« 2009年5月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.06.26

レモンな太陽光発電システム

消費者は経済合理的な行動をしようとする。
”同じもの”がすぐ隣のスーパーで安ければそちらに向かう。
向かうための労力がそれなりに小さければそうする。
労力がプライス差を越えていては行動の意味がないからだ。

厄介なのは、それが同じものかどうかが判然としない場合である。
同じ年式、同じ保証、同じ機種の中古車。あるいは新品のPV。
前者にあっては、かつての中古車市場が参考になる。
ジョージアカロフの指摘はここに始まった。
米国では中古ポンコツ自動車をレモンという。
酸っぱくて、やりきれない、という負の意味だ。
(正の意味はピーチ)

レモンには安い市価が付く。
しかし、レモンがレモンである理由を購買者は知らない。
業者はレモンの理由を知っている。
たとえば、事故車であるとか、だ。
しかしこれは、業者しか知らない。
これを情報の非対称性と言う。

この情報の非対称性を原因として、購買者はレモンとピーチを分別する方法を知らない。
分別方法を知らなければ、購買者は安いレモンを買うしかない。
選抜の基準は、価格しかないからだ。
しかしレモンはレモンでしかないから、購買者はその修理に要する費用や、ストレスで結局は高い買い物をしてしまう。
これを逆選抜という。

太陽光発電システムの逆選抜も同様に深刻だ。
購買者達は、kw幾らかの指標しか持たない。
本当は、何年使ってナンボ。
年間発電量(Yield)×運転年数+付加価値。
本当は、システムの生涯発電量が大事なのは、皆うすうす感づいている。

しかし、あまりの情報不足に誰もがそれを考えることをあきらめてしまっている。
だからこそレモンを販売することがビジネスであり、食べてゆく唯一の方法になってしまっている。
Lemon

6月 26, 2009 問題提起 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.06.16

だいぶ違います。

これはひどい。実際に出来ないものを書いてはなりません。

カタログ内のアレイ2つ目にウチのホームページの、お客さんの写真がなぜか使われています。
それはそれで構わないのですが、電動梯子で出来ない現場はどうやっても出来ないのです。誤解を生む広告はやめましょう。
実際、これは高所作業車で施工しました。
ナンデモカンデモ電動梯子で届くならば世話ないでしょ!?
良くても物件の半分ですよ。電動梯子が使えるのは。
地域やプロジェクトによっては対応可能性ゼロだ。

勘違いなきようお願いいたします。
PVはそんなに画一的な仕事は出来ません。
いちいちの現場で、新しく対処することばかりです。
大雑把な広告をすると新規に参入する人が困るでしょう?
そういうことがわからないのですか?

6月 16, 2009 人間的な、あまりにも人間的な | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.09

責任の希釈

売れれば売れるほど儲からない。
これが住宅太陽光発電業務の実態である。
しかし、ここには注釈が必要であろう。
直売、直設計、直工事の一貫生産が儲からないのである。

中間業者や利害関係者が少ないほうが儲かるのは商売の道理。
それなにの、どうして儲からないかって?

太陽光発電の場合、一気通貫業者はユーザーからの全ての問い合わせに全責任を負わないとならない。
やれ、電圧問題だ、やれ、隣に家が建って日陰になった・・・etc。
われわれはその全てに全資金、全労力を使って対応してゆかなければならない。これが一気通貫業者の宿命。

一方、こういう時、複数業者が垂直統合的に手を組んでいると、電話がたらいまわしにされる。ユーザーは放置プレイ。
どういう訳か、ユーザーは結構簡単にあきらめる。
たらいまわしは疲れるからねぇ・・・。

これまでもそういうシーンをたくさん見てきた。

情けないことだが、業者は、分業スタイルで行くほうが責任があいまい化してなんとなく利益確定できる。売る人は売る人。工事する人は工事する人。ユーザー利益保護やメンテナンスに目を向ける人は居ない。
これが日本のPVシステム業界の実態。


ただ、これからはそうは行かないだろう。
今後はFITがあるから今までkWだけを訴求してきたユーザー達は、kWh価値に気づきkWhを求め始める。システムのどこかに不具合があれば彼らは今までより早く問題に気づき、徹底的に業者を追及するであろう。

電圧問題と日陰問題
業界が、この二つの未解決問題に正面から向き合うのはこれからである。
呪いにも似た予言である。

6月 9, 2009 人間的な、あまりにも人間的な | | コメント (0) | トラックバック (0)

PVバブル??

最近問い合わせが多くて仕方ない。
SubsidyといいFITといい、わが国は勢い付きすぎ。
「全部お客さんにしちゃえばさぞ儲かるだろう?」なんて言われるけど、それは、無い。工事は誰がやるにせよ、設計から始まる建設だから数はこなせない。

それよりも、このブームで参っているのが同じ質問への質疑応答。
決まった答えを繰り返さなくちゃならないってこと。
太陽電池メーカーや販売店がWEBに開設しているFAQが頼りになればいいのだが、これらは鸚鵡返しに官僚的な返事しているから、ユーザー候補さんたちは具体的なことが良くわからず、嫌になっちゃってる。

こうも同じ話を繰り返さなければならない理由を考える。
わが国にはマトモな実務書が無い。
こちらで教科書を作らないとならないのか・・・頭が痛いです。

とりあえず大雑把なイメージをつかむには、NEFの施工品質向上委員会が作った教科書を読むといい。
http://www.solar.nef.or.jp/sekou.pdf
リンクを辿ると工事の教科書が出てくる。
ユーザーや新規参入業者の入門書になると思うが、いかがか?

ただ、CADや電気計算や構造計算、IVカーブの基礎が分かっていないとこれも、あまり意味が無いかもしれない。
中でもIVカーブとかPVシステムの理論に関しては、欧米の書いたものが便利と思う。

しかし、日本人は日本法の下にある。この点では海外文献は参考にしかならない。ところがどういう訳かこの国は法律嫌いばかりだ。まるで、ちょんまげ時代みたい。守らないと白州に引っ張り出される、みたいな。

でもねぇ、今の工学系法令は優れた内容なのですよ。業者もユーザーも分かってくださいませ。とかく、法令違反だと最低限の内容すら確保できないので、日本法をもっと勉強して欲しいと思う。

ここに問い合わせをする人はめんどくさがり屋が多い。
大雑把な問い合わせがあるたび、僕は大雑把に分かりやすく答えてあげたいと思う。しかし、大雑把な答えには大雑把な行動しか伴わないだろう。・・・つまり、ウソになる。

今の僕は何に対して返事をするにも時間がかかりすぎている。
自分の受注残をさばくより他者の面倒を見るのに精一杯だ。
一年以上待たせているお客さん、本当にごめんなさい!!

6月 9, 2009 人間的な、あまりにも人間的な | | コメント (0) | トラックバック (0)