« 法令と規格① | トップページ | 冷蔵庫の話(続き5) »

2008.03.30

法令と規格②

たびたび無視されてしまうこと。
それは太陽電池アレイの構造安全です。

太陽電池アレイは、台風に対して安全か、地震は、雪は、とユーザさんから度々問い合わせがあります。不安を持つ方はたくさんあるのですね。しかし、漫然と不安がったり、大丈夫!の一辺倒だけでは意味がありません。計算で解けるものくらいは解き、適切に対処すれば、お互いに腹の座りが良くなります。

また、実際にアレイの落下事故は多数起こっています。自然と言う外力に対して人間は無力か?いやそうでも無いんです。これらの事故の多くは設計が間違っていました。少なくとも、僕の元に寄せられる情報は、全てそうでした。だから、PVに関わる方々は、ちゃんと机に向かい、計算する時間を取っていただきたいと思います。

アレイの構造安全に関する歴史にざっと触れます。

まずサンシャインプロジェクトで関電工さんの論文がありました。これはアレイの風洞実験や強風下における実際のアレイ部材の変位を測ったりと本格的なものでした。
次にこれがTRC0006太陽電池アレイ用支持物設計標準として結実します。いわばJIS前JISです。しかしこれは旧建基準法を元にしたものでした。
やがて建築基準法とその告示が平成12年に大改正します。この改正は、建築学会の建築物荷重指針を背景としています。ミニマムデザインの根本がここにあります。
PV側ではこれを受けて、JISC8995が発効します。これは告示1389号をベースに、Wは1454号を参照したものでした。当時のアレイはX方向Y方向ともに梁がつながっていたので等価作用面積が大きく、構造骨組として解ける場合が多かったのです。次に平成18年2月、原子力安全保安院が電技解釈50条として構造安全の確認を義務化しました。その方法はJISCによることになっています。(このときは広く国民からの意見を募集していたのでイマイチな点を修正していただこうと思ったのですが、この手のものは、一体にドラフト発表から意見書集めの期間が短すぎます。間に合わず施行されてしまいました。。。(汗))

こんな説明では情報密度が高すぎて、全然わからないでしょうかね。
ただ、入り口がつかめれば早いと思います。初学者には上の情報だけで1年は時間が浮くでしょう。

今回は、アレイの構造安全確認が
①義務であること。
②外力のうちWは、構造骨組として解釈されてきていること。
という2点だけお分かりいただくことを目的とし歴史的な背景に触れました。

全然わかんねーよぉ~と言う人は、何がわからないのか教えていただけると幸甚です。

3月 30, 2008 技術者必読資料 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/40683270

この記事へのトラックバック一覧です: 法令と規格②:

コメント

コメントを書く