« 体験と経験と | トップページ | トランジスタ技術2010年3月号 »

2009.12.23

システム動作をどう説明するか。

業歴が長いせいか、最近あちらこちらの講演に駆り出されて、初心者向けに専門的な話をしている。
いつも悩むのがPVの動作の説明方法。いきなりIVカーブやダイオード特性を持ち出すと、ワケが分からなくなるらしい。それで、オーム法則から積み上げることを試行している。

するとまぁ、これはこれで、電流とは何か、電圧とは何かの定義付けからはじまって大掛かりになる。日本のPV関係者は理系も文系もなく、様々なので根っこからはじめざるを得ない。しかし、小学校~中学校に習ったことを、誰もが理解しているとは言えない。理系屋は、算数理科を忘れた文系屋をバカにするけど、そういうものじゃないだろう。今使わないことなど、忘れてしまうのだ。現代社会での職は、あるセクションを担うことになってしまっているから、誰だって今やらないことはどんどん忘れる。職業人としての社会人には、実際、知識や教養の幅よりも、深化の方が求められている気がする。

だから、電圧電流とか、忘れてしまっている人に対し「あんたなぁ、それって、子供の頃にならっただろ!!」といきなり怒るのではなく、思いやりを持って、順を追って説明することが大事だと思う。

しかし、初めからの説明はかなりめんどくさい。本題に入るのが遅くて、自分はもちろん、聴く側の、特に理系実務者の誰もがいらついてしまう。何かうまい方法が無いかなぁと思案していたら、結局、独立型から系統連系の発明までの技術方式を歴史的推移として話すのが良いのではないかという結論に至った。

ダイレクト負荷駆動、蓄電池バッファ、そして系統連系。
思い切ってこれを歴史軸、発展軸として取り扱ってしまう。本当はそうじゃないし、アプリケーションに応じて技術方式を使わける現実があるのだけれど、あえてそう決めつけてしまうことで理解を助ける。こんな感じか。

独立型では、シャント制御かシリーズ制御か、いずれかの方法で投げ捨てを行い、負荷抵抗とPVIVの交点を一致させないとならない。

昼夜を問わず連続運転をしたい負荷が出てきたら蓄電池をバッファとして使う。しかし、これではPVから得ることができる電力は、いつも最適動作点と乖離し、損が多いから系統連系という発想に至る。技術方式としては発電機のパラランだ。

だけどこれも変動を受け入れるのは、あくまでも系統側なんだよ。。。系統連系の発明によって、発生電力、負荷電力の変動幅吸収という厄介な面は、全部外にあずけられてしまった。しかも知らず、電力系統に負担をかけている。やっぱり電力会社をまるで仮想敵とみなすPV関係者のあのやり方は、問題が多い。
何か、もう少し両者が歩み寄る方法がないものか。

ありゃりゃ、だいぶ話題がずれてしまった。

12月 23, 2009 開発・具体的な取り組み |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/47090672

この記事へのトラックバック一覧です: システム動作をどう説明するか。:

コメント

こんばんは
本年も宜しくお願いいたします

お年賀状、ありがとうございました

トラ技 3月号の発売が待ち遠しいです

投稿: やまぐち | 2010/01/10 18:49:46

コメントを書く