« 劣化・故障とはこういうもの | トップページ | 責任の希釈 »

2009.06.09

PVバブル??

最近問い合わせが多くて仕方ない。
SubsidyといいFITといい、わが国は勢い付きすぎ。
「全部お客さんにしちゃえばさぞ儲かるだろう?」なんて言われるけど、それは、無い。工事は誰がやるにせよ、設計から始まる建設だから数はこなせない。

それよりも、このブームで参っているのが同じ質問への質疑応答。
決まった答えを繰り返さなくちゃならないってこと。
太陽電池メーカーや販売店がWEBに開設しているFAQが頼りになればいいのだが、これらは鸚鵡返しに官僚的な返事しているから、ユーザー候補さんたちは具体的なことが良くわからず、嫌になっちゃってる。

こうも同じ話を繰り返さなければならない理由を考える。
わが国にはマトモな実務書が無い。
こちらで教科書を作らないとならないのか・・・頭が痛いです。

とりあえず大雑把なイメージをつかむには、NEFの施工品質向上委員会が作った教科書を読むといい。
http://www.solar.nef.or.jp/sekou.pdf
リンクを辿ると工事の教科書が出てくる。
ユーザーや新規参入業者の入門書になると思うが、いかがか?

ただ、CADや電気計算や構造計算、IVカーブの基礎が分かっていないとこれも、あまり意味が無いかもしれない。
中でもIVカーブとかPVシステムの理論に関しては、欧米の書いたものが便利と思う。

しかし、日本人は日本法の下にある。この点では海外文献は参考にしかならない。ところがどういう訳かこの国は法律嫌いばかりだ。まるで、ちょんまげ時代みたい。守らないと白州に引っ張り出される、みたいな。

でもねぇ、今の工学系法令は優れた内容なのですよ。業者もユーザーも分かってくださいませ。とかく、法令違反だと最低限の内容すら確保できないので、日本法をもっと勉強して欲しいと思う。

ここに問い合わせをする人はめんどくさがり屋が多い。
大雑把な問い合わせがあるたび、僕は大雑把に分かりやすく答えてあげたいと思う。しかし、大雑把な答えには大雑把な行動しか伴わないだろう。・・・つまり、ウソになる。

今の僕は何に対して返事をするにも時間がかかりすぎている。
自分の受注残をさばくより他者の面倒を見るのに精一杯だ。
一年以上待たせているお客さん、本当にごめんなさい!!

6月 9, 2009 人間的な、あまりにも人間的な |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/45282360

この記事へのトラックバック一覧です: PVバブル??:

コメント

コメントを書く