« PV用耐候PF管の発売 | トップページ | もっと精密な議論を »

2008.03.14

電子ジャーナル社の講演

電子ジャーナル社主宰により、太陽光発電システムの講演をしました。

太陽光発電システムを考えるに当たっては、太陽電池とかインバータ、といったモノ(資材)と設計や工事といったコト(建設)の両方を考える必要があります。また社会的要請、マーケットの事情、政策、国際的状況といった要素も加味しないと片手落ちになります。話すべきことの量は著しく多かったです。

一日でまとめるには強引過ぎる気もしましたが、今後取組むべきことの入り口や糸口は示すことが出来たつもりで居ます。

特にシツコクお話したのは、太陽光発電システムに思いのほか不具合や事故が多いという事実です。

実際に色々な現場を見て回ると、太陽光発電アレイ自体の安全も充分ではないことが多い。
何の策もないままに物販的普及だけを急いでいたら、わが国は、社会ストックとならない脆弱な太陽光発電をこれからもばらまいてしまう。ゴミをあふれさせてしまう。
だから我々は、目的を持った太陽光発電を、きちんとした計画を持って、的確な設計を通じてインストールする必要がある。

上のように観念的に捉えるとなにやら簡単に見えますが、太陽光発電の計画や設計は、実際に取組むと実に厄介。難しいとかそういう理由だけではありません。設計者にとって、資材のパラメータが不明なのです。インバータの部分効率とか太陽電池の温度係数とか架台の断面二次モーメントや寸法といった基本情報がメーカーから公開されていないので、現状ではいちいち試買し、実測した上で最適設計を検討するという大変な手数を要しています。メーカが同業他社やパクリ業者を警戒する気持ちはわかりますが、ちゃんと細かな性能を開示しないと、ホンモノの職能者は育たないでしょう。そして肝心なのは、このようなけち臭いことでは、国益を損なう、ということです。
世界規模で広まる系統連系の世界でアジアに出てきているのは、欧州、特にドイツの会社ではありませんか。
独立型システムの技術者は太陽電池メーカ内ですら不在になりかけているではありませんか。
本当にこのままで良いのですか?

また、この業界は極端なまでの職能者不足です。日本は特にひどい。
外国語で言えば、インテグレータが居ない。外国にはシステムを適切に納品するための一連のプロセスを預かる、強力なリーダが居ます。彼らは金融や企画も得意だけど、実行するだけの技術力を持っています。
日本にはそれがないから、太陽電池単体の効率やプライスばかり気にして、システムとしてそれが組みあがった後のことが顧みられない。
ユーザーは発電設備ではなく発電量が欲しいんじゃないでしょうか。そしてそれに付随する価値と喜びと。

売る人は過剰気味。
買いたい人はだんだんと増えてきました。
しかし、やる人が居ないのです。
工事は下請に伝票流ししてそれでオシマイ。
設計は無設計。
いつまでもこのままで良いはずが無いでしょう。

今後は太陽光発電システムをスムーズに導入するための社会的基盤整備が必要です。

・日影や電圧上昇問題による機能低下からシステムを救済する法令整備。
・合法だが脆弱なシステム、非合法だがデファクトスタンダードといった法令の矛盾の整理整頓。
・技術者、インテグレータの育成
・太陽光発電システム価値の確立

この業界では、(明に暗に)メーカーとか業者とかユーザーとか学界とか行政といった立場からの発言がしばしばなされますが、換言すればこれは「俺は俺は」といった我利我利でしょう。一昔前みたいに垣根を越えた交流によって現状を乗り越えることは出来ないでしょうか。

私の講演はどちらか言えば気が滅入る話ばかりだったと思います。
しかし見てみぬフリや予定調和ばかりでは世の中はダメになってしまいます。
現状を真直ぐ見つめ、さらに案を練り想を構え実行してこそ、人間は肩で風切って堂々と前にすすめます。やったあとはちゃんと答え合わせをしてさらに信念を強める。誤っていればやり直す。
そんな太陽光発電業界に、私はしたい。

3月 14, 2008 開発・具体的な取り組み |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/40497072

この記事へのトラックバック一覧です: 電子ジャーナル社の講演:

コメント

こんにちは。

大変ご無沙汰を致しております。

講演会、お疲れ様でした。

またどこかで情報交換をして頂けると幸いです。

それでは、また。

投稿: やまぐち | 2008/03/19 16:18:03

やまぐちさん
ご無沙汰しております。
とにもかくにも、じっくりした話の出来る場を持ちましょう!!

投稿: よしどみ | 2008/03/23 16:31:12

コメントを書く