« P-872(ホーザンピンセット) | トップページ | 太陽光発電の維持点検、メンテナンス商法に注意!! »

2012.01.09

データフォーマット一本化ビジネス(あるいは産業政策)は?

いつも思うことだけれど、設計データと製造データを別進行させるのはどうにかならないか。
CADがあって、CAMがあるなんてめんどくさい。
作る際には外注に頼むからいいんだ、という鈍感な人も居るだろう。
データコンバータでなんとかせい、という輩も居るだろう。
しかし、この問題に正面から向き合わないと、後々のデータ管理すらも二重管理となってしまう。
未来永劫、同一物に関するデータが二つ以上つきまとうのだ。全工程からすると無駄に過ぎる。

しかもこの二重データは全ての分野に関わっている。PCBもシミュレータも建築も板金も、全部そう。
もしもデータ構造が一本化すれば、全世界的に生産性があがると思うのは僕だけだろうか。

※そういえば太陽電池屋はこの問題に疎い。第一、メーカーからは紙提供が多い。(真っ黒けで読めやしない。寸法の入った仕様書をファックスで送る馬鹿者すら居る)その太陽電池を設計折込しようとすると、現物を買って測量してトレースしなければならない。この経費はいつも工事費よりも重い。運よくDXFを貰えてもCAD依存性が高くてうまくファイルコンバートできないことが多い。(彼らはユーザーがどのようなデータ形式を必要としているのかまったく知らないか、ユーザーニーズがまったくみえないほどに愚かなのだ!!)
一方の分電盤メーカーや建材メーカーは凄い。彼らの提供するデータはどのようなフォーマットにもコンバートできるデータ形式を備えている。先日DCDCコンバータのDXFをDLして驚いた。そのDXFのレベルは分電盤メーカー並だ。太陽電池メーカーも見習って欲しい。まぁ太陽電池メーカーは製品を売るつもりが全然無いからユーザーにコストを負担させようとしているのかもしれないけどね。いつもながらこの業界の閉鎖性には開いた口がふさがらない。
・・・われながら、もう10年も同じこと言ってるなぁ。

1月 9, 2012 開発・具体的な取り組み |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20905/53693057

この記事へのトラックバック一覧です: データフォーマット一本化ビジネス(あるいは産業政策)は?:

コメント

コメントを書く