« | トップページ | パワコン寿命を律速するもの »

2006.04.26

107問題の続き(2)

先日の問題ですが、電力側がロガーで調査した結果、変圧器からいじってくれることになりました。タップの二次側電圧を下げてくれるそうです。
良かった良かった。

ここでさらに欲張って
企業の公人としてじゃなくて私人としてもう少し聞かせてくれますか?
とお願いし根堀り葉掘りお尋ねすると、
近隣に進相コンデンサのある大きな需要家があり、休日にOFFにしてくれていない可能性があるとのこと。だから休日に高いのかもしれない、とも。
でも法律で制限されているわけでもないので、こうした需要家に設備投資を強制することも出来ないのです。とも。
。。。色々お話しました。

それにしても、今後も分散型電源は増えてゆく一方ですから、法制面からも色々と考えてゆかなければなりませんね。これはPVに関わる皆んなの問題です。
このままでは、僕等もあちこち飛び回るばかりで、食えなくて死にそうです(汗)

4月 26, 2006 太陽光発電の技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/9775883

この記事へのトラックバック一覧です: 107問題の続き(2):

コメント

>このままでは、僕等もあちこち飛び回るばかりで、食えなくて死にそうです(汗)

趣味に走ると干物になってしまいますよ。たまには商売商売!。
人の為に働くのはつらいですね。

投稿: 麒麟@尾張 | 2006/04/27 8:15:29

長年干物でしたが、今後も干物かもしれません。そもそもが歴史的に新しい仕事ですからねぇ。でも発明から50年ですか。

PVを取り巻く様々な問題には「知ってしまったことは知る前には戻れない」という知の問題もあるんじゃないかと考えています。
これは、運が悪ければビジネス(商売)と矛盾します。PVはそうかもしれない。でも、そういうものだと思ってしまえば、なんとなく楽になって、貧乏もやぶさかではなくなります。。
悟りきれない私の意味不明な感想です。

投稿: よしどみ | 2006/05/03 10:01:54

コメントを書く