« 水切りの解説 | トップページ | 107問題の続き(2) »

2006.04.24

Pckourituこれ、中々の効率でしょう。
日本のPCの中ではかなりのものです。
(日本では法律の制限により入力電圧が低めなので接続回路損や制御回路損が目立ちます。)

それにしても瞬時だとよくわかりません。ちゃんと評価するに当たってヨーロピアンイフィシャンシーの考え方は悪くないと思います。 日本のPVカタログにもこういう評価があってもいいんじゃないか。

ドイツには最高効率98%のPCがあります。でも、PC効率が全てではありません。システムとしての効率が大事だという話です。弄り始めると気づくのは、実は、太陽電池単体やパワコン単体の話はどうでもいいってこと。

いい加減、メーカーキットに頼むのは辞めよう。よく発電するシステムのためには、さらに突っ込んだ実験と考察が要ります。もちろん、コストとのバランスが必要ですが、メーカーキットに頼って、わざわざおかしなシステムを組むことはないと思うのです。

4月 24, 2006 太陽光発電の技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/9737943

この記事へのトラックバック一覧です: :

コメント

こんばんわ~。

「日本のPVカタログにもこういう評価があってもいいんじゃないか」~今まで無いのが不思議です、メーカーが共通の土俵で勝負することを避けている節があるのかと思われます、どのメーカーのHPを見ても、○○効率NO.1みたいな表現が溢れています、消費者を意識した宣伝文句ですが、それを業者が真に受けてはいけません。
「おかしなシステム」や、非効率な組み合わせを減らす努力は、とても有意義なことだと思います、今後のデーターの蓄積しだいでは将来的にとても役立つノウハウになると思います、がんばって下さい。

投稿: aosam | 2006/04/24 21:00:21

aosamさんこんばんは!
>消費者を意識した宣伝文句ですが、それを業者が真に受けてはいけません。

ホントそうです。業者までもが扇動的な謳い文句を鵜呑みにしているからトチ狂ったことになるのです。自分の目で見、自分の頭で考えることが大事ですね。もちろん、1人ひとりのノーミソなんて偏ってますから、時にはここに考え違いなど寄り道もあったりしますが、それも色々な人が一貫した方針--発電量向上・寿命性向上といった共通目的の下で検証してゆけば自ずから軌道修正はなされます。一番いけないのは誰々がこういったとか、メーカーがこういったとか言う態度であって、これは祈りとか信頼とか憶測の域を出ません。そうじゃなくて、それが納得できることであるか、それが真実であるかが大切だと思います。
ご一緒に色々実験君しましょう!!

投稿: よしどみ | 2006/04/24 21:32:11

コメントを書く