« 英語勉強してます。 | トップページ | 誘導雷とチャーコン »

2006.05.24

独立PVと経済性

独立型PVの経済性なんて最近では省みられることが少なくなったように思う。
モニュメント型が多くてどうも、いけない。

今日、15年経過した中規模独立PVについて、その経営陣からヒアリングが出来たので中間報告をします。
今後論文等にして発表するかもしれないのでこれからさらに詳細な調査をします。
だからまだこれは若干いい加減な中間リポートであることをご了承あれ。

PVなしのシナリオで同期間に要する燃料代は約8千万円。
一方、現地には3KWのPV。

この15年スパンで考える。
初期投資+維持費でこれまでの総費用は2千万くらい。
ディーゼル発電機等の維持更新費を考慮して浮いた経費は約7千万。
税を考慮しても、かなり大きいですね。

いずれにせよ、よくよく注意深く設計+インストールすれば、独立PVもよほどの経済効果があるってこと。

但し、この15年間、このPV、私と現地の人が充分に面倒を見ている。
あとあとの面倒見が一番大事だってことを忘れてはならない。
またこのPVオーナは慧眼であって、システム信頼性と適切な運用に充分なお金をぶち込んでいる。これが、モジュールやインバーターの故障を減らし、ものすごい経費差を生んでいる。(部品の信頼性の差は極めて大きいのです。何故20万で済むインバーターを70万出すのか、こういうことです。壊れるのは一番カネがかかります。環境負荷もデカイ。)

一方、似たような現地条件下で数億円をかけたけど、飾りになっているPVもある。
これこそ何とかすべきなのだが、まだまだ物品の買い物と同じような捉え方をされがちなPVのことだからこうした事態は今後もなくならないだろう。ほったらかしの独立PVは全然だめだ。

日銭を欲しがる業者も責められるべきだが、PVオーナーにも勉強が必要だと思う。

高い、高いと文句を言われながらもこれまで淡々と独立型の設計施工をやっていて良かったとつくづく思った。

慎重さと信念というと何だけど、そのくらいの気迫と執念が無ければクソ難しい独立型のプランニングはとても務まらないし、へんちくりんなVE一辺倒な設計はあとあと困るだけだ。全く価値が無い。これほどまでに長寿命なPVのことだから、結果は十年以上もあとになって出る。あとから出てきた、初期コストが安いだけの太陽電池がこれまでどれだけ壊れたことだろう。あんなバカなことをしている場合ではない。
そして系統連系すらもきっとそう!

5月 24, 2006 私の話 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/10214246

この記事へのトラックバック一覧です: 独立PVと経済性:

コメント

へぇー。こりゃ凄い話ですね。うんと詳しくお聞きしたい。独立系は難しいと思ってました。(趣味ならいいけど・・)
多くの人が同じ気持ちじゃないかなぁ?。

投稿: 麒麟@尾張 | 2006/05/24 18:17:42

そうなんですよ。スゴイ話なんです。もちろんその予定で導入しているわけなのですが、本当にそうなってみるとなにやら嬉しくて、昨日は一人で酒呑みまくりました。
それにしても独立型は本当に設計が難しいです。効率上げても壊れちゃ意味ないし、安くても早く壊れたら金かかるし。。。私はいつもシンプルで強くて誰にでも分かりやすくて修理しやすいものを狙います。

投稿: よしどみ | 2006/05/24 21:19:40

「慎重さと信念というと何だけど、そのくらいの気迫と執念が無ければクソ難しい独立型のプランニングはとても務まらないし、へんちくりんなVE一辺倒な設計はあとあと困るだけだ。」

全くもって身に滲みるフレーズです。

15年程度は安心して使用出来メンテナンスも最小限で済む独立型システムの構築をまず目標として見据えてシステム設計をしていきたいと思います。

又、仮に未熟さ故の設計ミスがあったとしてもそれをカバー出来る体制を整えたり色々考えなければいけませんね。

系統連系システムも独立型も「太陽光発電」と言う視点では全く同じコンセプト。如何に長持ちさせ、如何に良く発電出来るよう創意工夫を凝らしていくか。これからの課題です。

投稿: すぎやま | 2006/05/25 22:34:37

すぎやまさんこんばんは。
そうそう。未熟さゆえの設計ミス。。。人のやることだからミスは必ずあると思います。製品だってそうだし、販売だって工事だってある。
でもリカバリさえ出来ればそれで良いと思います。販売者主導の現状では、販売者が充分に財産を築き、技術力を磨き、何があっても対応出来るようになっていたいですね。本当はしっかりしたシステムインテグレーターが実権を握り全責任を負うようになれば良さそうな気がしますが、日本の商流ではこれを一般化するのはなかなか難しそうです。

投稿: よしどみ | 2006/05/26 1:17:57

こんばんわ~。
僻地用の電源としてディーゼル発電がまだ多いように思いますが、これからPV化への転換を促進する上で、このような15年の実績はとても貴重で説得力があると思います。
そしてなにより、ユーザーさんが喜んでくれたのがなによりですね!。

「そして系統連系すらもきっとそう!」~時がたてば明暗がはっきりするでしょうね、現段階で解るものは論外ですが、、、、。

投稿: aosam | 2006/05/26 20:27:48

コメントを書く