« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »

2012.04.25

光害

日経記事から
”横浜地方裁判所は2012年4月18日付の判決で、横浜市内の戸建て住宅の建て主と住宅会社に対し、住宅の屋根から太陽光発電パネルの一部を撤去し、原告である隣家の住民2人に計22万円を損害賠償として支払うよう命じた。建て主のAさんの依頼で住宅会社のタマホーム(東京都港区)が屋根に載せた太陽光発電パネルの反射光は、原告にとっては受忍限度を超えるまぶしさがあると認定した。”

第一,太陽電池の光害は昔から知られていたものである.少なくとも私は,10年以上前から太陽電池メーカーとさんざ議論をしたし,彼らはこれまで技術資料を作り公開するのはもちろんのこと,(未だ完全ではないものの)対策品開発の努力をしてきた.つまり,本訴訟の被告は,太陽電池業界として元々わかりきっている公害への対策を怠ったのだから719条認定されるのは当然.

また,この訴訟に関して,北面設置自体を経済的ではないとして被告の設計方針自体を疑う声もあるが,実は,この考え方は間違いである.
まず,PVの北面設置が珍しいことではないことを知っておく必要がある.南だけでは出力が足りないとき独立電源では北面設置をしてきた歴史があるし,系統連系でも経済性能だけではなく環境WTP視点でそうする人もある.まして今みたいに売電価格が上昇してPVシステムの買い手にとっての経済性期待が高まってくると,業者や買い手が北面に設置したくなるのは当然.だから,北面に設置することは好き好きであり,歴史もあり,異常なことではない.そして北面設置を検討するときの設計者は,他者への思いやりをもって技術検証をしなければならない.検証の結果,他者に迷惑をかけることが明らかであれば,業者とメーカーとシステムの買い手は,北面設置を止めなければならない.

加えて重要なのは,上述北面設置の意味を理解しない人々の持つ論点のズレが引き起こす問題である.北面設置の意味を理解しない人々は,社会に対して以下の悪影響を与える.
1.北面設置の是非と元の問題である光害の問題とをすり替えてしまうこと
2.この無意識的な問題すり替えが,原告のような立場にある人のお気持ちへの理解を妨げること
3.問題のすり替えが,PV業界の反省を遅らせてしまうこと

こうした問題を繰り返さないためには,PVメーカーと販売会社は,PVの買い手に対し,予め十分な情報を与えないとならない.今回の場合,被告人側のPVオーナーも傷ついていると思う.ちゃんと情報公開し,説明していれば原告も被告PVオーナーも傷つかなかったと思う.

原告の方には,私たちの太陽光発電業界のだらしなさを,お詫び申し上げたい.
また,もしも,被告PVオーナーが予めこの問題を業者やメーカーから知らされていなかったのであれば,訴訟を受けて立つ気にもなろう.なにせ,買う前は「知らなかった」からだ.そうだとしたら,これも業界の不徳の致す所である.その場合,このPVオーナーにも業界人の一人としてお詫び申し上げたい.
更に言えば,ひょっとしたら被告のタマホームも被害者かもしれない.光害を予測するにはベクター図が必要.しかし,一般に,太陽電池メーカーや架台メーカーの多くは,海賊版を恐れてか,業者にベクター図面を発行しない.今回の件でも太陽電池メーカーがタマホームにベクター図面を発行していなかったのだとすれば,タマホームは光害シミュレーションをする方法が無い.その場合,本当の加害者はベクター図を発行しなかった太陽電池メーカーなのだといえる.ベクター図なしの場合,現物を購入して形状測定してコンピュータシミュレータで机上実験するか,実実験をすることによってしか光害が読めないからだ.

訴訟を起こされた原告の勇気と裁判長の公正さに拍手を送りたい.そして,もしお会いできるものであれば,原告の問題提起に感謝申し上げたい.

太陽光発電は問題が山積みである.ひとつひとつ解決してゆかなければならない.被害者の訴えによって始めて本気で動くのはようではまるでダメである.
今後のPV業界のあり方が問われているのである.

4月 25, 2012 太陽光発電のニュース | | コメント (8) | トラックバック (0)

2012.04.05

一台のELBへのPCSパラ接続はダメだよ

複数台PCSがある際に、一台のELBにパラ接続する例があるらしい。
でも、これ、ダメだよ。KCL計算をしてみなさいな。一台のPCSに短絡モード故障が起こると、系統からの電流と他方のPCSからの電流が事故点に流入してしまう。火事になっちゃうよ。(第一、過電流=法令違反だってば)
でも、電力検査が通るから構わないと言うヒトもいるらしい。しかし、検査は検査で見た範囲しか安全を保証しない。そもそも、電力会社は、PVについて責任を負うわけでもない。他人の審査に帰属して、自分の誤りを正当化するのは、間違いである。

4月 5, 2012 太陽光発電の技術 | | コメント (4) | トラックバック (0)