« ヘリ待機者の心得 | トップページ | 原子力アレルギーを思う »

2011.03.21

原発か太陽光かという旧い問いについて

テレビで福島第一原子力発電所の様子を見て、つくづく原子力というものの扱いの難しさを思った。エネルギーソースとしての原発の難しさは、その制御の難しさなのだと思う。学問的に整理したものではないけれども、印象的には以下がある。
1.高エネルギー密度
2.時定数が大きい
3.各パラメタが目測不可能
※制御失敗の結果は、今回の震災でその一部が再現されている。

なにしろ高エネルギー密度ということは制御失敗時に手がつけられない。ダムの決壊や製油所の火災もそうであった。元々人間の制御下に無いものまで含めてしまうと、地震や津波もそもそもそのような性質を持つ。

ところでエネルギー資源に必要な条件を考えるとこんなところ。
・大量にあること
・濃縮していること
・採取しやすい経済的な位置にある
原発という発想においては、大量・濃縮というエネルギー資源条件と原発の高エネルギー密度という特性が、一致してしまうのだ。そしてこのことが原子力エネルギー推進の原動力となってきたと私は考えている。

注意しなければならないのは、エネルギー密度が高いということはエネルギーの条件を満たす一方で制御が難しくなるという現実である。原子力には、有り難い性質(エネルギー資源条件の満足)と有り難くない性質(制御困難)とが二面性として同居してしまっているわけだ。

ここまでは資源としての原子力の話。次には利用面のことを考えないとならないだろう。エネルギーの利用に必要な条件として安定性がある。これは公開議論の中で自然エネルギー屋がいつも電事連にやり込められてしまう部分だ。太陽光や風力はフラフラしていて頼りない、と。彼らの言い分を、分かりやすさのために少し極端な説明を通じて解説するならば、太陽電池では雲の移動による日影だけで家庭の電灯の明滅すら招きかねない、そんなものは電源としての役割を果たせるのかということだ。

この電源利用側都合はおのずと時定数が大きいことを求める。この点原発はもってこいだ。原発は一旦立ち上がった後は、超大型フライホイールのように何にも揺らがない慣性を持って負荷変動を支える。家庭の電灯どころか工場や鉄道の回転機のオンオフにも揺るがない。ありがたい事だ。お陰で私たちは普段、いちいちの負荷の使用可否を電力会社に尋ねたり彼らからの許認可を得る必要もない。(一方で単独の太陽光発電では施設内の電気担当者にイチイチを尋ねて計画的に電気を使う)
ところがだ、いざ止める段になると原発のこの有り難い性質が厄介者となって立ち現れてくる。広い意味での時定数ということではタービンミサイルやら色々なことを考えないとならないのだけれど、今回の場合はそれが燃料棒の崩壊熱の形で現れてしまっている。

で、何を言いたいかというと、自分でもよくわからない。
エネルギーに何を選べば良いのかの端的な答えは、もちろんない。

最近では息をひそめた議論に太陽光か原子力かという究極の選択があった。しかし上のようにほんの少しまとめてみても分かるように、エネルギーの議論は、単純な二者択一的なところに押し込めてはならないと思う。太陽光か原子力かといったいい加減な二者択一では、問いかけそのものに無理がある。欲しい物を選びとる際には、欲しくないものまでくっついてきてしまうからだ。
だから、何かを提案したり選択してもらったりする際には、正の面とともに負の面を相手にきちんと理解してもらう必要がある。長年の原子力行政が不味かったのは、ベストミックスだCO2を出さないのだとかいう正の面のプロパガンダばかりで、負の面についてきちんと説明してこなかったことだ。安全だ安全だと言われるとそこまで安全に不安があるのか、と誰もが思う。ならばリスク内容をこれでもかとばかり説明した上で既に用意されている対策内容を議論したほうが、まだうまくゆくと思う。

太陽光もこの状況から学ぶところが大きい。クリーンだとか地産地消だとか良いことずくめの話ばかりで良いのか?例えば風害。住宅PVはキット化が進んできたから耐風圧の等質性が面的な被害を拡大させている。雪害もそう。極端に強いものと極端に弱いものがあったりしないから、少しの大雪が来ると地域のPVが全部ダメになってしまう。(で、当事者たちは天災だとか馬鹿な事を言っている。長くともたったの100年しか生きていないのに。)この面的な被害という断面だけを捉えるとスレショルドを超過したPV群が社会に与える影響は原発にも良く似ている。

こうやってイチイチを相対化してゆくと何をやっても面白くないことになってしまうが、ニヒルになっても何の解決にもならない。かといってサイコロを降るようなモノの決め方ではならないだろう。性急な価値判断の前にまずはエネルギーインフラのそれぞれの現象面をきちんと捉え、実体的な関係をみてゆくことが求められる。

3月 21, 2011 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/51177494

この記事へのトラックバック一覧です: 原発か太陽光かという旧い問いについて:

コメント

コメントを書く