« δの計算 | トップページ | PVバブル?? »

2009.05.21

劣化・故障とはこういうもの

以下のIR合成画像を見てみよう。
健全アレイと故障アレイである。
0409

0417後者がおかしいのがお分かりいただけるだろうか?
前者は距離と放射エネルギーの関係性が保てて居ない。
後者も似た条件だが、ここには部分発熱を観察できる。タブの重故障だ。
温度レンジをわざわざ合わせている意図がお分かりいただけるだろうか?行儀の悪い業者を排除するためである。IRは幾らでも悪用が可能だ。だから今までアップロードしなかった。

なお、答えだけ知りたい事業者(情報だけ必要で自分は何もしたくない人)には、
●労力
●知恵
●お金

いずれかを要求する。
私は厳しくすることにした。
飛行機に乗り、新幹線に乗り、訪ね歩けば誰かが教えてくれると考える人が多いが、これはもう許さない。ナマケモノを増やすだけだ。自分自身は何もしないくせにお金だけを欲しがる拝金主義者を増殖させるだけだ。日本のためにもならない。

そもそも私は、ケチをするのは嫌いだ。
しかし、もう堪忍袋の緒が切れた。
何の努力もせず、お金も使わず、答えだけを知りたがる輩に教えてあげる価値は全くない。
今後は、一般ユーザーにも厳しくする。
せっかく伝えても、自分だけ得をすれば満足し、他の人に教えてあげる努力を怠るからだ。そんな人のために誰が働くだろう??
後輩は育てたい。今、実に今の私は年に100日は人に教えることに時間を使っている。しかし、そうやって教えを請う多くの者の態度は目に余るものがある。・・・他の誰にも伝えないのだ。この連中は、何か新しく覚えればそれを使って日銭を稼ぐことしか考えない。
あるいは、自分がひとつ賢くなれば、それで満足してしまうのだ。今自分が困っていても他の誰かがその今を助けてくれればすぐに忘れてしまう。もし私から何かを学んでも、その恩などは忘れていい。しかし同じ思いをする人のために働かないのはどんなものか?だから私は、誰かに教えるにしても、その個人を瞬間風速で潤おすばかりではダメなのだ。
日本のPV技術が諸外国に負けそうな原因のひとつが、ここに、ある。
特に住宅PV業者は悲しいくらい、レベルが低い。

5月 21, 2009 太陽光発電の技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/45079434

この記事へのトラックバック一覧です: 劣化・故障とはこういうもの:

コメント

おっしゃるとおりです。
技術サポートやら施工考案等はタダなのはこの8年太陽光ビジネスしていて痛感してますよ。
故障しているかどうかのサポートもどうするか?必要ですね。

投稿: 広島の謎なる商社マン? | 2009/05/28 13:46:17

広島の謎なる商社マン殿!
この業界はタダ働きして、商材の利益がちょっぴり。こういう感じですねぇ。
故障診断もマトモにやったら経費すら出ません。寝ているのが一番儲かりますわ。
一番いいのは、伝票だけ流してあとは知らん振りすること。

投稿: よしどみ | 2009/05/28 22:11:29

こんにちは、

IT産業にいましたが、設計でお金取れるのが少なかったので建築関連はお金がとれて羨ましく思ったことがありました。

太陽電池の劣化が温度で解るなんて事は素人では思いもよりませんでした。

ありがとうございます。

投稿: かば | 2009/06/23 14:47:06

建築の場合は、建築士が居ないと何もできないですからねぇ。建築だけは、他の業界よりも高度な技能と国による保証(たとえば国家資格)が必要です。お預かりする財が大きすぎるからでしょうか。

太陽電池の場合は、安いので誰でもいじることができます。だからムチャクチャになるんですけどね。

IRは便利です。アタリを付ける分には、悪くありません。しかしδTの閾値設定が悪ければ、誤った結論を導くので使い方には注意が要ります。
結局はIVカーブトレーサと日射を使った規格化作業の後に比較判定するしかないのでしょう。

投稿: よしどみ | 2009/07/01 0:17:07

お久しぶりです。

いつも熱いですなー

ということでまた、電話します。

投稿: 屋根屋 | 2009/08/14 17:12:27

あれ、お友達じゃないですか。
たまには遊びましょう!!

投稿: よしどみ | 2009/08/17 3:05:36

コメントを書く