« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.13

モジュールの耐久性

Sharsi 中央のが一番古い。その次が左。右は10年程度。製法が違うので一概には比べられない。
例えば右端のは反射防止膜がまるで違う。

でもね、どれも20年近く経ってるけど、かなり注意深く作られているせいかビューティフル。
工事方法も丁寧だった。

贔屓目に見なくても、何もかもが綺麗だ。電流も充分出る。バックシートだってまだ新品同様のつるつる。ジャンクションの中も、フラックス残滓なんか微塵も無い。だから錆びも無い。
でもね、値段が高いの。こういうのってどう思われます??

6月 13, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.08

電線価格、高くなりすぎ。。。

過去の伝票から、2003年と現在の電線価格を比較してみた。
3.53倍(1.6-2C)
2.90倍(2.0-3C)
ぐはっ!!
電気工事専業の方には、えらいコッチャです。
年間300万円分電線を買っていた職人が、同じ量の仕事をするのに、今ならいっしぇんまんえんも仕入れが必要になりそうです。
そのまま同じ単価で仕事を続けていれば首吊りですな。
皆さん、何とか食いつなげるよう、頑張りましょう。
私ははちゃんとお金払いますし、ちゃんと貰います。
高けぇだのなんだの文句言われて、それで仕事が来ないのなら来ないでヨシ。
職人の仕事を見ないヤツのために、誰が働いてやるものか!
人間、結構頑丈なもので、カップめん生活でもそうそう死にはしないのだ。

ファンド連中による市場操作の影響はトンでもないです。
構造的に捉えると、価格転嫁が難しい立場にある電気工事士がファンドに貢いでいる格好ですな。マーケットメカニズムは非情です。
人は、人の不幸の上に幸福を築くしか無いのでしょうか?
本当に嫌な世の中です。

6月 8, 2006 私の話 | | コメント (10) | トラックバック (0)