« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.27

独立型はなぜ通じない

PVバブルのせいか、独立型の問い合わせが、友人レベルにまで及ぶようになった。
しかし、彼らはなんにも根っこのことをわかっていない。

パワー=kw設備について、エネルギー量=kwhについて。
この違いが分かるまでは、決してシステム内容の打ち合わせに及ばない。
どの程度の負荷を、何時間動かすのか、ラッシュはどれだけか、ACかDCか。。。

問い合せる本人にその重要性がわかるまでは、決して方針が決まらない。
方針が決まるまでは、かかる費用が10万円なのか、10億円なのか、それすらも誰にもわからない。
負荷が判明しているのなら、実機検証をしようよ。
実機検証をしない限り、独立型のコストは決して見えない。誰にも、だ。
中でも、何を何時間動かすかは、ユーザーしか知らない。
こういうことも、負荷機器のメーカー仕様書には出ていない。
だから調べるしか無い。

でも、そう言っても、なかなかその必要性がわかってもらえない。
問い合わせを受けるたび、僕はいつも説明にくたびれ、喉がかわいてしまう。
ポンチ絵を書くのにも、手を腫らしてしまう。
独立型に限らず、この状態が系統連系まで連綿として続いてしまった。

本当に、日本市場は不幸だと思う。
その理由は、基礎を知ることが出来る独立型市場の時代を持っていないからだ。
理由はこれに尽きる。
日本はNEF補助金の頃から、いきなり住宅系統連系の時代に入ってしまった。
しかもまもなくキット化されてしまった。

これでは、独立型どころか、バッテリやチャーコンはもちろん、オーム法則すら知る機会がない。
構造や法令も考える機会も持たされていない。
ユーザーはシステム構築に参加できないということだ。
これはまずい。
それに面白くない。

メーカーやシステム設計者は、ユーザーを育てる義務を持っているはず。
もっと辛抱強く。
今一度足元を見て欧米のように、楽しくこの世界を育ててゆこうよ。

3月 27, 2010 問題提起 | | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.03.18

キーワードの暴走

昨今は、「ホットスポット」がそう。
本当は40年くらい前から取りざたされてきた現象。
最近、太陽電池の不具合を通じてだいぶ知られるようになったから、心配だけで電話やメールをしてくる人が多い。だけど、意味を理解しなければどうもこうもしようがない。
中には全然関係の無いのも多い。
無智とは苦しいものだ。
まだ見えもしない厳罰の神に誰もがおびえはじめた。

電圧上昇抑制もそう。
コイツは頻発。
しかし、まだ起こっていないのに心配する人まで出てきた。
僕はこれからこの言葉の使い方を注意しないとならないと思う。

そのうち、アレイミスマッチとかブレークダウンとか魑魅魍魎へのユーザーの不安は際限がなくなるかも。
雨漏りなんていう分かりやすい言葉もこれらと実は同列的な受け止められ方をしている。
地震台風なんか、ずっと、そう。

難儀の共通点はユーザーはじめ関係者が現象をきちんと理解せず、言葉に振り回されているところにある。
こういうのは、いとも簡単に霊感商法に化けてしまう。
悲しいかな人並み以上の生活をしていて・・・要するに幸福で感度の高い人ほどこういうものに弱い。

そうするとキーワードを振り回せば商売になると、知らず思っている連中が出始める。
こういう無意識を「怪しからん」と僕は、厳しく見ている。

・・・なんか今日は放言が多い。
解決方法はまだ無いのだが、このままじゃまずいと思うことを思わずシャウトしてしまう。


3月 18, 2010 問題提起 | | コメント (2) | トラックバック (0)

因襲を打破せよ

「風速60mでも大丈夫!」
とか、
「北面設置はダメです。うちはそういうチョンボをしません」
とか。。。

こういうのを謳うのって、おかしいですよね?

風速60mOK・・・えぇ?たったそれだけ??(逆に)その必要ないよ!
10年も前の旧法をなまじ聞き齧るから、変なことを言う。
海外で同じコトを言って御覧なさい。
コイツ、だめだな、と思われるよ。
まず、言葉がなっていない。
等価静的風圧力の分布とその力学的意味を理解していないことを露呈するだけでしょう。

北面設置・・・何がいけないの?
ユーザーが求めるのが経済性であれば、北面設置もアリ。
今は、買い上げ単価が変わったので状況が違う。
北面設置には、少なくともイニシャルコスト低減効果がある。
あまりオツムがちがちだと、うそを言ってしまいます。

しっかりしよう。自分で考えよう。
計算ごときでわかることが意外に多い。
常識、口伝の背景を確かめたことがあるかキミ?

日本は性能規定だから本質的。裏を返すととても難しい。
(建築学会は嫌がるだろうけど)今の業界レベルを考えると、PVは、仕様規定にして欲しいくらいかもしれん。

3月 18, 2010 太陽光発電の技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ブローカー乱立、セラー乱立、サーティフィケイション乱立

この数年、事業者向けのテレアポが多くなりましたね。
・新聞雑誌に広告を載せませんか
・広告勧誘の自動送信FAX
・アンケートだかリサーチだか紛らわしいもの
彼らの電話、うるさすぎます。
シャープのコピー機とか、KDDIとか、NTT光とかぐらい、やかましい。
こういう奴らをブタ箱にぶち込めない日本法は、一体どうなってるんだ?

自動ファックスも多いね。
コンサル会社とやら、勝手につまらないファックスを送ってくるのはやめて欲しい。
紙と時間がもったいない。
連続自動返信を連発する意地悪を開発した人の記事を見たことがある。
「紙返せ」が延々相手の手元に届く。
わかるわかる。それ、やりたくなる。

メールもうっとうしい。
楽天やらヤフーの、あのやかましい販促メールくらい腹が立つ。

これらの連中は全部法規制して欲しい。
しかし、狡猾過ぎて、ブタ箱に入れてやるのも勿体無い。

-----------------
電話やファックスやDMを駆使して既存ビジネスの間に割り込むのは、定番商法のひとつなんでしょう。
しかし、彼らだか彼女らは何もしない、何も知らない。厚顔無恥です。
あれが減らないと、仕事時間が減るからやだなぁ。
最近は、怒鳴りつけてやっている。
その仕事、恥ずかしくねぇのか?なぁ、お前?
何が面白くて、俺の時間を泥棒する。
愚図野郎め。

-----------------
見積屋も増えました。
ローコストどうのこうのとか、
一括見積もりとか、

ひどいなぁ。
中身の話が出てきたためしが無い。
見積もりなんか、タダで出来るわけが無いじゃないか。

-----------------
ユーザー候補にもいいたいな。
安いだけがいいのならば、商社になればいいじゃないの。
今、流通業者が余っているので誰でも取引できますよ。
材料費なんか簡単に浮くでしょう。何十万も。
でも、あなたが自分で作れるかどうかは知りません。
少なくとも根気は要りますね。

-----------------
ついでにMETIやJPEAまで興行しているものだから、
あれに乗っかって、セールス。
能力と何の関係もない、受講証明のカードを呉れるでしょう?
でも、なんだか国のお墨付きみたいになってる。
そして、受講者たちはそれを妙な形で利用しようとする。
多くの受講者たちは、セールスの道具充実のために行っている。
NABSEPと同じような問題がここには、ある。

-----------------
関係者から、教育活動と啓蒙の実効性について議論が出ることがある。
なまじなCertifyはやめたほうがいいな、と僕は思う。
海外の状況を見てもそう。

-----------------
では、なまじではないやり方というのはどういうものか?
それはまだわからない。
少なくとも、その道のプロを集めて、糸を引くというものではないと思う。
おぃ、この構造おかしいんじゃないか?
「建築士に見させています。」
ほう、で、自分で見てどうだった?
「わからないけど、大丈夫でしょう?」
・・・自分ではわからないものを認め、売っちまうのか??俺には全然理解できん。

おぃ、この電気設計おかしいんじゃないか?
「電気工事士にやらせています。」
でもこれ、おかしいぞ。
「でも動いています」
・・・どうして動いていると分かる?
「表示が出てます」
ちょっとましなのでも「Pyrに比例してる」とか、「IVがきれいです」とか。
あのぉ、それって電気設計や安全とあまり関係がないんだけど。。。

ひどいのだと、
「意味が分かりません」
「○○年やってます」とか、
・・・(呆れながら)ほぉ、それがどうした?
これはもう尋ねる気もしない。

これが常態なので、頼りないことしきり。
人を呼ぶ癖に、手伝い甲斐もない。

-----------------
とかく、働く奴が増えないと、何にも良くならない。
この考えだけは変わらない。
変えさせてくれるようなものに出会ったためしがない。

ちょっと前まではPVの認知度を高めなければならないという状況だった。
でも今は違う。
変わってしまった状況に対応しなければ、社会全体に要らないものがあふれかえる。

3月 18, 2010 問題提起 | | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさらロジアナ

売っていないものは自分で作る。

作りながらオシロはちょこちょこ見る。
でもデジタル回路は多chなのでその動作が合っているのか間違っているのか分からなくて困っていた。
動けばヨシ?。。。自分のコーディングはとても怪しいのでいつも不安を残す。

今更ながら、ストロベリーリナックスさんからロジアナを買う。
言い訳をすると、昔じゃとても買えなかった。
今なら月給以下で買える。凄いなぁ。

こうやって売っていないものを作る。
仕方なく。だけど、楽しみながら。

-----------------

新聞やTVでは需要が足りないなどといって騒いでいる。
でも、要るものを作ろうという動きが無いではないか。
経営者たちは、量産以外の分野には、見向きもしない。
だから、需要不足という言い方は、間違い。
儲かる仕事が少ない、と換言しなければならない。

太陽光発電の仕事に必要なモノ・コトがまだ全然足りない。
もっともっと、太陽光発電にプレーヤーが増えることを祈る。
商売人は、もう要らない。
旗振り役も、もう要らない。
とにかく、働く人がこの業界に欲しい。

-----------------
太陽光の学校設立ブーム。
おかげでやっと工事屋が増えてきたというところか。
うーん。工事屋は既に結構居るんだけどなぁ。
需給バランスも結構良い。

一方、設計者ゼロという状況がやばい。
メーカーにはもちろん居る。
でも、人が少ないし、彼や彼女の分野はとても狭い。
回路だけとか、構造だけとか、法だけとか。。。
これではシステムは出来上がらない。

システム設計者がどうしてこんなにも少ないのだろう。
だから現場はいつも・・・
「材料があって、いきなり工事。」
これが日本市場。びっくりしてしまう。まるで砂場だ。

まぁねぇ、LEGOみたいに組みあがれば皆その場は満足しちゃうからねぇ。
でも、消費者は後で文句を言う。
あれは卑怯だと思う。
でも、業者も卑怯。しょせんはブローカーだから、他人のせいにするテクばかり磨いている。
それにしても、一体、この世界を物販にしたのは、誰か。
もったいないことだ。

3月 18, 2010 人間的な、あまりにも人間的な | | コメント (0) | トラックバック (0)

海外製の何が悪い

海外の製品が出回るようになった。
あれって、大丈夫なのか?
日本の業者からそんな声が聞かれるようになった。
でも、それ以前に、日本のは上等なのか?

海外製か日本製か、端的な答えばかりが求められている気がする。
でも、これはそもそも意味の無い問いだ。
製品種によってあまりにも違う。

気になるならば、調べてみればよろしい。
でも、前提がある。
架橋の具合までは分からない。
構成部品の耐久性は分からない。

それでも、簡単なことは分かる。
これまでの頻出不具合、事故例を思い起こしてそのままテストするだけだ。

モジュールの簡単な評価は架台やインバータよりも取り組みやすい。

例えば、簡単なところでは、
●梱包
梱包がまずいと、納品時に傷だらけになる。
こういう場合、工事業者任せになんてできない。
●コネクタ
低温と高温とで挿抜感を見てみる。
道具が無いならば、感覚でOK。
何が起こるのか、これまでの経験で想像がつくはずだ。
工事屋連中はこれをC材と思っているが、実は深い。
NECとかIECのコンプラチェックも悪くない。
●端子台
実機テスト。工事してみればよい。
やばい機種は、工事がやりにくいのでトラブルが頻発する。
ヒューマンエラーへの配慮が無い製品はこういうところで全部が見えてしまう。
●フレーミング
ばればれです。どうであれば何が起こる。。。これが見えない奴のセンスを疑う。
●アスペクト比・エッジスペース
話すまでもありません。アスペクト比が低いものは、構造的な事故が多くなる。
これは架台設計との対になる。
エッジスペースの小さいものは、別の問題あり。
●タビング
これも結構、目視で分かる。メーカーの思想まで見える。

評価機材が無くても結構分かるでしょう?

もう少し贅沢を言えば、
●電源器をつないで逆電流象限動作させる。
タブ半田がゆるければ、IRでホットスポットとして観察できる。
暗条件で十分。2Isc程度でもやばいところが見えてしまう。恐ろしい。
●短絡時温度分布を見る。
バラつきの部位が偏りを見るとどこがやばいのか、見当つくことあり。

大事なのは、これでヨシとしないこと。
1割も見ていない。
でも、あまりにお粗末なものはすぐに分かってしまう。
簡単な消去法をしたあと、心配という情緒行動に出ればよい。

PCSは、日本製しか出回っていない。
入力条件を変えながら動作点を見てみてはどう??
手間はかかるが結構面白い。

頭が痛いのは、架台だ。
実機観察とFEM入力をすれば、一発で分かる。
だけど手間がかかる。恐ろしく手間がかかる。
上に書いたものに対して100倍は時間を食う。

こんな手間をかけるくらいなら、自分で設計する。これで良い。
他人まかせにして文句ばかり言うから、日本の業者は本当につまらない。
架台の納めが悪いと、発電がゼロになるどころか、公衆災害につながる。
本当は太陽電池の品質などより、これをきちんと見る目を養ってほしい。
しかし、市販品はどうせ寸法と断面性能が公開されていない。
(んなもの商品と呼べるのか??)

どうしても自社開発するのが嫌で、量産品を使いたい場合もあろう。
だったら実機を計り、計算すればよいだけだ。
計算で不安があれば、実験すればよろしい。
この高々数十万~数百万円の費用も掛けず、売りに走るのが、日本の業者の信用ならんところ。
自分自身が良くわからないものを、売ってしまう。ひどいよなぁ。
で、何か起こったら、全部メーカーのせいにしようとする。
馬鹿じゃねぇか。

誰が作ろうが良いのだ。
それが、必要十分なものであれば。
先にコスト論を持ち出すから変なことになる。
中身を決めるのは、設計目標であり、法であり、あなたの倫理観であり、最後にユーザーのせこいコスト要求。
逆の発想をするからへんなことになるのだ。

発電性能を知りたいだって??
馬鹿なことを言うんじゃないよ。
発電性能なんて、百年早い。
壊れないかどうか、絶望的な壊れ方をしないかどうか
これを先に見なければ意味ないじゃないの。
必要なのは、速いだけのスーパーカーやジェット機か?
淡々と動き続ける時計のようなものか?
答えは自明だろう。

3月 18, 2010 太陽光発電の技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

電圧上昇抑制の対策

以前も書いたけど、もう一度、原則を確認してみたい。

●発生条件
L1、L2のバランスが悪いときに起こりやすい。
PCSから受電点までの距離が長いとき(δVが大きいとき=R大)に起こりやすい。
軽負荷時に起こりやすい。

●対策
・対外的なもの。
事前にデーターログし、電力殿にも一緒に考えてもらう。
→担当者次第でバラつきあり。全く無関心な担当者に出会ってしまうと、オシマイ。
・技術的なもの。
AC幹線を太くする。
PCS位置を受電点に近くする。(サンプリングがPCS内であることから)
分電盤L1L2バランスを取る。
分電盤インピーダンスが利いてくるのでC接続(銅バー末端連系)はご法度。
→ハウスメーカーさん、いい加減にあれやめたら??
室内幹線増強、引込み線増強。

このうち、L1L2バランスは、連系用に複巻トランスを準備するだけでもだいぶ良くなると思うようになった。
系統側端子を200Vの2端子(Nはダミー端子)とし、二次側を3端子とする。
中点をあくまでトランスで作りこむわけだ。
これだけで確実にバランスが取れるので、事後が全然違う。
問題は、住宅には場所が無いこと。今の市場のコスト感覚では許容できないであろうこと。
PCSメーカーの研究所では、片相にスライダックを入れれば、評価がしやすくなるだろう。

現在の抑制シーケンスでは、100V側もサンプリングしてしまうところが痛い。
これに対して、発電機側単独で対策すると言うのは、悪くないと思う。
結果として、コンプライアンス上のサンプリング点は受電点に移動する。
バランスが主たる原因である場合、この対策が一番有効と思う。

3月 18, 2010 太陽光発電の技術 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2010.03.17

いつも同じ話

電圧上昇抑制。
友達の現場で起こる。電話が来る。
いつものことだけど一緒に胃が痛くなる。
見知らぬ人からも連日電話が来る。メールが来る。
もう治らないのだろうな、と思う。

学会は技術で解決しようとする。
でも、技術では決して解決出来ない。
これは、僕は確信する。悲しいけれど。
政策は、政策で解決しようとする。
でも、いつも政策は遅い。10年たっても20年たっても状況は変わらない。

・・・実は、急いだところで、お金でしか解決が出来ない。

根本を変えるにはユーザーが問題提起をしないとならないと思う。
技術では解決出来ないことが、確かに、ある。

ただのそれだけをわかってもらいためだけにHPを作り、ブログを書いてきた。
でも、まだ何も変わらない。

太陽電池が安くなってしまって、
原発反対派みたいな、魂のある人達が減ってしまって、
そうして、モノゴトを変えるための、原動力が無くなってしまっている。

僕が、産総研の加藤和彦先生をえらいな、と思うのは、
誰も見ていなくても、行動することだ。
じっくりやれば山をも動かす。
正直、太陽電池の不具合についてこれほどまでに興味を持ってくれる人が増えると思わなかった。

もちろん、すぐにはなにも変わらないと思う。
でも、興味を持ってくれるテレビ、新聞、雑誌が増えてきた。
分かる人にはわかると思う。
いつしかPVオーナー共通のテーマになっていれば、と願う。

3月 17, 2010 問題提起 | | コメント (2) | トラックバック (0)

マスターと

ツラツラと飲みながらPCBを描いていたら、嫁さんと近所の飲み友達とマスターが帰って来た。
と言うわけで3時まで酒盛り。
ご近所さんというのは良いものです。ハイ。

近所にPVの話が出来る人がいたらなぁ。
って、PVネタしかなければそれはそれで、たまには世間話をしたくなるものだろう。
勝手なものだと思う。

3月 17, 2010 人間的な、あまりにも人間的な | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.16

同じことを思う

太陽光発電ストリングのオンオフ制御。
今は何が起こるか分からないので結局はパワーMOSのソースコモン接続になる。
ボディダイオードが効いてしまうことなんかはどうでもいいけど、逆バイアスが問題になっている今、双方向のオフアイソレーションが欠かせないと思う。

で、しょぼしょぼとそんな試作をしていて、ふとAISTに遊びにいったら、大関先生、山田先生らのグループもそんなことをしてた。
デバイスはこれから良くなってゆくから(今までどんどん良くなってきて、いつの間にかびっくりするほど!!)この傾向に期待して、Rds×2なんていいんじゃないか、というノリ。

いいですねぇ。
コストがどうのこうのじゃなくて、まずは理想型から追ってみる。
こういうのって、ナショセミが火をつけた新しい取り組みかもしれない、と思っている。

自分が欲しいものを作り出すとハマりますなぁ。

3月 16, 2010 人間的な、あまりにも人間的な | | コメント (0) | トラックバック (0)