« マスターと | トップページ | 電圧上昇抑制の対策 »

2010.03.17

いつも同じ話

電圧上昇抑制。
友達の現場で起こる。電話が来る。
いつものことだけど一緒に胃が痛くなる。
見知らぬ人からも連日電話が来る。メールが来る。
もう治らないのだろうな、と思う。

学会は技術で解決しようとする。
でも、技術では決して解決出来ない。
これは、僕は確信する。悲しいけれど。
政策は、政策で解決しようとする。
でも、いつも政策は遅い。10年たっても20年たっても状況は変わらない。

・・・実は、急いだところで、お金でしか解決が出来ない。

根本を変えるにはユーザーが問題提起をしないとならないと思う。
技術では解決出来ないことが、確かに、ある。

ただのそれだけをわかってもらいためだけにHPを作り、ブログを書いてきた。
でも、まだ何も変わらない。

太陽電池が安くなってしまって、
原発反対派みたいな、魂のある人達が減ってしまって、
そうして、モノゴトを変えるための、原動力が無くなってしまっている。

僕が、産総研の加藤和彦先生をえらいな、と思うのは、
誰も見ていなくても、行動することだ。
じっくりやれば山をも動かす。
正直、太陽電池の不具合についてこれほどまでに興味を持ってくれる人が増えると思わなかった。

もちろん、すぐにはなにも変わらないと思う。
でも、興味を持ってくれるテレビ、新聞、雑誌が増えてきた。
分かる人にはわかると思う。
いつしかPVオーナー共通のテーマになっていれば、と願う。

3月 17, 2010 問題提起 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/47831954

この記事へのトラックバック一覧です: いつも同じ話:

コメント

お褒めにあずかり、恐縮でございます。

投稿: 産総研加藤 | 2010/03/17 17:02:40

おおお。当人が見えたようです。びっくりしました。

投稿: よしどみ | 2010/03/17 23:42:53

コメントを書く