« PVグリーン計量法阻止ちょっと待った! | トップページ | 保守点検はやはり必要だ② »

2008.05.30

住宅PVを最優先に!

本当は、住宅の太陽光発電を応援したいなぁ。。。
僕も、住宅PVをやりたいし。

だけど、食えないから業者はどんどんやめてっちゃう。大抵は本業に戻っちゃう。大抵の人は片手間ですし。そうでなきゃ、新手のマーケティング手法を携えた一発屋の栄枯盛衰を目にするばかりで。

そう言いながらもウチの業務の柱は住宅じゃなくて、PV関係のややこしい設計開発だったり卸販売だったりするわけでして。。。ウチは、FA屋なのか電子屋なのか電気屋なのか。。。
食えては居るし面白いんだけど、このままじゃ日本の未来にとってダメなんだなぁ。
自分のウチが辛うじて食えているというだけじゃ、ダメなんだなぁ。
自分のことはいいから、それよりも人を育てないと。
しかも住宅をちゃんとやれる人を!!

日本の未来、エネルギー戦略を考えると、やはり住宅PV。
いろんな業者が広く取組めるような形であってほしい。
競争結構!!(但し、材料の販売価格じゃなくて中身の競争)

でも、新参者にはとても食えないのが問題。。。
彼らには、縁もないし技術も無いし。。。

すると、ユーザーもメーカーと業者とがWin-WInになって継続性がもたらされないとならないわけだけど、現実は、補助金系のシャブ中系の取り組み、あるいは一発屋ばっかりになっちゃう。これって継続性がないんだよねぇ。メーカーに流動性の悪い預け金を取られるだけで(汗)

一方、FTってのもありますね。事業者向けです。でも、事業者≒企業(大抵は大きな企業)そこそこの資金を持ってますし、社会にアピールしたりするためにPVをやるのはもうあたりまえ。ひょっとすると彼らにとってのPVはポーズに過ぎなかったりする。自腹でPVを導入できない企業はその程度の業績なのだし、補助まで得てPVを導入するってどうなんだろう?国も、これは予算配分が変じゃないか。

僕は日本国民として、日本のエネルギーを考えた時に、住宅の省エネ、創エネをPVを通して、ゆるぎないものにしたいと、と思う。
住宅PVをやらなくちゃと思う。これってベースなんですよ。
いくら日本の太陽光発電ビジネスが割に合わないからといって、外貨稼ぎに集中している場合じゃないな、と思う。

日本のためには、住宅の太陽光発電を一から十までちゃんとやれる、そんな業者を育てたいなぁと思う。今のところうまく行かない。
専業者同士が互いに会おうってったってカネも時間もないし、なぁ。

どうやら、PVって、多くの事業者にとっては、片手間なんですよね。
商品を売るっていう商社機能に留まっているというか。。。

シツコイけど、日本のエネルギーの未来とか電子技術開発のアドバンテージ、建設技術の底上げとか考えるとやっぱり住宅PVが最優先されるべきだと思う。ちゃんとWIn-WInになるような業界の形が要る。その形って、僕にはまだ見えないんだけど。(政治は出来ないだろうな。僕は)

5月 30, 2008 人間的な、あまりにも人間的な |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/41368118

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅PVを最優先に!:

コメント

なんか、シンドイですよね~!結構、イヤになってきてるんですけど・・・

権力も金もなければ、なんもできないんでしょうね。。。あ~無力感!!typhoon

投稿: なっちゃん | 2008/07/02 0:30:07

お久し振りです。
お元気ですか?

最近は、PVが好きなのでそれだけで頑張っているという業者さんばっかりになってきましたね。あとは鵜飼達と。

全然話が違いますけど、なっちゃんのビジネスモデルを真似する会社増えてますね。

投稿: よしどみ | 2008/07/09 22:36:19

コメントを書く