« 日本のPVと海外のPVと | トップページ | 校正について »

2010.04.28

プロトタイプングと頻用デバイスについて

大量の電子デバイスがうちにはある。
なんとなくこの10年くらいでよく使うものは揃ってしまった。
しかし、炭素皮膜抵抗は使わない。たくさんの収納箱だけが鎮座している。
よく考えると、これは僕の仕事には向かない。ウチはプロトタイピングが多い。プロトタイピングの段階でこういうのを使っていると素子がイマイチなのか、回路設計がおかしいのか、切り分けが大変になってしまう。
それで眠ったままになっているのだと思う。
だけどもちろん、決まってしまった回路とか、そういうのにはいいと思う。
ユニバーサル基板も片面のは使わなくなってしまった。
修正が多いからだ。また、たった一つの基板ですら出荷後の半田緩みが怖いからだ。
どっちも、そろそろお片付けをしようと思う。

4月 28, 2010 私の話 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/48202525

この記事へのトラックバック一覧です: プロトタイプングと頻用デバイスについて:

コメント

コメントを書く