2011.02.26

JISC8955の一部を改訂していただきました。

<読み間違いに注意>
荷重計算するにあたって誤解が起こりやすい点として受風面積の語があります。旧版のJISC8955では見付面積と説明していたのでご注意下さい。なぜならば見付面積は、SINθを掛けた立面面積相当のものとみなされる場合があるからです。すると設置角によっては本来の風荷重の数分の一というひどい解を得てしまいます。この問題に気づいたのは2007年のこと。これでは従来以上に誤設計が増えるのではないかと思いすぐに経済産業省に相談したところ今回の改訂・・・2011年版で取り上げていただきました。無論今は誤解なく読むことができます。

その他強度設計において勘違いしやすい点として法規ルート選択があります。
ペリフェラルが十分に広くサブアレイ間に間隙がある場合はJISC8955を使えますが、そうでない場合は告示1458号(外装材)を使うのが確実です。長尺材を通じてモーメント分配するメッシュ型架台は緩和策として1454号(構造材)で解くことも出来るという程度に考えておくと良いでしょう。風洞実験によらない場合は法規内に定量化された風工学を用いるわけです。法規が指し示す意味を理解しその内容を優先しなければなりません。

<おまけ・・・よくある誤設計>
これまで意味のない設計図書・計算書が大量に出回っています。
以下もご注意あれ。
●モジュールとモジュールフレームの関係も1990年代と変化しています。多点集中荷重と二重梁は異なります。
●座屈はオイラー式ではダメです。とりあえず建基細長比を採用すると良好。
●ビーム周辺は経験則での高速設計がまとまってきたと見えます。しかし転倒モーメント検討が業者まかせでは意味なし。
●ペリフェラルが小さなアレイフィールドにおいては、後端アレイに建築物壁面の風圧を重畳させた外力を想定しなければ強度不足になります。
●四点支持によって単体モジュールを固定する方式において固定部が一点崩壊した場合にはモジュールが折り紙のような挙動をします。金具にかかる引きぬき力をモジュール外力から求める場合は2で割り算しなければなりません。4で割るとアウトです。またこの場合の外力算出は1458号によります。
●架台を製造し外部の者に販売する場合は質量重心情報とベクター情報を提供しなければなりません。メーカーがこれらを提出しない場合は事故が起こっても100%メーカーの責任でしょう。情報が無ければ抵抗モーメントを算出できないからです。しかしこれらを提出するメーカーを見たことがありません。うっかりすると紙ベースでありしかも通り芯が書いてあるだけです。この状況は相当な無責任と感じます。
●風洞実験だけで仕様を謳う場合は実験レポートを添付するのが当たり前。メーカーは度々誤った設計をする。これをチェックするのはシステム販売者(設計義務あり)の仕事。

以上、よくある誤設計です。

2月 26, 2011 弊社からのお知らせ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.22

トラ技2010年3月号お詫び

今頃気づいた。
<接続箱への配線>
P150右上。
動作点電圧が低いストリングは並列となった他ストリングからの逆バイアスを受けます。逆バイアスを受けた・・・(後略)

上の文、二箇所とも、「逆バイアス」じゃありません。「逆電流」です。
しゃべるようにだらだらと記述するくせがあり、その勢いで間違いをかましちゃいました。
ごめんなさーい。

2月 22, 2011 弊社からのお知らせ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.17

間違い情報に注意

Wikipediaにも太陽光発電の話があり、劣化についても言及している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB
Solar_panel_surface_deteriorationl
”表面が白く劣化した太陽電池パネル、設置後10余年。最下段中央は新品に交換されている。千葉県内にて2009年4月撮影”とのコメント。

ところが笑止なことに、これは劣化を物語る写真ではないのだ。
この機種はカバーガラスにピラミダルな表面を形成しているため観察方向によっては、白く見える。筆者は、これを劣化と勘違いしてしまったらしい。

なお、新品と書いてある部分も別機種の太陽電池が付いているだけ。この部分は、ボール等飛来物によって割れたか、ホットスポットヒーディングによる事故後の対応だろう。
ともかく、この写真からは劣化は確認できないのである。
(実際はあったにしても、だ。)

Wikipediaのこの項目は間違いが少なくない。
以前も明らかな間違いを見つけて私自身が修正をしたことがあるが、いつしか元の誤りの状態に戻されてしまった。(その後他の誰かにより誤記述箇所は削除されたのだが。)
おそらくこのWikiを強引に弄り回す筆者達は記述よりも自己主張をしたいのだろう。自己主張をしたいのならばブログやHPで書けばいいのに。

ともかく、インターネット情報はまだまだ頼りにならないなぁと思う。
ありとあらゆる勘違いを直すために活動してきたこともあったが、最近はもう面倒になってしまった。
何故間違いがはびこるか?
誰も自分自身で現場を見、誰も自分自身で測り、誰も自分自身で考えようとしないのだ。
人から聞いたことをすぐに鵜呑みにしてしまう。
誰も自分の中で教養を育てようとしない。
誰もが楽をしたいのだろうと思う。
情報だけを仕入れ、それを真実と見なすのはとても楽だ。
かくして横着をしたい者とガセネタ提供者の利害はここに一致する。

因みに、劣化は確かにあります。
情報屋に聞くんじゃなしに、現場実測すれば実態がよく分かりますよ。
しかしEVA劣化を除き多くは目視が難しいため、絶縁抵抗測定、IVカーブ取得やIR撮像で判断することになります。
・・・ひどいのだと3年で出力が半分なんてのも見られます。

なお、現行JIS規格やメーカー、METI推奨の方法では、劣化や故障を判断できません。そういう意味で太陽光発電はまだ途上であり、偉大な社会実験と云えます。(しかし科学技術とその産物である人工物は社会実験そのものなのですからヒステリックな全否定はナンセンスですよ)

また、劣化については定義づけが大事です。
性能低下の量と質、両面からの評価が欠かせないでしょう。
そもそもが屋外に据えるものだし人間が作るものなので、単なる汚れや小さな歪みなどを劣化とされてもメーカーは堪らないでしょうね。

5月 17, 2009 弊社からのお知らせ | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.06

当サイトの状態(06/04/04)

サーバーに異常がある模様。
管理人本人によるコメントへのレスが(なぜか)出来ません。
書いても書いてもコメントが失われるので、プロバイダ側の改善を待っております。
顧客獲得競争でNIFTYもおかしくなっているようですね。
いつも投稿してくださる方、ごめんなさい。

4月 6, 2006 弊社からのお知らせ | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.11.22

太陽光発電用ELB

yB

弊社がメーカーに依頼して製作している太陽光発電専用3P3E逆接続可能型漏電遮断器です。内容物はJET認証品ですので合法かつ安心です。
まもなく実績2年目となるのできちんと紹介します。
外観もビューティフルなのでお客さんからのウケも良い(つもり)

主な特徴としては、①ケースに入っているので塵埃が溜まらず安全性が高いこと②美観が良いことです。

表示部のネオンランプは、2次側から取っているので内線規程2000に適合した接続(一次に分電盤、二次にパワコン)をすれば、系統側の停電(トリップしない)とPV側の漏電による異常停止(トリップする)を瞬時に判別することが出来ます。
つまり、系統側の停電では家中が消灯するのに対してPVのELBトリップではネオンが消灯します。

「パワコンの状態や、ELBのハンドルの状態を見ればすぐわかるじゃないか。」
こう云う業者さんもあるでしょう。しかし、その考えは甘いです。販売者都合、工事業者都合です。実際には、多くのお客さんはパワコンの表示やハンドルの向きだけでは状態を判断できません。家庭用分電盤でも、今では上下逆向きの子ブレーカーもありますので従来の常識は通用しないと考えて良いでしょう。

何故私はこんなブレーカーを製作したのでしょう。

太陽光発電は、訪問販売や強引な販売者による購買者が少なくありません。また、ユーザーには、お年寄りなど判断力が低下している人もあります。だからお客さんによっては、トラブルがあった時に電話でゴチャゴチャと聞いても殆ど情報が得られません。
しかし、せっかくご訪問して点検しても、実際は、誘導雷でブレーカーがトリップしているだけのことがたくさんあります。電気は便利な癖にわかりにくく危険なものです。だからプロフェッショナルたる業者が全ての面倒を見るのが当然と云えます。ところが、これらわかりにくいトラブルの中にも「誘導雷によるトリップ」≒「風によって扉が開いた程度」のことがあり、このリスク回避費用をお客さんに負担させてはいけないでしょう。

もうひとつは上にも示したように、安全と美観のためです。技術上はもちろんプラスチックの後付ケースの中に逆接可能型ELBを入れても構いません。しかし、この方法ではホコリによるトラブルが防止できません。一方、写真のELBは外装ケースによってトラブルを未然防止出来ます。

人によって暮らしはさまざまです。一度も掃除をしたことが無い散らかった家もあります。またご老人や体の不自由な方には丁寧な掃除や安全の管理に無理があります。製品の工夫により失火や故障を未然に防止できればこれは良いことでしょう。

背面と上面、下部にはノックアウトもあり、隠蔽配線、露出配線に対応しています。内部スペースには他のELBよりもゆとりがあり、昨今のTD付モニタ用の分割CTも内蔵できます。
定価13300円。10台ロット前金の場合は卸価格(税務署によって”贈与”とみなされない程度の無利益出荷)とします。初回のみ1台からのサンプル出荷(仕様書入)も可能。

一方、長期的に見ると、仕様書のみの提供は多大な労務が累積し、値上がりの原因になりますのでお断りいたします。サンプルからでお願いいたします。
お値段が気になると思いますが、はっきり言って、大量に作っているので安いです。この製品にご興味がある業者さん、ご一緒に使いませんか?(ちなみに、これも黒色PF管と同様、業界貢献の目的しかなく、ウチに儲けは無いですヨ。)

※何故無利益出荷をするか?それは皆で使いながらさらに工夫してゆきたいからです。

11月 22, 2005 弊社からのお知らせ | | コメント (5) | トラックバック (0)

迷子メール一件

総合サイトの方から私にメールを下さったS株式会社のA様へ
(タイムスタンプMon, 21 Nov 2005 19:18:02 +0900)

ご丁寧なメールをありがとうございました。
早速ご返信したのですがメールアドレスが違っているようでエラーになってしまいます。
お手数ですが、もう一度正しいメールアドレスにてメールを下さいませ。

11月 22, 2005 弊社からのお知らせ | | コメント (0)

2005.11.19

綺麗な耐候性PF管ですよ。

pfblack 屋根材は暗色のものが多い。
和瓦の黒。スレートの黒。
ならば、耐候性のある黒色電線管があればベリーGOODじゃなかろうか。実際、大抵の部材は、黒の方が紫外線に強いしね。

ということで、電線管メーカー様のご協力を経て本当に黒色太陽光発電専用電線管を試作し、現地に適用してみました。この住宅が国内初使用例(海外の事情は知らん)

やれやれ、ここまで1年くらいかかってしまった。
あとは資料を作るのにまた1年くらいかかるかな。
過去の電線管の痛み具合の資料がまだ揃わない。揃ったところでメーカーさんにお礼代わりにレビューを提出する予定。

でも、どっちみちメーカーさんもウチのためだけじゃ、量が少なすぎて製造しきれないでしょう。同業者の皆さんもご一緒にいかがですか?お声をお待ちしております。
万が一従来の電材ルートが完成せず、もし、弊社が卸元になってしまっても利益は取りません。お客様のために、皆で使いたいと思います。

なお、この管のプロトタイプバージョン(グレー色)は、既に20年近く経過しています。
私が誤ってオーガ(除雪車の刃)でつっついた部分を除き、外見上の痛みは全然ありません。太陽電池が30年、あるいは40年耐久するならば、周辺部材もそれくらい(あるいは半分くらいは)耐えるように頑張っています。(右の黒色テープで巻いたところが私が破った部分でしょうな。ゴメンナサイ)
pfd20year

11月 19, 2005 弊社からのお知らせ | | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.11.16

サボニウス風車その後

先般、すぎやまさんにお引き受けいただいたサボニウス風車ですが、同氏はこのサボニウスに関して、興味深いレポートを書かれています。
是非、皆さんも読んでみて下さい。
また、このサボニウスを紹介した私の前回のレポートは、我ながらその生意気さに呆れるばかりです。私は自分の身を守ることばかり考えていました。つまり引き取り先の風車の事故が人を傷つけることばかりを心配ばかりしていました。でも、こうしてきちんと可愛がってくださる人も居るのです。ありがたいことですし、素晴らしいことです。
また、同氏のPVのレポートも、手作業が目に浮かぶ迫力があり、面白いです。
すぎやまさんのブログは、DIYと自然エネルギーを考えるにはうってつけのHPだと思います。

11月 16, 2005 弊社からのお知らせ | | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.08.31

サボニウス風車

windside1 フィンランドWINDSIDE社純正のサボニウス風車です。

経緯をお話しますと、私が大昔の職場で5年(いやもっとかな?)使ってきたものです。この職場はかなり先進的なところで20年以上前くらいから自然エネルギーに取り組んでいました。(ちっとも宣伝していないのでWEB情報は皆無。学者先生たちの論文があるくらいでしょう)
サボニウスでは日本最古かもしれません。(輸入元が設置状況を撮影しに来たくらいですから)

好きな人には差し上げます。
使ってください。

(嫁ぎ先が決まりました!)

転売はかんべんしてください。
上手にやれば基礎工事や配線工事を含めて100万以上稼げるでしょう。
でもそういうことは望みません。
もちろん、設置後、あなたがいつか他に譲るのは構いません。だって引越しだってあるでしょうし。

博物館みたいな公共施設の受け入れも歓迎します。
でも使ってナンボだと思いますので、出来れば気楽にDIYユーザーに使ってもらいたいと思います。運用時にうっかり壊しても責めません。心意気の方が大事ですし壊れたら壊れた背景をお知らせいただけると私も勉強になります。

ただし、送料、運搬用木枠の製作費はしっかりいただきます。責任を持って運搬用木枠を製作する経費は5万前後になろうかと思います。送料は知りません。ハンドリング(持ち運び性)が悪いのでチャーター便になります。なお、当時の本体価格は70万円+税。とても高価でした。
こちらに取りに来てくださっても構いません。キャラバンやハイエースくらいの1BOXか、軽トラックが必要だと思います。でもそうすれば完全にタダです。
梱包は強制しません。元々が現場からヘリ輸送してきた都合上、現在、「オロク袋」と呼ばれる特注遺体収納袋(むろん新品ですので汁はついていません)に収納しています。実はこの袋の方が価値があるかもしれませんがこれが欲しいというのも、勘弁です。面倒ですし悪ふざけは良くありません。
いずれにせよ、こうした簡易梱包ですと送った先でFRP部が壊れているかもしれませんので上述の木枠梱包案を示す次第です。FRPを修繕できる人には、そのままお送りするのも一手だと思います。

サボニウスの特徴といたしましては、
●安全性が極めて高いのでモニュメント的な扱いが出来る。
●ただし大して発電しない。

この機種の特徴といたしましては、
●定格70W。600Vフリーボルテージ
●12、24V系が扱いやすいでしょう。
●筆者の経験では台風時に24V3A程度です。
●強風による暴走対策はまず不要です。
●WINDSIDE社純正
●博物館行きレベル??
●マカロニが回転しているようでとても楽しい
●(本当は)普段から暴風の地域に向いています。

関係する情報として
●ポールはリサイクルしてしまいました。今頃溶融して他の何かになっていると思います。
●ポールと基礎は自分で設計し地元の鉄工所に製作依頼してください。
●基礎の設計が甘いと共振します。
●風車全般に言えることですが、漫然と設置すると運転時のネジの緩みがひどいです。ネジロックなど、工夫してください。
●プロまたは注意深いDIYマニアさんでないと手に負えないでしょう。電気の素人さんには、無理です。
●ダイオードブリッジ等半導体モノは頼まれても用意しません。でも必要であれば投げ捨て型コントローラ等、入手性の悪いものや高いものは格安でお譲りします。でも、殆どの場合、チャーコンは不要です。MAX3Aを仮定すると300Ahで0.01Cと無視できます。バッテリ容量が100Ahでも一般の平地では問題にならないでしょう。まず無制御で大丈夫です。

製品の現況として
①端子台にひびが入っています。圧着やボルコン接続すれば済みます。
②3相交流ですのでダイオードブリッジが最小構成となります。
③暴風雪による塗装の痛みがあります。塗装すれば済みます。

ルール
①楽しんで設置し活用してくださること。
なお、自治体さんや他人の家に設置するのも構いません。ただし、本体については対価をもらってはいけません。(送料や梱包費は構いません)
業者さんもOKです。でも伝票のやり取りはお断りします。外部から見ると無利益出荷に相当しますから事業の匂いがすると無用な贈与税がかかる筈です。脱税じゃなくても脱税と勘違いされるのを防止する手間はとんでもないものです。業者さんならおわかりかと思いますが、「あげるならあげる」に徹底することの難しさがあります。
②とりあえず9月一杯は待つつもりです。応募者が居なければもっと待つかも。
③欲しい人が居なければいつか倉庫整理の際にヤフオク等に出品し、商材とします。
④私の勉強のためにも感想等のレポートを下さい。
⑤応募をメールで待ちます。
⑥三相交流って何?的な質問は受け付けませんし、お返事もしません。
これが”タダ”たるゆえんです。初心者ないしは電気の素人さんに使い方をご説明するにはメールや電話による説明が何十時間もかかります。これをタダで行うのは不可能です。その間、私は無収入となります。それくらい素人様への電気モノの説明は困難煩雑。
⑦応募者複数の場合は、面白い提案を優先します。”面白い”の内容は勝手にこちらで判断します。嫁ぎ先が決まった場合は、ここに追記します。
⑧どう設置したか、どう楽しんでいるかについてはここで発表させていただきます。
有償による譲渡希望の方は受け付けません。私や弊社に深い責任が発生するからです。事業として販売を行うと(弊社の仕組み上)PL保険が自動付帯されますので弊社も困ります。
風力には稼動部があります。いくら安全なサボニウスといえども羽の一部が破損して人を傷つけることもありえないわけではありません。つまり風力発電機とは完全に自己責任の世界なのです。(ご参考:小型3枚羽根などは国道の向かいの屋根に突き刺さることすらあります。甘い気持ちで取り組んではなりません。3枚羽根では私自身、羽根に打たれ何度も死に掛けています。サボニウスや5~6枚羽根では未だにこうした問題は見ませんが、動くモノには細心の注意が要るということです。)
もし今回の応募がなく、有償でお譲りする場合は、ヤフオク等で10万くらいは貰わないと困るでしょう。中途半端な扱いですと捨てたほうがマシなのです。でもそれじゃ、環境負荷になってしまうでしょう。この点をご理解下さい。それにこれはそもそもが私物です。でも税務署への私物証明を行うのに膨大な手間がかかりますのでやはり有価扱いの際はかなりの高額にせざるを得ません。
⑩嫁ぎ先が決まった際にはケリをつけるためにもハンドルネームと行き先くらいは発表させていただきます。

●意図
モノを大切にし、そのイノチを楽しみたいだけです。我が家のスペース確保のためでもあります。でも税務のルールとリユース・リサイクルは矛盾するので注意深くしているだけです。捨てるのは本当に悲しく、イヤなことです。

欲しい方はどうぞ、気楽にご応募下さい。
私の悪い癖で延々書いてしまいましたが、実は、ホントのことばかり書いているので誰も応募しないのを恐れています(笑)
その場合は原因と対策の研究をしてみたいと思います。

また、欲しがらない人や興味を持つかたがたのコメントも大歓迎いたします。
皆でこれを考え、楽しむのは有益です。

※横浜市の杉山英祐氏にお譲りすることに9/6日に決定しました。同氏がはじめにお声をおかけくださったこと、自らで施工可能なこと、自然エネルギーに深い情熱をもっていらっしゃることに感銘を受けました。
以後、同氏から興味深いご報告があれば、当ブログでもご紹介してゆきたいと思います。

8月 31, 2005 弊社からのお知らせ | | コメント (8) | トラックバック (1)

2005.08.24

3次元発電解析を学ぼう

来週の月曜日、2005年8月29日(月) 10:00~16:30
名古屋にて3次元発電解析ソフトウェアである
Solar Pro Ver.3.0 (ソーラープロ)”の講座が開講します。
sp3_ani 同ソフトは日影や設置場所などの詳細なデータを入力することにより、アレイにあたる日射量と影を正確に計算します。さらに、アレイを構成するモジュールに対して回路方程式を立てることにより、その特性を計算し、その他の要因も考慮に入れて発電電力量を導き出します。計算したI-V特性や発電量は、グラフや帳票として出力することができます。

太陽光発電に関わるメーカー様、代理店様、研究者様、個人研究家様、ふるってご参加下さい。

■ プログラム内容
[午前] 10:00 ~12:00 (10:30 ~12:00 大阪会場のみ)
1.太陽光発電計測・表示システムの構成
2.Solar Link・Solar Link Viewer の紹介
3.太陽光発電計測・表示システム導入物件紹介

[午後] 13:00 ~16:30
1.太陽光発電シミュレーションソフトについての概要
2.Solar Pro の紹介
3.Solar Pro Ver.3.0 標準版の実習

■参加費用 無料

■定員 各会場 20名

■講師 堀井 雅行 (株)ラプラス・システム 代表取締役

[名古屋会場] Rental Business Room 5F
電話 052-586-2238
所在地  名古屋市中村区名駅3-26-19 永田ビル5F
<アクセス方法詳細>
http://www.his-tradeschool.com/businessroom/nagoyamap.html

■お申し込み方法■
お申し込み・お問い合わせは下記メールアドレス、
もしくはお電話、FAXにて受け付けております。
takeda@lapsys.co.jp
TEL : 075 - 983 - 1237
FAX : 075 - 972 - 2218
(担当:ラプラスシステム株式会社 武田)

※三次元発電解析ソフト ソーラープロの解説ページhttp://www.lapsys.co.jp/products/products_sp.html

8月 24, 2005 弊社からのお知らせ | | コメント (0) | トラックバック (0)