« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.22

どうしてそう呼ぶのか

あることに気付いた。
私は、自分のことを「業者」と言う。メーカーのことは「メーカー」と言う。
でも、設置する人、設置しようとしている人を”お客さん”とは言わない。
これは、「設置する人」とか「設置したい人」

そういえば私は、太陽電池のことを”商品”と云わない。
太陽電池は太陽電池。あえて言う場合は、「部品」と言っている。
気が付いたらそうだった。

最近になって、何故自分がこんなにめんどくさい、変な言い方をしてしまうかが少しわかった。

私はどうやら買う人と売る人と云った構図に違和感を感じているようだ。
太陽光発電を市場の言葉で語るのに飽き飽きしているのだ。
第一、私は太陽光発電をどうしても売りたいとは、思っていないようだ。
もちろん、欲しい人は買えばいいし、それがたまたま私の会社だったらとても嬉しかったりする。

でもそれは儲かるからじゃない。
そもそも、太陽光発電を販売していたって、儲からない。
いや、太陽電池単体を部品として定価販売したらうんと儲かったりするけど、それはありそうもない。

大抵ここにはソフトが付いている。
太陽光発電とは一体どういうものなのかと云った説明をしなくちゃならない、どのように設計し、どのように設置すればどのような発電が得られて、どのような効果が得られるかを設計を通じて考察しなくちゃならない。売れる前からこうである。そして、契約が決まったとしてもそれからやっと詳細設計と電気図面の準備と施工準備に移る。
つまり、人の労力を伴っている。

で、この労力だが、並大抵じゃない。時給にするとどうもコンビニよりは大分安い。
だから、好きでやっている。
身もフタも無い正直を言ってしまうと、私が今の会社をやっているのも、世の中には会社じゃないと出来ないことが多いから。それで仕方なく会社の格好をしている。
だから、私が説明に行くときは、吉富という個人がやって来ていると思って欲しい。

話を元に戻す。
私は”お客さん”とか”商品”などと言えない。
どうも座りが悪い。
私たちはお日様の下で働く。
生活のためだけに働くあの陰惨さが嫌なのかもしれないがそれだけじゃない。

買う人と売る人と云った構図。これは、ひどく対立した関係だ。
一方の太陽光発電は、そんなけち臭い、つまらないものじゃない。
太陽の光で電気が起きる。あら面白い。
設置すれば人が動く。ここで雇用が生まれるだろう。
その前に作る人が居る。作る人が居れば産業が豊かになるだろう。
空気を汚さない発電はこの世の中を変えるかもしれない。
ここには未来を自分の手で作る楽しさ、がある。

業者とかユーザーとかメーカーとか電力会社とかなどと、言葉で利害関係者の区別をするからその損得ばかりが際立ってしまう。
うっかりすると、ありもしない腹の内を探り合ってしまう。
この世界は勝ち負けのわだかまりに閉じこもり易い。

と言うのも、これでは、何かあった時に、うまくいかないと思うからだ。
長寿命と言われる太陽光発電だが、長持ちなのは実は太陽電池のこと。
架台やパワーコンディショナは時に修理や交換の必要が出てくる。
いやそれ以前に、操作ミスによって稼動していないとか、電圧問題とか何かにひっかかることがある。ひどいところでは、これが度々起こる。
しかもこの対応がひどく難しい。
とてもじゃないが、ゼニカネだけでは頑張れないシーンが少なくない。
こうした時に、”ワシは客だ”と言う尊大な人にどうして心を込めて働くことが出来よう。業者は、この厄介な主人からゼニを引き出す方法ばかりを考えるようになる。
これは商売によくある構図だが、この枠組みだと、長期にわたって運用する太陽光発電システムでは、互いがひどくくたびれてしまうのだ。

そこで次のように考えた。
誤って勧めてしまった低品質品は、自分のポケットマネーから交換費を出そう。
請われて譲った低品質品は、いちいちお金を出してもらおう。
積算にひどくケチをつけて理由無く値切る人には、いちいちお金を出してもらおう。
設計と積算を理解してくれる人には出来る限り面倒を見てあげよう。
信用して預けてくれる人とは、○○さんと○○さんの関係が続く。
儲けさせてやるのだ、くらいに思う人とは仕事をしない。
何かの間違いでそういう人とお付き合いすることになってしまった場合は、全部が全部お金の関係。
かくしてとても簡単になった。

立場を超え、人と人とが感謝の気持ちでつながりあえないだろうか?
いつか、そんな大仰なことを普通に考えるようになった。
太陽光発電が私にそう思わせるようになったのだと思う。

考えて答えが出ることでは無さそうなので気付いたことをメモ的に記してみた。

7月 22, 2006 私の話 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.15

極地取材向けPV電源3

Mcpv1当社製システムを持参したマッキンリー登山隊が無事登頂を果たし、帰国しました。遅ればせながら無事をお祝いがてら、ここにご報告します。
と形式ばってみたかったのですが、まだ土産話をきちんと聞いていないので、画像だけ。左はベースキャンプの様子でしょうか?

Mcwide1氷河の上にテント、遠くに頂。そして手前に充電用の太陽電池が見えます。チャージコントロールはうまくいったようで、ケミコンが爆発することもなく、毎日フル充電だったそうです。現地の日照を考えるとちょっとオーバースペックだったかもしれません。Mcparty1
さて、当社の宣伝などは退屈なので、美しい画像をお楽しみ下さい。写真は有限会社ハチプロダクションの宮田八郎氏からお送りいただきました。この電源を用いて撮影した素材はハチプロダクションの作品に仕上げられる予定です。
http://www.3190.jp/dvd.html

Mcparty2 雪煙と頂とトレース。ごまつぶのようにパーティ-が見えます。夜はマイナス20度まで冷え込んだそうです。

Mcmorgen 薄明。モルゲンロートでしょうか?アーベントロートでしょうか?

Mcknife1 ナイフリッジと雪庇が大迫力です。

過去の開発日誌は下部のリンクから辿ることが出来ます。
http://pv.way-nifty.com/pv/2006/04/pv_f095.html

http://pv.way-nifty.com/pv/2006/05/pv2_8cc8.html

7月 15, 2006 太陽光発電の技術 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.02

プアワークマンシップ

ドイツから戻ってきました。

さて、新聞を読んでも、あちこちからの連絡を受けても、欠陥仕事が多い。
しかもその量たるやとんでもなく大量だ。
ウチで対応してあげる分だけでも、もう、1年分はある。
(新規受注している時間があまり無いくらいかもしれぬ)

新聞:浴室乾燥機、ねじって接続だって。この問題は以前からわかっていたこと。
浴室乾燥機だけじゃないさ。電灯だってそう。この問題は、何十年も前からある。
予算をケチってでも受注したくて、電気屋にきちんとした工事をさせず、大工にちょいちょいとねじらせていたりする。で、不思議に思ったんだけど、何でメーカーが責任を持たなければならないのだ??元請負人が負担しなくちゃならないでしょう?次に工事をした会社か?どちらも廃業していればカスタマーが負担しなきゃだめでしょ。買う人にだって責任があるのさっ!僕はそう思う。
逆に考えれば、メーカーが責任を持ってくれると言うなら、僕はいい加減な仕事をしたくなっちゃうな。
だって、技術にかける経費を安くしたほうが受注はしやすいし、儲かるもん。無資格者9割と見られる住宅エアコンの業界なんてそうじゃない?経済産業省なんて全然見ちゃいない。
ド貧乏したら、いくらでも片手間の大工に電線をねじらせてあげたい。カスタマーが、どうしても安い方がいいというなら、それでいいじゃないですか。それで燃えようが何しようが、アナタのせいですよ。

不良PVシステム:これは年がら年中続いていて、二種類。
●メーカーがドアホな設計をしているもの。新品から既にまずいものがたくさんあって、もう、手が回らない。
●システム設計がドアホなもの。建築偽装なんて目じゃない。とまではいわんけど、似たようなものだ。
かなりたくさんあって、もう追いつかないくらい。
●工事がドアホなもの。これは意外にも少ない。大抵の欠陥工事は、元請の受注形態と設計がドアホことが背景にある。予算が足りなければやらなければいいじゃん。
何もせずに寝ていた方が良いことだってたくさんあるのだ。
枕を高くして寝ようよ。

ドイツのPVだって、一部はテキトーだったなぁ!!
ヨーロピアンがかっちょいいなんて、僕は思わないですよ。
あれじゃ、屋根上が燃えてしまう。
でも、コストの壁があるのでしょう??
お金が足りないなら、やらなければいいじゃん。
受注しなければいいじゃん。
買わなければいいじゃん。そう思う。
適切に製造された太陽電池本体なんか長持ちだから、無理に受注すると、何年、何十年も先まで十字架を背負ってしまう。
施主さんも、販売者も、工事屋も、メーカーも。

7月 2, 2006 太陽光発電のニュース | | コメント (4) | トラックバック (0)