« 2007年3月 | トップページ | 2008年3月 »

2007.04.07

PV用耐候PF管の発売

Pfd 既に多数の関係者に猛然と御案内(スパムメール?電話勧誘?訪問販売?)しましたが、ここにも掲載します。

この度、愚生の100万kWの悲願のうち500wがかないました。2年前から古河電工様と取組んでいた「太陽光発電用PF管」の開発が完了し商業化しました。以下URLに私のプレゼンテーションをアップロードしています。お手数ですが下記URLを開いた上で、各ファイルを右クリック&ダウンロードしてご覧下さい。
http://www.tekipaki.jp/~pvshop/furukawa/

<表示されるファイル名と内容>
●PFD brochure.pdf     カタログです。
●pfd_env.pdf          耐候性データです。
●pfd_presen.pdf       愚生のプレゼンテーションです。

メーカー様にあっては施工指導の際にこれを推奨することを強く希望いたします。
また太陽光発電にかかわる業者様はこれを選定することを強くお勧めします。
プレゼンテーションをご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、そもそもPF管にケチをすること自体がとんでもなく馬鹿げたコストカットなのです。(昔はこんなケチは誰もしなかった。内容を問わずに普及だけを急いだ弊害ですね)

愚生のリサーチによると、従来は、古河の灰色のPFDしか長寿命なものがありませんでした。今回黒色を作ったことでさらに寿命が伸びた上、暗色の屋根上の外観も美しくなりました。皆で使ってゆきましょう!!!

<裏話>
実は、ここまで辿りつくのに10年かかりました。
同社は巨人ゆえ相手にしてくれるとはつゆ思わず、長年某社さんばかりに声をかけていたのです。何のことは無い、相談したら僅か数ヶ月で試作してくださいました。その後2年の耐候テストを経て今回の商業化に至ります。
試作時のレビューはこちら。
http://pv.way-nifty.com/pv/2005/11/pf_a359.html

<補遺>
この黒色PFDだけが推奨されるという見方は間違いです。施主さんのために屋根色との兼ね合いを配慮してあげましょう。当社では、古河電工製の灰色PFDおよび白色PFDもその耐候性を確認しています。他メーカー品も色々試しましたが、経年後の様子を見ますと同社のPFDが圧倒的に耐久性が良いようです。(やや割高ですが、チープなモノを使って早期に問題を起こし、それを繰り返すよりもはるかに安く付く)

<FAQ>
Q1:吉富は儲かるの?
A1:儲かりません。
Q2:どこで買うの?
A2:電材屋で買うことが出来ます(もう発売しています)
Q3:耐候性のポイントは?
A3:ポリオレフィンとPVCの複層です。外装がPVCなので安定的です。屋根上の厳しい環境を考慮しさらに耐候性を配慮した調合となっています。(通常の加速試験は10年相当ですが、これは30年相当を実施し充分な耐久性を確認済み)

古河電工さん、ありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

※たまに「資料を使っても良いか?」というお問い合わせがありますが、ご自由にどうぞ。内容にご賛同であれば、貴社の名前を加えれば良いでしょう。ただし法務上、著作権問題が残りますので、一応ご連絡いただいてチェックさせていただければ貴社にとっても安心かと思います。是非、ご一緒に推進しましょう!!
たまに公取委に捕まるような不正をされている方もあるようですが、内容に関して非難がある際はその旨、正々堂々とお伝え下さい。理論で勝負しましょう♪(もちろん、批判はWelcomeです。しかし非論理的な行動には徹底批判を返してあげます)・・・以上2007/8/5追記

4月 7, 2007 開発・具体的な取り組み | | コメント (2) | トラックバック (0)

資料の整理

パソコンの性能が昔より大分良くなったので、資料の電子化を頑張っている。90年代からのメーカー技術資料が既に9GBもあり、書いたものや画像まであわせると70GBにもなってしまった。。無駄なものは大分捨てたのだが、今後は一体どうしたものか。早くからデーターベースを導入しておけば良かった!!

4月 7, 2007 私の話 | | コメント (2) | トラックバック (0)