« 海外製の何が悪い | トップページ | ブローカー乱立、セラー乱立、サーティフィケイション乱立 »

2010.03.18

いまさらロジアナ

売っていないものは自分で作る。

作りながらオシロはちょこちょこ見る。
でもデジタル回路は多chなのでその動作が合っているのか間違っているのか分からなくて困っていた。
動けばヨシ?。。。自分のコーディングはとても怪しいのでいつも不安を残す。

今更ながら、ストロベリーリナックスさんからロジアナを買う。
言い訳をすると、昔じゃとても買えなかった。
今なら月給以下で買える。凄いなぁ。

こうやって売っていないものを作る。
仕方なく。だけど、楽しみながら。

-----------------

新聞やTVでは需要が足りないなどといって騒いでいる。
でも、要るものを作ろうという動きが無いではないか。
経営者たちは、量産以外の分野には、見向きもしない。
だから、需要不足という言い方は、間違い。
儲かる仕事が少ない、と換言しなければならない。

太陽光発電の仕事に必要なモノ・コトがまだ全然足りない。
もっともっと、太陽光発電にプレーヤーが増えることを祈る。
商売人は、もう要らない。
旗振り役も、もう要らない。
とにかく、働く人がこの業界に欲しい。

-----------------
太陽光の学校設立ブーム。
おかげでやっと工事屋が増えてきたというところか。
うーん。工事屋は既に結構居るんだけどなぁ。
需給バランスも結構良い。

一方、設計者ゼロという状況がやばい。
メーカーにはもちろん居る。
でも、人が少ないし、彼や彼女の分野はとても狭い。
回路だけとか、構造だけとか、法だけとか。。。
これではシステムは出来上がらない。

システム設計者がどうしてこんなにも少ないのだろう。
だから現場はいつも・・・
「材料があって、いきなり工事。」
これが日本市場。びっくりしてしまう。まるで砂場だ。

まぁねぇ、LEGOみたいに組みあがれば皆その場は満足しちゃうからねぇ。
でも、消費者は後で文句を言う。
あれは卑怯だと思う。
でも、業者も卑怯。しょせんはブローカーだから、他人のせいにするテクばかり磨いている。
それにしても、一体、この世界を物販にしたのは、誰か。
もったいないことだ。

3月 18, 2010 人間的な、あまりにも人間的な |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/47839833

この記事へのトラックバック一覧です: いまさらロジアナ:

コメント

コメントを書く