« 台湾の光電・半導体設備産業協会で話してきました。 | トップページ | 札幌電気学会、そしてAさんのこと »

2009.04.28

転倒は笑いごとか?

台湾紀行の続きです。
私は彼らにアレイ転倒の事例を数例お見せしました。
話しながら、私は彼等の失笑に気付きました。
(日本の業者は)そんなものも検討していないのか、と。
私を世話して下さった方は数学者なので余計にそう思われたようです。
あれはミニマムも満たしていないではないか」と。
力学も知らない人が工事をしているのか」と。

インテリが多かったためか、そんな感想が普通でした。
しかしこれは本当に笑いごとでしょうか。
理屈の話をします。
要件:Mr>Mw
ここに、
Mw:(風による転倒モーメント)
Mr:(抵抗モーメント)
理屈としては簡単です。
ただのニュートン力学です。

じゃ、実際にやってみてごらんなさい。
頭で理解出来ていても、実際に代入すべきパラメータを集め、計算するとあっと言う間に一週間二週間と過ぎてゆきます。
是非、あなた自身がやってみてください。

何が大変か。
構造と言うものはアナログ回路設計と同じで、多数パラメータの一部を仮に埋めて計算、取捨選択、最適解への収斂させないとならないのです。
いくつものシナリオを立て、実際にCADを動かし、質量情報を集め、重心を解き、幾つものシナリオについて,実計算しないとならないのです。

事故例を目にして笑ってしまうのは、日本人も全く同じです。
しかし笑ってはなりません。

この検討期間、ユーザーはお金をくれますか?
呉れないでしょう。
ユーザーは、構造など、具体的に考えたこともないからです。
飛ばなければ良い。
ここには希望的観測だけがあります。
業者もそう。

だから大抵の業者は無設計を選ぶのです。
多くの事業者がサボる理由をちゃんと考えないとなりません。
実際、俺だけは大丈夫だという事業者が事故をやるのです。


本当は、このほかにもδ、σ、τを考えないとなりませんよね?
つまり、かなりめんどくさい。
大抵は最初にδでひっかかるでしょう。
その前に陸屋根設置ならば、M-resistanceでひっかかるでしょう。
しかもこのパラメータ、確保するのにいちいち大きな工事費がかかる。

だから日本メーカーは質量基礎を認めたくないのです。
儲からないうえに責任は重いからです。めんどくさいからです。

普及促進に当たっての問題点は、技術者不足です。
太陽電池コストは、もう十分に安い。最大でもたかが総コストの4割以下。
太陽電池が安くなれば・・・という幻想が主流としてまかり通っていますが、実は太陽電池の低コスト化による効果は、最大でもそれっぽっちなのです。
実市場において、総コストに占める太陽電池コストの割合がたったの一割もない場面が多いことは、もっと知られてしかるべきでしょう。

販売者は既に過剰。
工事人も、意外に居る。足りる。
実は、お客さん(ユーザー候補)もいっぱい居る。
一方で設計者、技術マネジメントをする人が全然足りません。

請負師や商社~工事人の間に足りないのは何か。
請負師や商社は鵜飼になりたがっている。工事人は鵜になりたがる。
それを職能とか、分限というと美しいでしょう。

しかし、職能とは汚いもので、自分の能力を超えること、分限を超えたことは、知らないと張り通す。
かくして、無責任がまかり通る現実がある。

その社会的影響度を我々は知らないとなりません。

元請けがこういったから、と言って、誤った設計の工事を請け負う業者を私は軽蔑します。モラル、モラールが育つのはいつの日でしょうか。
人のせいにして、世間のせいにして、それで仕事が成るものでしょうか。

戦うべきは、自分の小さな世間でしょう。
あなたの小さな世間はしばしば、強要します。
あの人がそう言ういのだから、と。

アホか!
自分自身で、試行し錯誤し、結論を求めなさい。

それから、ユーザー候補に言いたいことがあります。
安くしたいというのは、ほどほどにすべきです。
ただそれだけでは、誰もあなたのために働かないでしょう。
それほどの余裕はないのがこの業界です。

たったの一度でも良いから、システムの最初から最後まで、自分自身で検討してみてください。業者もユーザーも。
色々と分かると思いますよ。

4月 28, 2009 問題提起 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/44818075

この記事へのトラックバック一覧です: 転倒は笑いごとか?:

コメント

コメントを書く