« 2006年11月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.01.04

必読紹介と苦言など

新年あけましておめでとうございます。
久しぶりに書きます。久しぶりに掲載します。

PVは、
kWの商品」でなく
kWhのエネルギー技術」として捉えなければならない。

あなたがお客さんだとして下のシナリオでどちらを選びますか?
●4KWシステム設置。
年間平均3000kWhを発電。
2年に一回修理。時に不稼動問題・費用負担あり。
●3KW設置
年間平均3600kWhを発電。
10年間故障なし。

これが既設置PVの実情です。
比例式で解くとその効用の差は
0.625:1.00
まぁこの程度のシステム内容差であってすら、3割7分も実能力が違ってくるわけです。

前者はkWの商品として捉える場合に陥り易い問題です。
この商売は欧米など海外の”売り切り型商売”の典型でもあって、あながちに悪いこととはいえません。でも、納品物としてほめらられたものでは無いでしょう。
後者は将来の災害リスクまで含めて、「本当にそううまくいくかぁ?」という懸念を残すものの、発電量を目的物として扱うkWhのエネルギー技術です。

。。。などと昨年から書き始めていたのですが、続けて書くのを止めました。
書くことによって良い影響を与えることとそうでないことの判別を考え始めたからです。そしてこの判別が今の私には困難であることが明白だからです。何かを、説得力をもって述べるには明確な根拠の提示が必要ですが、それをすることにより他の問題が浮上することを懸念するからです。

今年はボチボチ行きます。
みんなのPVがたくさん発電しますよーに!
みんなのPVが長持ちしますよーに!
今後ともよろしくお願いいたします。

1月 4, 2007 技術営業必読資料 | | コメント (0) | トラックバック (0)