつけるのではなく冷蔵冷凍庫なら冷蔵冷凍機能だけに注力した本気冷蔵冷凍庫作ってくれって感じですね。その上で純粋に冷蔵冷凍庫だけの場合はうちの技術でこれだけ省エネですよって各社で技術力を競って欲しいものですね。メーカー同士がガチンコバトルやったらどうなるんだろ?全社能力どんぐりの背比べだったりして。。。

あと、消費者も買い替えによるメーカー頼りの省エネじゃなくて、自力で冷蔵冷凍庫の正しい使い方、設置方法をマスターした方が良いですよね。

あとPSEですが、悪法だと私も思います。
個人的な印象としては、単純にメーカーが海外で作らせた【純正】以外のまがい物をシャットアウトする為って言うのがこの法律の真の狙いじゃないでしょうか?どこのメーカーも大体海外の工場で生産された製品を輸入して自社製品として販売してるんでしょうが、技術流出に伴って海外から並行的に【似て非なる物達】が大量に流入して市場を狂わせていますよね?それを排除するのが今回のPSE法の真の狙いのような気がしてなりません。

当たらずも遠からじと言ったところでしょうか?

投稿: すぎやま | 2006/02/28 0:51:10

>色んな改善・改良しててもその都度余計な機能を付加~
そうですよ。本当にそうですよ。要らないものが多すぎる。消費者は、もっと声を大にして言いましょう。メーカーが値崩れ防止のために行うこうした高付加価値化の努力は却ってアダになっています。人的資源的リソースは他にもっと向けられるべき方向があります。(家電業界では量販というマーケティングが問題でしょう。それに乗るメーカーも悪いんですが、彼らもまた人の子。稼いだお金でメシ食ってクソ垂れて生きてることに変わりありません)

規制が多くて、外部からの参入が至難なのが日本市場。
我々日本人がハッピーかつメシを食えるように、規制があるのかもしれませんが、あまりに目の細かな、大きすぎる網は自らも封じ込めてしまいます。
それにしても法律作る(制度設計)のは難しそうですね!!彼らは人類の英知を超えてどこまでも広く世界のことを知り、未来を予知しなければならない。
どだい、むちゃだ。
とてもじゃないが、政治家や官僚にはなりたくないなぁ(汗)なれないけど。

投稿: よしどみ | 2006/02/28 1:21:00

コメントを書く