« システム動作をどう説明するか。 | トップページ | 同じことを思う »

2010.02.08

トランジスタ技術2010年3月号

アナログ回路に欠かせない雑誌です。
今回は、太陽光発電の特集です。
回路が良く分からない人には難しいとは思いますが、面白い記事がたくさん載りました。
秀逸は、日本カーネルシステムの中平さんの記事です。
太陽光発電の世界に居る人には当たり前すぎることが書かれていますが、初学者にとってこれほど丁寧な記事はなかなか無いでしょう。それに簡単に書くほうがずっと難しいのです。論文等とちがった視点で見て貰うと勉強になると思います。

私も記事を書かせて頂きました。2本です。
一つ目がアレイ構成の基本。
編集の経緯で若干の表現間違いが残ってしまいましたが、分かりやすく書くように努力したつもりです。
二つ目が住宅用太陽光発電について。
構造強度や交流連系点にまで言及した点で従来よりも実務的なところにまで踏み込めたかなぁと自負しています。
システムは、発電効率の事ばかり考えているのではダメなのであって、継続して運用できてやっと全体なのです。そういうことを伝えたかったつもりです。

2月 8, 2010 太陽光発電の技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/47509912

この記事へのトラックバック一覧です: トランジスタ技術2010年3月号:

コメント

10日は突然お邪魔しました。
トラ技は、その後、書店で購入しました。
週末にじっくりと読ませて頂きます。book

投稿: やまぐち | 2010/02/11 4:36:10

そりゃどうもです。買ったということより、中身についての感想が欲しいなぁ。

投稿: よしどみ | 2010/02/15 0:04:41

コメントを書く