« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.28

パワコン寿命を律速するもの

某メーリングリスト(公開して良いのか不明なので、某とします)で話し合われた内容。
今後の開発への願いを込めて。。。

***以下私の意見のみ引用***

それにしても住宅は、通風が悪い条件が多いです。
メーカーさんは「上何センチ以上、左何センチ以上、右何センチ以上」という通
風スペースをルールブックの中で簡単に取り決めていますが、単にこれを徹底す
ることはあまり現実的ではありません。

狭いところにねじ込んだものが痛み易いのは当然。
ならば、より低い位置に設置することが可能な小さなケーシングを持つインバー
ターが望まれる気がします。
最近のはかなり小さくなりましたが、出っ張りがあって横幅が50センチもあるイ
ンバーターですと、微妙な差で高い位置につけざるを得ない場面が少なくありま
せん。(低い位置は家具や洗面台や鏡台や生活者がぶつかる。。。)
→アレイニウス則からも痛みやすいのは当然(後日注)

すると、単体寿命を向上させた製品よりも、よりフィールドに合った形状を持つ
インバーターが長寿命になるという場面が想定されます。

一時期たくさん売れた某社の4.5KWのパワコンなどは天井すれすれに設置さ
れているのをよく見ました。
住宅に場所が無いからばかりではなく、本体が角張っていてアタマをぶつけたら
危ないのや圧迫感があることで、ああなるのでしょう。

一方、最近のもうひとつの某社のパワコン(A社・B社など)が薄型化し、最近丸みを帯びているのに感心しています。
こうしたユーザーフレンドリーなデザインは、壁面のより低く通風の良い位置に
設置することが設置者にも認められやすいです。
ひいてはフィールドにある機器がその分長寿命になりそうですね。

***勝手にまとめ***
これは部分ファクタに過ぎませんが、PC寿命を律速するのは、インプット側の電解やIPMとセットになる電解でもないというのが私の考えです。
アレニウス法則が生きる低位置(低温度位置)での設置が促進されるような、施工者フレンドリー、設置者フレンドリーな設計が望まれていると思うのです
他に幹線インピーダンスが低くなるような配置設計も重要です。なにしろ、住宅では逆潮流に充分なほど幹線インピーダンスが低くない。これをなんとかしなければならない。オール電化の普及によって、問題が自動解消されている側面もありますが、導入規模拡大のためには法制面・機器のユーザーフレンドリーな設計面、からも考察されなければなりません。
今あるフィールドの実情と法制限を視野に入れることが大事というお話でした。
フィールドを見ていると、機器単体の研究開発やマーケティングよりも急がれていると感じます。

4月 28, 2006 メールでの質疑応答 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

107問題の続き(2)

先日の問題ですが、電力側がロガーで調査した結果、変圧器からいじってくれることになりました。タップの二次側電圧を下げてくれるそうです。
良かった良かった。

ここでさらに欲張って
企業の公人としてじゃなくて私人としてもう少し聞かせてくれますか?
とお願いし根堀り葉掘りお尋ねすると、
近隣に進相コンデンサのある大きな需要家があり、休日にOFFにしてくれていない可能性があるとのこと。だから休日に高いのかもしれない、とも。
でも法律で制限されているわけでもないので、こうした需要家に設備投資を強制することも出来ないのです。とも。
。。。色々お話しました。

それにしても、今後も分散型電源は増えてゆく一方ですから、法制面からも色々と考えてゆかなければなりませんね。これはPVに関わる皆んなの問題です。
このままでは、僕等もあちこち飛び回るばかりで、食えなくて死にそうです(汗)

4月 26, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.24

Pckourituこれ、中々の効率でしょう。
日本のPCの中ではかなりのものです。
(日本では法律の制限により入力電圧が低めなので接続回路損や制御回路損が目立ちます。)

それにしても瞬時だとよくわかりません。ちゃんと評価するに当たってヨーロピアンイフィシャンシーの考え方は悪くないと思います。 日本のPVカタログにもこういう評価があってもいいんじゃないか。

ドイツには最高効率98%のPCがあります。でも、PC効率が全てではありません。システムとしての効率が大事だという話です。弄り始めると気づくのは、実は、太陽電池単体やパワコン単体の話はどうでもいいってこと。

いい加減、メーカーキットに頼むのは辞めよう。よく発電するシステムのためには、さらに突っ込んだ実験と考察が要ります。もちろん、コストとのバランスが必要ですが、メーカーキットに頼って、わざわざおかしなシステムを組むことはないと思うのです。

4月 24, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (2) | トラックバック (0)

水切りの解説

次のようなQ&Aあり。年に数回ありますので公開します。

Q:屋根上の状況は解りませんが、接続箱に配線するためU字に曲げた底の部分にヒビ割れ状に裂け目がありますが、このままでよろしいのでしょうか?

Cut A:PF管の底を”わざわざ”切っているのです。このPFは一般品と異なり、20~30年耐久します。しかし屋根上の方が、日影よりも痛み易いのは自明ですよね?そこで屋根上で万が一PFが割れても機器の中に漏水しないように、接続箱に入る部分のU字の下部を切るのです。これも弊社ノウハウのひとつです。

最近、某メーカーさんとの懇親会と協議を通し、同メーカーさんのマニュアルにも、このノウハウを掲載していただきました。この作業の必要性に気づかず、接続箱を発火させてしまう業者さんもあるのです。

→技術というほどのものではありませんが、こうした”大したことではないノウハウ”の積み重ねと丁寧な実施がシステムトラブルを防止し、長寿命(将来的に金がかからない)に寄与します。

4月 24, 2006 メールでの質疑応答 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.20

ワイヤリング資材とマーケティング研究

ねじ込み式電線コネクタに関して、設備メーカーさんからのご質問がありましたので当時のレスを転載します。ワタシはどちらかといえば普及させたい立場です。(ただしTPOあり)

内線規定では、ねじこみ電線コネクタは、1~4まで全てOKです。
「電線接続の具体的方法」の項を熟読してみてください。

むしろ、「日本で普及しない理由」を考えるべきかと思います。
①コストが高いから。
→安売りしているのを見たことがありません。
→実際にグロスで仕入れてもリングスリーブやワゴ等よりも高いです。
②電線包含容量により多品種の持ち歩きが必要だから。
→電線包含の組み合わせ種類がかなり多数になります。
日本の狭い道路事情と工事車両の小ささからしますと、普段使いをするには多数
の整理ボックスが必要です。

ということで、
私は弊社が製品を作るときに製品におまけとしてつけています。
中でも弱電回路は、誰でも施工することがあり、指でグルグルっと巻いてオシマ
イという人もあるからです。
米国製品には交直流問わず、20Aくらいまでの製品にはよくこのコネクタが添付
されています。向こうのエレクトリシアン(電気工事士)とホビイスト(電気電
子マニア)はねじ込み型を使うのが主流のようです。

設備モノには是非つけていただきたいです。
設備屋さんは、電気工事士出身でないかぎり、PスリーブやBスリーブの圧着工具
すら持っていません。エコキュートのリモコン線などはよく壁内でショートした
り外れていたりもします。

4月 20, 2006 メールでの質疑応答 | | コメント (4) | トラックバック (0)

検査に際して(3点切り再々掲)

3open 以前、某メーカーさんからお問い合わせがあったのですが、中々そのリクツを信じてくれなかった経緯があるので、他メーカーさんの例を示します(写真が偶然見つかったので)私などの弱小会社よりも信頼の担保になるでしょう(笑)

また、左のフレームに示す書籍にも図が掲載されています。是非ご参考にして下さい。

作業時はJEMAのTR228を参考にすると良いと思います。(これはJEMAから買ってください。転載は叱られると思います)

写真も特注例。私と同じ工場に作ってもらっていますね。産業用の電圧の場合はこれじゃないと無理でしょう。日本には直流機器の文化が無いので入手にも手を焼きます。

私自身、手持ちの安物ブレーカーも色々試したのですが、アークで何度も腰を抜かしました。写真の仕様が一番良いです。自身よくまぁいまだに生きています。

また、住宅の電圧だと2点切りでも300V系のDCブレーカーなら充分に切れます。TK10で充分です。
しかし、これもケチをしてACブレーカーでチャレンジすると死ぬかもしれません。ご注意あれ。

また、こうした機材を使って住宅でも納品時にこれで短絡電流試験をしておくと、太陽電池の不良が発見できる率が向上します。面倒だけど、頑張りましょう。動作温度で試験をしないと、再現性の無いオープンモード故障では、メーカーから戻ってきてしまいます。当たり前ですが、不良品チェックも普通は常温で試験しますので。

卸とかWEBマーケティングの物販屋さんとて、ちゃんと調べが付く準備くらいは必要です。「あーでもないこうでもない」と、わからないままに走り回っているのが一番損失が大きくなるし、業界の損失にもなります。物販屋さんとて、メーカーにつまらぬクレームをする前に自社で検査できる体制は必要です。
それにメーカーにつまらぬ手間を負担させていると、メーカーにも労務費がかかります。ここれは業界全体でPVの価格が上がることにもつながります。技術の稚拙によってコストアップするのは許せません。売るなら売る責任があります。ヨロシク。
http://www.tekipaki.jp/~pvshop/shop/shopbreaker.html

御参考までに以前の記事のURL
http://pv.way-nifty.com/pv/2006/03/post_df80.html
もうひとつ
http://pv.way-nifty.com/pv/2005/08/post_89d6.html

4月 20, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.19

The First Inverters

1992年のElliot Josephson氏の記事から

The First Inverters
Where it was necessary to convert DC to ac, a rotary
inverter was used. It consisted of a DC motor driving an
ac alternator at the proper rotational speed to create ac at
60 Hertz (cycles per second). Some of these inverters are
still being sold under the trade name Redi-Line™ and are
primarily used in utility vehicles.

これを読んで、やたらに懐かしかったです。
私達も使っていたからです。15年くらいまでは現役だったと思います。
500Wほどの容量しか無いくせに4人がかりの重量でした。
太陽電池からトラック用のFB200だったかに充電し、このロータリーインバーターを介して、NTTの無線電話を使っていました。
他に電源が無かったんですよね。
DCモーターでACモーターを回して100Vを得ていた頃の話。

今にして思えば、保管しておいて将来のPV博物館の重要展示物にしておけば良かった。
当時写真を撮る習慣が無かった私に写真すらなし。残念。

4月 19, 2006 私の話 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.18

具合はどうかなぁ~

Refv452 左のは自作。右のはレファレンス用。
レファレンス用は1.08の校正係数?(とでも言うのか)を持っている。
452/1.08=418.5
だから自作のも思ったほど、ドリフトしていない。
というか僅かな据付面の凸凹差などを考慮すると全然狂って居ないんじゃないか。精密可変抵抗のバックラッシュも無い模様。

これで意外といけるんじゃないだろうか。(工事検査用には、ね。計装はダメよ。)もちろん、日射計と比べるとどうも、低域でどちらもおかしい。

相対値でもいいからと最小ニ乗法で近似式を導出してみたが、だいぶ前のことなので、ファイルをなくしてしまった(笑)貧乏な工事屋さんや販売屋さんの立場で色々と開発しようと思っている。そういうアタシは到底金持ちにはなれそうもない。

4月 18, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日々これ107

Sinso 左下の抑制ランプが点灯。
短時間、進相無効電力を送出するくらいならまぁ我慢するとしても、有効電力の抑制と区別が付かない。工事用の安物テスタで測ると受電点で105。しかしこれでは誤差があって混乱するので慌てて工業用の精密計測器を準備したら1時間くらいかかってしまった。5時間ほどロギングしたものの再現せず。
実は日々こういうことの繰り返し。やたらに忙しい。せめて電柱にサンプリング点があればいいのになぁと思うが、こりゃ分散型全部の費用が高くなる。せめて責任分界点まで交流四端子法でR分だけでも図って、計算値で電圧降下を予測して整定するという風にはいかないのか?本当は、それも(やたらに手間がかかるので)かんべんして欲しいけど、何もしないよりマシだ。
これまでも何度か、机上計算値を提出してお客さんと一緒にハンコを付いて電力協議をしてみたが、一緒に考えてくれる電力担当者もあれば黙殺する人もあって、後者の方はとてもむなしい。

4月 18, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.15

107問題の続き

Up1071 いつもは黙って個別解決しているのだけれど、同業者さんからご相談をいただいたのでUPしてみる。気づいてくれる人もあって嬉しい。そしてどうか絶望しないで欲しい。

左図は私達が現在抱えている問題。
非連系状態で計測。30分移動平均で107超が1時間半程度連続している。もう一方の相もひどかったけど、示すのは片相の様子だけで充分だ。

どんなに良い太陽電池を使ってもこれで運転したところで実性能はいまひとつに留まる。連系PVは設置して運転するだけでは意味なし。設置前の事前調査と設置後の観察が欠かせないということですね。こうした次第で、太陽光発電というものは業者にとって、売り逃げしない限りはまず儲かりません。参入される方は覚悟して臨みましょう。

設置する方にとっても、本来の半分くらい発電すればまぁいいやとするのならモノを買うつもりで取組んでも良いと思う。こうした状況下でも大抵のパワコンの設計は半分くらいは電流が出るようにしてあるからだ。
でもやる以上は、ちゃんと発電する方が良いですね。

モノをつける感覚で済ますには、電気事業法改正かインフラ整備の予算源を待つことになる。しかし今はまだ業者と電力がアナログ的に対応してゆくしかない。
メーカーにクレームする人もあるが、それはお門違い。今後設置される方のことを考えたら政治家に働きかけるのが全うな道筋でしょうか。私はまだそういうやり方はよくわからないが、これからは勉強してゆかなければならないと思っている。

電力店頭でヤクザまがいで凄む仕方もあるが、あれは、ダメだと思う。
うまくいったように見えてもその需要家、発電所の問題解消になるだけで、実は何の解決にもなっていないことに注意したい。

4月 15, 2006 | | コメント (7) | トラックバック (0)

システムを語る

Koen014 バルク結晶系の日影に対する挙動のお話。
偉そうに人前で語っております。
(物販とか施工じゃなくて)技術面からシステムに取組む人がもっと増えると良いですね。
少しでも多く発電させよう。
少しでも長持ちさせよう。
様々な外部パラーメーターを抱える太陽光発電システムは今後も絶対に”家電”にはなりえない。
利用するには”システム”を考えなくちゃならないですからね。

4月 15, 2006 私の話 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.11

極地取材向けPV電源

Infoli リチウムイオンバッテリを太陽電池から充電する。
これは8.4Vだから2セルか。
様々な危険に思いが及ぶ。怖い。
しかし、橇や人手で運ぶため、重量を軽くしなければならない。コネクタ等が壊れても困る。つまり安全に加えて軽量かつ簡単な回路にしなければならない。しかもコイツはinfo機能があることから、かなり慌てて実機を調達した。
ここでバッテリのカラ割りをする覚悟で臨んだが、ACアダプタや専用充電器の出力を観察すると、どうもそこまではしなくて済む模様。

さて、回路の製作。8.4Vでリミッタがかかるようにした。電流側は太陽電池そのものをリミッタとすれば良い。次に充電の方式。私ごときが作るスイッチングでは画像にノイズが入る可能性があることからNGと予想し、リニアで。しかも、ここからの放熱が実は後述のように役に立つ(はず)筐体は可搬性を考慮し3センチ角のサイコロ型に納めた。

写真はとりあえず、充電パターンを試しているところ。
問題無い模様。ただ、放電が進みすぎていると太陽電池がそのラッシュに耐えられず電圧降下し、内部がチャタリングする模様。使用者に使い方も同時に示さなければ。
温度ドリフトは5月に検証する予定。

次に太陽電池。
ラッシュは1C。ある閾値以下の電圧降下は本体が検知して内部の安全回路が働いてしまうことがわかったので太陽電池はこのラッシュに耐える必要がある。計算と実測では1.5Aが最低限の容量。そこで単結晶4インチ角の2分割セルを選定。現地は1SUN以上ありそうなのでまぁこのこれで良いだろう。贅沢を言うと際限なく重量が増すので晴れの日にはフローティングチャージ、曇りの日にトリクルといった努力をしてもらうことにする。さて電圧側だがIVカーブシミュレーターから22~24セルで良いことがわかった。ここで市販の30セルなど選ぶと重いし、リニアレギュレーターの損失が多く巨大ヒートシンクが必要になるので、重量上NGと判断している。

24セルの挙動再確認。現地は1SUNを越えるはず。しかもかなり長時間。半分使ってすぐ充電というサイクルで使うことにして、セル面積はもう少し小さくしてよかったか?
低温時の開放電圧の上がり方がすさまじい。20セルでも良かったか?
いや、気温は-40~+20℃も幅がある。+20℃でも動くようにこのセル数しかないだろう。
問題は超低温側。金属リチウムが析出するリスクがあることから、バッテリのケーシングとヒートシンクを結合。と、まぁ、こういう予定。これがリニアレギュレーターを選んだもうひとつの理由。それにしても低気圧下でケミコンが爆発してしまうかもしれないがどんなものだろう。今までは4000m以下にしか持って行ったことはない。この安全確保も次の課題。

まずはスーパーストレート方式の24セルを1枚とサブストレートの24セルを2枚。
ここまで特注したのでさらに実験を続ける。
来週にはスーパーストレートで実験が出来る。これでうまくゆけば、出来上がったサブストレートのうち特性の良い方を選択し、ハンドリングとワイヤリング、固定方法を考える。
6月納期というのは猛烈に忙しい。

4月 11, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.04.07

RMS0.2%rdgでも107オーバー

Ar3168 運転前で既にRMS0.2%rdgでも107オーバー。
この管内では協議しても無駄なので、一週間ロギングすることにした。状況によっては経済産業局に訴えるか?

いずれにせよ、移動平均を解析する。
ここまでしないとこの管内はダメなのだ。
PVは電力会社との戦いとも言えるし、電力会社に迷惑かけているので社会側がサポートしていかなければならない、面倒なシステムともいえる。

電圧上昇問題に際しては、学の提案や行政の整備や法整備を待っていても、目の前の消費者の利得を損なうので、さきがけは業者しかないと思っている。
こんなことばっかりやっているので太陽光発電を設置する業者は永久に儲からない。
辛い。
けど、やらねばならぬ。
私をマニアックだという、優雅な業者達はどうやってこの問題から目をそむけているのだろう。気づかないというのが実情だと思うが。。。

4月 7, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.04.06

当サイトの状態(06/04/04)

サーバーに異常がある模様。
管理人本人によるコメントへのレスが(なぜか)出来ません。
書いても書いてもコメントが失われるので、プロバイダ側の改善を待っております。
顧客獲得競争でNIFTYもおかしくなっているようですね。
いつも投稿してくださる方、ごめんなさい。

4月 6, 2006 弊社からのお知らせ | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.01

こういう接続点はやや問題あり

Cng 小生の分類で言うC点接続。
既存の分電盤にやむを得ずC点方式でつなぎこむケースはどこにだってあるだろう。ここまではいいんだが、接続点を良く見ると銅バー上流にある。

ここで、この方式を負荷側から見ると、ELBの最大電流にPV電流が重畳する場面があることを想定しておきたい。つまり最悪時には銅バーがオーバーロードになるわけ。

具体策としては、メーカーや内規の指導のように、せめて銅バー後端に連系接続する。そうしないと、オーバーロード時の電流分布がまずく(ネジ部付近に局所集中する)火災の危険がある。

PVを付けた友人の家で撮影。
分かりきっているのだから直してあげたかったのだが、私が悩ましく立ちすくんでいると彼の奥さんが不審そうにしていたので取組むことが出来なかった(汗)

販売者さんは、最初から問題が起きないよう、きちんと設計してあげて欲しかった。。。
違法ではないので電力会社も文句は言わないが、わざわざ危ない設計をすることはない。写真の主幹ELBはマイクロスイッチ付きだから資材としては上等なのだけれど、これでは部品価格が高いだけで何にもなっていないどころか、却って危険を増している。

4月 1, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (1) | トラックバック (0)