« パワーリレー内蔵12V系人感センサ2 | トップページ | これいいですね! »

2010.06.23

独立型のアース

ここで言うアースはPCBグラウンドでも電設のアース(例えばEd)でもシャーシアースでもありません。
あくまで電路を地面にグラウンディングすることです。
どこかのアホ商社がアホ翻訳のまま彼らの輸入品をアースしてくれと取説に書いていますが、そのまま従ってはなりません。

このようなアースは第一故障を最初から作るわけですから、第二故障(帰路形成)に備えないとなりません。
また電技に従う必要があります。
電技に従うと、あれは住宅用太陽光発電とのことですから、低電圧独立型の場合は自動車と同様に一端接地が可能です。
しかし、一端接地する場合は他端にヒューズや過電流検知素子を入れアンプ増幅し主回路遮断用コイルをドライブしないと第二故障に対して無防備になります。

まとめると
●低電圧独立型では一端接地でも非接地でも良い。
●但し、単なる一端接地は第二故障に対して無策。
●アースしつつ第二故障に対して防御したい場合は、一端接地側に電流検知素子を入れ、トリップコイルを入れ、出力側を遮断。
●この場合、第一故障が常態であるから、感電注意。
●第二故障の場合は、出力がでなくなるので警報効果がある。
とまぁ、こういうこっちゃです。

考え方が結構難しいかもしれません。
上記回路を作る場合は、
●接地端にヒューズ挿入
●PN二極同時遮断回路をソース側主回路に挿入
●接地端ヒューズ溶断を受けて上をドライブする回路を挿入
以上で第一故障に対する基本的対策が完成します。
これが米国NECの考え方です。

日本はデバイス費をケチる傾向にありますから、勘ジニアリング的商売ではフローティングにするというものでしょう。おまじないとしてPN線間にZNRを入れる程度でしょうか。
ぱっとしませんね。

生命維持用の電源、山上の無線レピータ、土石流監視など、人の命と財産に直接関わる太陽光発電システムではよくよく考えておくべきです。
おせっかいながらプライオリティまで言うと、こういうものは本来、太陽電池の費用などよりうんと心配しておくべきなのでしょう。
理屈がわからない人は、少なくともIEC479や60364はよく読んでおくべきだと思います。

6月 23, 2010 太陽光発電の技術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/48698831

この記事へのトラックバック一覧です: 独立型のアース:

コメント

コメントを書く