« パワコンの使い方 | トップページ | チャーコンが必要な理由 »

2006.03.23

儲かる商売へのシフト。残念

つい、今の今まで気づかなかったのだが、数年前に書いた弊社の会社案内に大昔の取引先の訪問販売殿が載っていた。当時は同社も社長、取締役総出できちんとした仕事もしていたので、社会性のある法人として信頼していた。

ところがいまや悪徳訪販である。
この数年、ダンピングや押し売りがひどいので、弊社はここと取引を停止していた。
なにしろ、工事の品質はあまりにもビミョーだし、技術要件を無みするほどのローコスト指向がでお客様からいただくお金に対して中身がなっていない。ウチはとうに付き合いをやめていたのに余計なドロをかぶる所だった。(もう、かぶっていたかも??)

この会社のスタート時、私はメーカーからのご指名によって、設計や工事、そして助成金のやり取りの仕方をこの会社に教えた。だから、同社の一部古株は、手前味噌ながらかなり技術的には詳しいほうだと思う。

でも、会社が巨大化するにつれて、どうもおかしくなってきた。
高売りして、内容はガサツ。
当時は、この会社にもお客さんにも、喜んでもらえたので、教えてよかったなぁ。。。と思っていたが、いつの間にやら暴走している。

ホント、組織というものには気をつけないと。
願うと願わざるとに関わらず、大きくなった組織は何をしでかすかわからない。
まずもって売る人ばっかりで実務者が少なすぎるのはかなりおかしい。
これは業界全体にいえる。

念を押すが、これは訪販に限った問題ではない。
どの社会、どの会社にも稼ぎのためだけに仕事をする人があって、それはそれで誰もがメシを食っているという現実を振り返ると仕方ないことと思う。

だけどこれが暴走すると、納品の実内容をはしょること、べらぼうに高く売りつけて法外なマージンを得ることにやっきになる。
こうなったら、オシマイだ。

3月 23, 2006 ザ・テーマ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/9216325

この記事へのトラックバック一覧です: 儲かる商売へのシフト。残念:

コメント

コメントを書く